FC2ブログ
需要

苫小牧沖防ボートフィッシング

IMGP7178.jpg

実に一ヶ月以上ぶりの更新でございます。(^_^;)

昨年に引き続き今年もタマリスクさん
お世話になって苫小牧ボートフィッシングに
行ってきました。

昨年もご一緒した、今やヒラメのイクさん事
雷魚のイクさんとご一緒でございます。

乗船時間は午後2時、下船は7時と5時間では
ございますが、ソイが釣りたくて行くのですが、

の割には日の長さを考えるとちと短い感じが・・・。

ただ、ボートで行くと日中でも釣れるので
ま、そちらを期待して行くしかなさそうですけどね。

勇払漁港に到着するも意外に乗船者が
少なそうでございますね。

ま、9月の1日でしたから夏枯れの感じもしますが。
何度も乗ってる方に状況聞いてみると

アブラコはたくさん釣れるらしいとのこと。
ソイは暮れてから一時間勝負ですね~

なんて教えて頂きました。

IMGP7179.jpg

風も沖に向かって思いのほか強く、
ポイントも限られそうな感じでございます。

先に向かったのは
東埠頭の壁側でございます。

意外にオカッパリに近い場所です。
前回も同じ場所でアブラコが結構掛かったらしいです。

大物狙いでテキサスリグのシンカー6号に
パワーホッグ4インチからスタートです。

IMGP7181.jpg

小さなあたりはあるものの、
周りを含めて一向にお魚さんが見えてきません。

風も丘から沖に向かっての風なので
ちょうど高い胸壁裏で風よけになるものの

じぇんじぇん釣れません(;_;)

それでも魚を掛ける人もいましたがやっぱりガヤ・・・。
皆さん苦戦をされてます。

IMGP7182.jpg

IMGP7183.jpg

それでも小型が数本出たかな~
二時間もやってなかったと思いますが、

やはり釣れないので、
大きく東側の防波堤の裏側に大きく移動します。

この辺りからでしょうか、
全体で少しずつ釣果も見え始めます。

IMGP7184.jpg

それもソイが混じり始めるんですね。
ソイ、アブ、カジカ、ドンコと少しづつでは
ありますが、船も賑わってきます。

昼間にソイが釣れると夜に釣れなくなるらしく
いやーな予感もしてきますね(^_^;)

そして次にテトラ帯付近に移動です。

やはり、夜に近づくにつれて
釣果も伸びてきましたね。

それが今回は不思議と船尾側が好調な感じです。

あれ、このあたりでふと気が付くと
アブラコは欲しくないけど、全然釣れてないや(^_^;)

更に防波堤沿いに岸側へ移動します。
だいぶ日も傾いてきますね。

ベイトロッドで落とし込みと、
スピニングの二刀流で狙いますが、

こちら側に来るとやっぱ根掛り頻発です(^_^;)

いくつロストしただろうか・・・

そしてようやく本命のマゾイゲットでございます。
でも、皆さんが釣ってるサイズより少し小さい・・・

IMGP7186.jpg

ま、アクアパッツァサイズだから良いんだもんね~
と、少し強がってみる(^_^;)

前回来た時はタイラバよりワームが有利でしたが
今回はタイラバの釣り人が有利でございますね。

それでもねちっこくボトム攻めてると、
何やら重たい感触が伝わってきます。

IMGP7187.jpg

お、本命のソイかな~
なんて思いながら巻き始めると
間違いなくアブラコではなさそうです。

おっしゃ!本命か!!!!


























カジカでございました(^_^;)

IMGP7188.jpg

今回はどうもソイのヒットパターンが掴めません。
船尾側では次々と良型が上がってます。

タイラバ師のパターン見ると
ボトムとって巻き始めるとヒットするって感じで

ソイは明らかにボトムにはいるんですね。

時々船長が魚探でサバを追ってソイが
いるんじゃなかろうかと教えてくれます。

水も濁ってるせいもあってか
意外とボトムより浮いてるのかも知れませんね。

そして上から落ちてきて
上に逃げるベイトの動きに
反応するのかもしれません。

暗くなる前は壁側を狙うとアブラコが
バンバン出てました。

自分にも数本ヒットしましたが、
どうもこの日はラインブレイクもあったりと
どうも久々のボートで要領掴めません(^_^;)

IMGP7189.jpg

そして期待の日暮れですが・・・。
ヒットパターンが掴めぬままあっという間の
終漁でございます。

うーん、暗くなってからの時間が短すぎる。
結局、アクアパッツァサイズの
マゾイが二匹のみでございます。

がびちょん!!

DSC_3587.jpg

テーマ: 釣り・フィッシング - ジャンル: スポーツ

tag: 釣り  苫小牧  ボート 

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

第三回MFGハゼ釣り大会の結果

IMGP7169.jpg

ハゼ釣り大会が終わりました!
って何日経ってんのさ!

怒られそうでございますが、
気が付けばブログを一ヶ月以上
更新してませんでしたm(_)m

こちらから内容は参考にしてください。
第三回MFGハゼ釣り大会の結果

IMGP7168.jpg


今回が始めて土砂降りに会いまして、
表彰式をもろに直撃。

暖かくて風もなかったので
テントや車のリアを開けてしのいでました。

また来年もたくさんの方が来てくれると嬉しいですね。

テーマ: 釣り・フィッシング - ジャンル: スポーツ

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

第三回MFG(マルキユーファングループ)ハゼ釣り大会参加者募集! 

3hazeturi.jpg

第三回MFGハゼ釣り大会の参加者募集してます。

去年の第二回は釣りガールの坂本智子さんにも
来て頂いたり、釣具の販売コーナーやロッドスタンド作成など

様々なイベントもあっての大会でしたが、
今回は大会のみとなっています。

しかしながら同じく会場をDCMホーマックの手宮店様
から場所をお借りすることができましたので、

小樽を中心に実施できることになりました。
昨年のリベンジに燃えてる参加者も多々いると思いますが(笑)

振るってご応募ください!

申し込み先:
mfghokkaidonage@yahoo.co.jp
↑↑こちらに申込みお願いします。

qr20180715080149614.png

QRコードも載せておきますね!

詳しい募集要項はこちら!!


テーマ: 釣り・フィッシング - ジャンル: スポーツ

tag: ハゼ釣り大会  MFG  小樽 

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

久々にマイワシがやってきた!

DSC_3475.jpg

マイワシが久々に小樽
石狩に戻ってきましたね~

何年ぶりでしょうか??

調べると2013年から釣れてませんでしたから
実に5年ぶりでございます。

この初夏の風物詩的な釣りものでしたから、
釣れなくなってものすごく残念に思ってました。

マイワシといえば青魚の代表ですし、
食してホント旨いです!

刺身でよし、煮付けでよし、調理方法も
バリエーションも豊富でございます。

それが釣り新聞に情報が掲載されて、
「お、戻ってきたか!」

行くタイミングを見計らっておりました。

過去に釣れてた時期は
時間帯に関係なく釣れてたようでしたが

どうも時間帯に左右されそうな感じです。

そこでフェイスブックでみなさんの様子を
伺っていると・・・。

マイワシ釣りました~」と早朝に友人の
投稿がありました。

釣れた情報を知った時に、
マメイカとマイワシ釣り道具は常に
車に積んでいたのは言うまでもありません(笑)

そうなんです。情報聞いてから行っても
遅いことがほとんどです。

特に回遊魚ですから、
回遊来なければまったく釣れません。

ただ、友人も釣れたばっかの情報を
載っけた感じでしたので、

「よっしゃ!行っちゃえ!」
と、速攻で樽川埠頭に車走らせました(笑)

だって家から10分ほどで着きますからね(^_^;)

平日ながら車もそこそこ多いですね。
釣り人もびっしりではありませんが、
そこそこ出ています。

見ると・・・。

つ、釣れてる・・・。(^_^;)

車から降りて少しだけ様子見てると
いつもの右端のみペースよく釣れております。

左端の釣り人と話すると、
こちら側にはあまり回遊してこないとの事・・・。

しかし、過去の樽川埠頭の経験から、
こちら側にも必ず回遊は来ると信じて

バタバタと準備済ませて竿を振ることにします。

竿はいつもの扱いやすい4mの磯竿に、
サビキは5号のハゲかわサビキです。

錘は込み合ってる時は重いのをつけないと
走られてお隣さんと絡むことが多いので

重めの、多分8号ぐらいを付けます。
(蛍光錘の蛍光が禿げてて見えない・・・笑)

一振、二振り・・・。

キタ━(゚∀゚)━!

二匹、三匹と鈴なりで掛かってきます。
お隣さんにも立て続けに来ています。

よっしゃ、今日は美味しいマイワシ
食べれる~~~~(笑)

と、3度、4度、上げてはマイワシを外し、
海水を汲んではバケツに魚を入れてと

繰り返していると、ものの10分ほどで
ラッシュ終了でございます(;_;)

ホント一瞬でしたね(笑)

ただ、やっぱり右側の一定の釣り人には
相変わらずぽつぽつ掛かるんですね。

場所もそうだし、サビキもあるんだろうな~
コマセもちゃんと用意してるしね。

海岸に一時間ほど居ましたが、
まったりムードが漂い始めてきます・・・。

他の釣り人の竿にも、まったく掛からなくなります。

さ、帰ろ!(笑)

DSC_3477.jpg

型も20センチ前後とまぁまぁ大きめで
釣れたのは10匹ほどでしたでしょうか。

帰って朝食に刺身で頂きました!
脂がのってマイウー!(笑)

DSC_3479.jpg

すると同じくSNS見てると小樽でも
釣ってる人が数多く投稿されており

しかも日中でも入れ喰いに近いと言うではないですか!

小樽も行きたい!(^_^;)

そして二日後に仕事の合間見ながら
向かうことにします。

雨模様ではあったものの、
むしろその方が釣り人も少ないだろうなと

考えて向かったのですが・・・。

海岸線走りながら港町埠頭見えてくると・・・。
釣り人でびっしりです(^_^;)

引き寄せられるように岸壁に向かうと、
やっぱり釣れてますね~

車が入るスペースありませぬ(^_^;)

平日なのになんじゃこの釣り人の数は・・・。

ただ、タイミングよく帰る釣り人が
いたのでそこに車を入れることにします。

IMGP7121.jpg

IMGP7123.jpg

数人話しを聞くと、
お昼過ぎに来て2、3時間で20~30匹
釣って満足したので帰るとのことです。

離れた釣り人見てると、
やっぱりぽつら、ぽつら釣れてますね~。

雨も少し降ってたので、
車を後ろ向けにつけて後ろのドアを
開けながら雨よけにして釣り開始です。

今度はしっかりコマセも用意して、
こすって垂らします。

IMGP7122.jpg

すぐに2匹、3匹と掛かります。
お、今日は20匹も釣ってぱっと帰ろかな!

な~んて考えながら竿を振ります。(笑)

が!それからピタリ回遊来ませぬ(^_^;)

雨もだんだん強くなる・・・。

両サイドの釣り人が帰り、
スペースが空いたのですが

釣れてるのが右側に集中してるんですね(^_^;)

ぽつんと自分だけ釣れない(笑)

サビキをピンクスキンサビキに変えたり
錘をジグの軽いににしたり、

キャストしたり・・・。

やぁば!ツレネ(笑)

まーじかよ・・・。

移動しようかなと考えましたが、
如何せん雨もだんだん強くなり面倒に・・・。

回遊魚だしそのうち来るべ・・・。
と、楽観しながらこすって置き竿にしたり
しながらひたすら回遊待ちます。

振ってると・・・。
仕掛けが落ちていかない。

よっしゃ、回遊来たぜ!
すかさず上げて、再び2匹、3匹と追加します。

が、その一回だけで
再びぴたりと止まります。

ますます雨も強くなってきます。

やーめたっと!(笑)

DSC_3485.jpg

結局、8匹ほどでしたが石狩より
一回り大きい感じでしたね。

翌日、圧力鍋で煮て骨ごと頂きました。

DSC_3493.jpg


もう少し確保したいな~

テーマ: 釣り・フィッシング - ジャンル: スポーツ

tag: 釣り  小樽  石狩  マイワシ 

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

小幌海岸へヒラメ狙い。

IMGP7103.jpg

今年も噴火湾へヒラメ狙いの
季節になりましたね~

好きなポイントの一つに小幌海岸があります。
なにせ景色がめっちゃ良いです。

日本海とは違う雰囲気ありますよね~。

よく一人でも行ってたはいたのですが、
先日の雷電海岸の釣行時に

hojoさん、イケメンアングラーのhanaさんと
「小幌海岸行きましょう!」

と約束しておりました。

行けるなら6月には行きたいなと思い、
hojoさんに打診したところ、

ちょうど日曜日がお休みとのことで
潮回りや天候を確認して、
大丈夫そうなので決行することにしました。

私とhojoさんは前日の夜から現地に向かい、
恒例になりつつある車中泊宴会を

やってから朝マズメにポイントに向かいます。
hanaさんは仕事の関係で

夜中に合流することとなります。

しかし・・・いつもながら飲みすぎたな~(^_^;)
しかもあやうく寝坊するところでございました。

DSC_3454.jpg

35993645_1025128190945806_993925023649497088_n.jpg
△○ロ話で盛り上がり、いつの間にやら就寝・・・。(笑)

朝目覚めると既にhanaさんも到着しております。

しかも他に車が4台ほど止まってますとのこと。
見ると既に乗ってないので

海岸に向かってるんでしょうね。
3時すぎで薄明るくなりつつあったので

慌てて歯磨き済ませて(笑)
釣りの準備して3人で海岸目指します。

ここ数年、小幌駅の存続問題があってから
豊浦町がこのルートを整備し始めました。

一般の人も数多く海岸に訪れてるようです。

もちろん釣り人も数多く入ってるようですが
人が入るようになると
必ず起こるのがゴミの散乱なんですね・・・。

IMGP7111.jpg

IMGP7112.jpg

海岸降りるとめっちゃ汚いのが目に付きます。
しかも焚き火の後まで・・・。

釣り人じゃないと思いますが・・・。

秘境感が年々薄れてきますね(;_;)

さて、釣りの方ですが、右側に先行者が
入っていると思いきや、

誰もおらず、とりあえず貸切でございます。
平盤もちょうど潮位が下がっており

乗れる状態でございますね。
予報では朝方雨が混じる予定でしたが

雨も降らず、風も弱く、
釣りやすい状況でございますね。

波は少し小さなうねりがある感じです。

IMGP7102.jpg

まずは先日購入したシュートヘッドに
パワーシャッド4インチからスタートです。

キャストー
IMGP7105.jpg

やっぱり噴火湾の朝は気持ちええな~(笑)
だがしかし、昨晩のお酒が残っており

本調子ではありませぬ(笑)

左側の平盤を見ると先行者が数人見えますね。
釣れてるのかな~

こちらは3人とも中々最初の魚が現れない・・・。

そこで広範囲に探るため、
ジグに変更すると数投目に微かなあたりが・・・。

「なんか釣れたぁ~」(y旦那風)と一人つぶやきます(笑)

犯人は小さなギスカジカ(^_^;)

IMGP7106.jpg

今度は再びシュートヘッドに
6インチパルスつけて探り直します。

するとhanaさん、初めからアブラコに
的を絞って足元中心に探っていたところ

どうやら切れ目で一匹確保したようです。

ようし、あたりもないので俺も足元だ!(笑)

すると小型のマゾイがヒットでございます。
しつこく探ってると今度は小型のアブラコ。

IMGP7107.jpg


IMGP7108.jpg

ん~~~ん、なんかアブラコも
年々薄くなるよな~

あまりの薄さにお二人は左側に移動するとの事で
自分は少し居残って

足元に逃げないで、再びロングキャストで
広範囲に探ります。

でも、あたりがないな~~~~(;_;)

気が付けば後から二人組、一人と
日曜日とあってかアングラーさんも増えてます。

IMGP7104.jpg

するとお一人で来られたアングラーさんが
何か叫んで教えてくれてるようです。

いつもくるので分かってはいたのですが、
離れて置いてあった荷物に

カラスが食べ物あさりに来てました。
ちゃんと縛っていたつもりだったのですが

朝食用にパンを2個持ってきたのを
まんまと一つ盗まれてしまいました(;_;)

一方、対岸に移動したhojoさん、hanaさんは
アブラコっぽいのをポツポツ掛けてるようです。

こちらは同じくシュートヘッドにガルプの
赤パルスやらスプーンリグなども試しますが・・・

あたりがない(^_^;)

何度か遠目のボトム付近で小さなあたりを
感じたのですが、ヒットせずです。

小魚かな、ヒラメのショートバイトかな・・・。

流石に飽きてきます。(笑)

心も折れかけたた頃にスマホの呼び鈴がなります。

「このハゲー、違うだろう!違うだろ!」

家族にいい加減、
その着ボイスやめなさいと言われてます。(笑)

hojoさんからでhanaさんが所要があり
7時半で止めませんか?とのこと。

まあ、ちょうどいいかな・・・。
実釣時間3時間ちょっとかな。

最後にキャスト繰り返して粘りますが、
気になってた足元のあたりの主の

小アブラコがヒットしましたが、
それまで・・・。チーーーーン(;_;)

結局3人ともヒラメヒットせずでございました。

お二人はそこそこのアブラコを
数匹キープしたようです。

私は噴火湾産アブラコ、良いの釣れたら
一匹キープしようと思ったのですが小型のみで
ノーキープでございます(;_;)

二人を待つ間に岩屋観音まじまじと見ましたが
中の方って木彫りの像がこんあにあったんだ~。

IMGP7116.jpg

そして小幌は最後の上りがめっちゃキツイです。

私は休まず上がるのですが、
過去に私のペースでついてくる人は皆無です(^_^;)

IMGP7113.jpg

流石20代のhanaさんはぴったりとついてきます。
hojoさん、前日にジョイフィットでの
筋トレをしすぎたらしく、一人遅れ始めます(笑)

IMGP7117.jpg

途中、振り返り、待って、振り返り、待って
いつもですが、沢を登りきった頃には
汗だくでございます。(^_^;)

IMGP7118.jpg
△hanaさん、ヘルメットもつけて完全装備!

IMGP7120.jpg

行きはほぼ下るだけなのですが
帰りは急な沢登りと山道がやっぱり遠く感じますね。

天気のいい時にもう一回ぐらい行こうかな~

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ