需要

こんな時期に磯で投げ釣り!

IMGP1898.jpg


さてさて今週はいかがしましょうか・・・。

天気は前半が何とか持ちそうな感じ。

波は結構高いですね~。

釣り新聞見ると美国でもコマイの爆釣記事が出てましたね。
幌武意か美国あたりでコマイ狙いかな~

なんて考えていましたが、折角の3連休だし、
少し遠出もしたいしな。

週末が近づき、いつも気象庁のの沿岸波浪予報みると、、、

厶、厶、厶・・・ん???

冬の気圧配置ながら、積丹の東側沿岸だけ波がない。
風向きは北東の風だ。

これは、もしかしたら磯で竿出せるかも━━━━!!( ̄▽ ̄)

海快晴見ても確に波がない!

よし、あっくんさんからこの時期の日本海の魅力やら、
羨ましい釣果をお聞きしていたので、

こりゃ行くしかないっしょ!
投げ竿も新調したし、西積丹磯で投げ釣りじゃー。

今週もS氏と西積丹目指します。少し不安でしたが、
泊村を通り過ぎるあたりで海が見えると波がない!

しかも風もない。雪も時々ちらつきますが全然問題ない。

弁天島かポン茂岩、祈石あたりで候補を絞る。
兜千畳敷見ると結構な釣り人も出てたので、

ちょっとポイントまで遠いがポン茂岩にしようかと。

盃温泉街入口に車を止めて、寒さ対策で相当着込んで、
(これが後で大変なことに・・・)

えっちら、ほっちら磯を歩き、ポイント目指します。
IMGP1896.jpg
▲向かう途中にいたネズミぐらいの大きさの動物。テンかイタチか?

超~~~~~~気持ちい~い━━━━!!

磯はやっぱりいいな~
ちょっと寒いけど磯はいいです!ハイ!

IMGP1897.jpg

早速、2本揃ったシマノサーフリーダFVを準備し、
ルミコin誘導仕掛けと、胴付仕掛けに

塩イソメ付けて投げ入れます。
時間にして4時少し前ぐらいです。

IMGP1900.jpg

IMGP1901.jpg

IMGP1899.jpg

道中、「釣れすぎたら早く帰りましょうね」
などと、いつもの釣れたらどうしよう的な会話で

盛り上がってましたが、しばらくあたりもないです(笑)
ホッケぐらい、パタパタ穂先揺らして

くれるかと思いましたが、さっぱりですね。

ところが、薄暗くなり始めた頃、かすかなあたりです。

竿を左手で持って、うりゃーと合わせを入れます。
巻き始めると、乗ってますね。

少し重いです。引き寄せるとカレイの姿が見えます。

20センチ程でしたがマガレイちゃんです。
この時期に釣れることは分かってましたが、

流石に冬場の条件下では居るところで、
竿を出すことが難しいので、

ホント条件揃って良かったです。
針を外し、再び投げ入れると、少しして再びあたりが。

IMGP1908.jpg
▲漁火をバックにタバコをふかしながら穂先を見つめる釣友S氏

今度は25センチほどの砂ガレイですね。

この時期、カレイ釣り楽しめると思いませんでしたね。

さて、沖にイカ釣りの漁火が多数目立ち始め、
薄暗くなり始めます。

ここで期待してたのは「ソウハチ」なんですね。
あっくんさん情報でも暮れてからパタパタ釣れ始めると

聞いていたので期待しておりました。
確かにこの時期、岩内あたりで釣れる情報もあったのを

思い出してましたが、あそこまで釣れるなら、
魅力ですよね。

この時期、条件さえ合えば、自分の釣りスタイルの
一年サイクルの中に入れてみたいですね。

するとまもなく、明確なあたりです。

期待を込めて巻き始めます。穂先がしなり、
リールを巻く手も力が入りますね。

魚の姿が見え始めます。カレイには間違いなさそうな
姿が見えましたね。

キタ Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒(。A。)!!!

狙いのソウハチちゃんです。

IMGP1902.jpg

それから、投げると、
「ふわふわ~かくん」とあたりが続きます。

ところが、久々の磯での投げ釣りとあって、
ライントラブルやら、根掛かりやらで、

いい時間帯にトラブル連発です。

初めはルミコin仕掛けにばかり掛かってきました。
仕掛けロストで胴付仕掛けに変えてもみますが、

喰いがたってくるとさほど差はない感じです。

ライン解き、仕掛けを組み直し、魚を取り込み、
巻いてる途中でラインが切れたりと、

2時間ほどで、4匹しか確保できませんでした(;_;)
暮れて2時間ぐらいがあたりのピークでしたね。

IMGP1905.jpg
▲ガヤも掛かりましたが・・・

7時過ぎるとピタリとあたりが遠のきました。

それでも、型は大きめで最大35センチ程ありそうです。
また、独特の匂いも特徴ですね。

はっきり言って臭いです(笑)

IMGP1906.jpg

でも、この匂いが、干して焼いて喰うときに
香ばしい匂いになるんですよね。

食べるのが楽しみです。

あたりも遠のいたので幌武意、美国あたりを
覗いて釣れてたら、コマイやって帰りましょうと言うことに。

寒さも着込んだせいで、大丈夫でしたが、
これが帰りの磯歩きで、もう大変。

ゆっくり歩いて帰りましたが、汗だくです。
そして下着がビチョビチョでございます。

今日に限り着替えを持ってこなくてまいりました。

幌武意に着く頃には乾いてましたが、
着替え持ってないとダメですね。

港内には結構な人です。流石にコマイ爆釣の情報
出回ってましたからね。

しばらく、見て回り、釣り人に声かけて釣果
訪ねましたが全く釣れてないとのことです。

ありゃりゃ・・・。

北風だと東積丹側はやっぱ風あたりますね。
風も強いです。

そして美国向かいますが、こちらも港内や外防波堤
にはたくさんの釣り人です。

車から出ないで見てると、こちらは、ポツポツ釣れてる
ようですね。コマイ上げるのが見えます。

ただ、次から次へとという訳ではないので、
結局、竿は出さず帰ることに。

でも、まさかこの時期、磯で釣りが出来ると
思いませんでしたので、楽しかったですね。

コマイは、もう少し抱卵ものも釣れるので、
年末にリベンジしたいと思います。

さて、ソウハチ干すべかな。
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/997-58cf7adc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ