需要

小樽ボートロックで巨ゾイ狙い



小樽のボートロックで巨ゾイ狙いに行ってきました。

当初は西積丹あたりでカレイでも狙おうかと、
全ての投げ竿用リールを新品に巻き換えて準備万端でしたが

南西の風が強くベタ凪の楽しいカレイ釣りを満喫するには
東積丹側しか無さそうなんですね。

そんな思案をめぐらせていたときに、アーティクル号の船長さんと
別件で電話で話をしておりました。

すると週末からボートを出すと言うので、
それじゃボートで巨ゾイもありかなと思いお願いしてみると

快く承諾していただけました。しかも土曜日は9時から
だと言うので、早朝狙いの日曜日に連続で出していただける事に。

感謝、感謝でございます。ありがとうございました。

そこでボートロック初体験のまぁくん
NorthCastさんの平中さんをお誘いして小樽沖巨ゾイ狙いです!



魚群探知機関連商品


時間は午前5時。夜明けのタイミングで沖に出ます。
波風がちょっと不安でしたが、案の定うねりも意外にあります。

しかも霜がボートの窓にこびりついてしまうほどの寒さです。
途中、お日様の熱で溶かしながら向かいます。

最初は祝津沖のポイント向かいます。
水深は15?20mの間です。少し軽めのジグヘッド21gに

Gパルスのオレンジ4インチでボトム付近のスイミングで
狙います。フリーフォールで落として、スイミングさせ

再びフリーフォールで落としてスイミングの繰り返しです。

反応ないですね(笑)

エサ釣りの船長さえ無反応でございます。



オタモイ海岸方向へ少しずつ移動するも、反応無しのオンパレード。
ガヤすら居ない様子です。

そして滝の正面に来たところで最初のロストでございます。
ファイヤーライントレーサーブレイドをカルディアの

2500番に巻きたてでしたが流されるボートで焦ってしまい
途中で切らしてしまいました。200m巻きでしたが10mは切れたよな。

まぁそんなに長くラインは放出されないので10m位はいいっか・・・。

そしてあまりにも反応ないので30mラインの沖にそのまま出てみます。
やはり、波風強いですね。

ボトムは完全砂地。船長はバケでマスを狙うと言うので、
平中さんはルアーで狙うとの事。まぁくんは船酔いでダウンです(笑)



私はカワガレイの大きいのが掛るのではないかと思い、ワームは
そのまま、シンカーを10号まであげフックを1/0まで小さくして
てボトム狙いです。

するとあたり連発しだすんですね。巻き上げると途中で外れるのが数回。

やっと乗せると、案の定ギスカジカちゃんでございました(笑)
それから数度のやり取りで、かなり重く、巻き上げ中でも暴れる魚が

ヒットしました!何だろうと思い巻き上がるとかなり良型のイシモチで
ございます。一応、キープ系の魚がようやく釣れました・・・。



その後、再びギスカジカちゃんに遊ばれて、反応ないので移動です。

今度は塩谷沖のクリ根付近で巨ゾイ探ります。
地形的にこちらは別世界でございます。波風がまったくありません。

さらに魚のあたりもまったくありません(笑)

続いてこんどは祝津沖の30mラインで根を探す事に。

実はアーティクル号GPSが故障中で以前の釣れたポイントや
自分の情報が表示されない状況でした。

ただ魚群探知機は活きてたのでボトムの形状のみで判断する事に。

遊漁船が数線出ていたものの、皆さん座って釣りしてたので
おそらくカレイ狙いでしょう。

結局、ロッド振らず朝里川の沖15mラインほどに移動です。

波風そこそこでなんとか出せそうだったので再びロックフッシュ狙い。

ここでようやくまぁくん復帰。

あたり一回ありましたが・・・。ここでもソイの顔が拝めず、
今度は高島漁港沖提の外側のテトラ帯で試すも反応なく・・・。

波が収まってきたので、再び沖の根探しに出るも見つからず
終了と相成りました。時間にして7時間は乗っていました。

意外にボートフィッシングって揺られるの疲れますね・・・。

船長曰くここまで釣れないのは珍しいそうなので
リベンジしか無さそうです。
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/99-4598eaa4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ