需要

ボートフィッシングでブリ狙い!

IMGP1581.jpg

今年の夏はあっという間でしたね。

確か昨年は9月に入っても暑い日があったと思いますが、
今年は9月に入ると急に涼しくなりましたね。

しかも雨も多く、冠水やら竜巻やら異常気象でしたね。

相変わらず海水温度の上昇も続き、
鮭の定置網にマンボウが大量に入ったなどの

ニュースが流れてましたね。

さて、そんな中、週末になると天気が悪い状況が
続いてましたが、今週末も雨模様でございます。

ただ、日本海側は波もなく、釣りには支障なさそうです。
しかし釣り物なんですよね・・・。

その海水温度もあって、釣り物も限られちゃう。

そこで、前回のリベンジもあってアーティクル号の
船長に電話すると今週は出船しますとのこと。

では、便乗させて頂きブリ狙いでございます。
IMGP1588.jpg
▲これ帰りに撮りましたがマリーナで一番大きいボート。
でっかいですね~。2億はくだらないのではとの事。

日が昇るのも遅くなり、出港は午前5時。

無線塔沖を小樽マリーナから目指します。

前回の出港時も一人2本、3本と釣れたと言いますから
期待が膨らみますね。

小樽からだと1時間半ほど掛かります。

船中、釣れた後の話で盛り上がりますね~。

釣れすぎたらどうするべね、なんてね(笑)

前回もそうでしたが、釣れてる個体は6、7キロ、
80センチ、90センチなんて言われてましたから、

掛かったら相当な引きだよね。妄想が膨らみます(笑)

1時間半も釣り話であっちゅうまに到着です。
いつも大体ボートやら遊漁船やらかたまってますが、

どうしても小樽から向かうので一歩遅れて到着します。
今回はかなり幌武意よりに船団が居ますね。

IMGP1582.jpg

魚探で魚影見ながらポイント決めます。

居ますね、居ますね~。ブリらしき魚影かなり濃そうです。

早速、船長と船長の友人は電動リールでジギジギ。
私もスピニングでジギング開始です!

が、ぜんぜん釣れないのさ~~~~~~~~。

3人とも振れども振れども釣れません。

まわりも、たまーに掛かってるの見えますが・・・。

めっちゃちっちぇーし・・・。

6、7キロクラス妄想してましたが、明らかに
型が小さいです。2、3キロ、40、50センチ

ってところでしょうね。秋になると小さくなるんだべかね。

そこにでようやく船長の友人に一匹来ました。
やっぱり、ちっちゃくなってます。

IMGP1584.jpg

しかし、ボートフィッシングで釣れないとかなりしんどい。
シャクリ続けなければ釣れないし、体力勝負的な釣りですね。

効率よくしゃくれないかとも考えて、近くの遊漁船で
ロッド振ってる人みますが、皆さんも同じような感じです。

IMGP1583.jpg

スローピッチ用ジグに途中、チェンジしながら狙ったりも
しますが、よくまあハイピッチジャーク

連続で振り続けられますね。私にはかなりきっついです。

釣れてるとまだモチベーションも保てますが、
これでは完全なる修行の域ですね(笑)

ただ辛いだけでございます。

魚探見てると魚影がなくなったりしますので、
魚影なくなったら、魚影探して細かく移動します。

でも、これが全てブリだとしたら、ホント喰わないです。

そんな中、船長にも一匹ようやく掛かります。

私には来ない・・・。疲れる・・・。眠い・・・zzz

気がつけば周りの船は積丹岬側に移動してます。

同じように移動しますが、魚探には写ってるものの
まったく喰わんです。

時間制限が無いとは言え、披露もピークに・・・。
お昼もまわり、後一回移動したら別のもの狙いましょうと
いうことにします。

しかし、そこでも3人ともヒットなく・・・。
私は一度あたりがあった切りでございます。

船中3人で二匹でございます。疲れた・・・。

イカが面白いのでイカを釣って帰りましょうという事に。

帰り道の美国沖水深120mで狙います。

ひゃくにじゅうーめーたぁー!!!!

かなり深いべさ・・・。基本陸釣りアングラーの私には
未知の領域ですね。

おっぱいばりと100号の錘を船長にお借りして、
釣り方など少しレクチャー頂き、スタートです。

すると船長の友人がすぐさまヒットです。
電動リールで巻き上げると、マイカが水やらスミを

吐きながら上がってきます。

でっけー!!!!胴長30センチはありそうです。
面白いのがフジワラから発売されていた

「イカ活チャ器」を持っていて、それで締めると
見事に白くなって生き締めができちゃいます。

あれ、かなり便利ですわ。

すると続いて船長にダブルでヒット!しかしデカイです。

IMGP1585.jpg
▲氷と発泡ケースですぐさま生き締めです。

私も最初にあたりの取り方苦戦しましたが、
何とか一匹ヒットです。

ところがです。私スピニングリール手巻きですからぁ。

巻いても巻いても中々上がってこない。
しかも錘100号背負ってますからね。一匹掛かっただけでも

上げるのに一苦労、二苦労、三苦労です(笑)

でも、これだけ大きかったら数匹で充分です。
一応、5匹目標に仕掛けを海底に投入します。

すると、落としても落としてもどんどん出て行っちゃうんですね。

イカはフォール中にかかる感じで、
スピニングのラインが出て行くところに指で少し

抵抗加えてみたら、掛かってました。

巻き上げ開始します。無理です・・・。
ライン全て出切るぐらいで気がついたので

200mは巻かないと行けない。重い、辛い、キツイ・・。

乗った時に巻き上げを楽にするため、
ロッド煽って巻いたら、案の定バレてしまったので、

一定のテンション保って巻かないとバレちゃいます。

ようやく、イカが見えましたがなんとダブル。

スピニングで120mは無理です・・・。

船長に頂いたイカも合わせて6匹確保です。
ブリも多いとのことで船長に頭付きで半身いただきました。

気がつけば2時半も過ぎて、9時間以上ボートに
乗ってます。釣り好き3人とは言え、流石に疲れました。

キリがないので帰りましょうと。

心配された雨も降らず、波も風も穏やかで、
疲れましたが、結果楽しめたボートフィッシングでした。

IMGP1587.jpg

帰ってからイカは刺身にいか焼きにと頂きます。

IMGP1589.jpg

IMGP1590.jpg

IMGP1591.jpg


頂いたブリはもちろんお刺身ですね。

あらとかしらは翌朝焼いて頂きます。まさかイカ喰えるとは
思わなかったのでまいうーでございます。
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/981-a73e3c3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ