需要

今年もやってきたカラフトマスの季節

IMGP1536.jpg


毎年恒例の知床カラフトマスツアー。

知床の相泊漁港から船渡しで半島の
各ポイントに渡り、カラフトマスを狙いますが、

如何せんお高くついてしまう・・・。
渡し賃もう少し何とか安くならないですかね~

さらに昨年はカラフトマス漁も例年の3割
だったらしく、釣り人の釣果にもかなり影響出ましたね。

昨年はそんなのもあって、高いお金払って
渡っても釣果が少ないなら

行ってみたことが無かった相泊のさらに
奥の陸路ポイントに行きました。

しかし、見事・・・・・撃沈(笑)

今年から行くの止めようかな~
なんて考えていました。

しかしカラフトマスは釣りたい・・・。

そんな時、釣友S氏から8月2週目に遠征しない?
と打診を受けていました。

当初は十勝あたりの行ったことのない
場所に行こうと思ってましたが、2週目だと

釣り物に厳しい感じ。

そこへたまたま新年会に来ていたIくんから
今年はカラフトマス釣りにいかないんですか~

行くんならご一緒させてくださいと、打診されておりました。

ならば、情報では今年のカラフトマスの岸寄りが早そう。
すでに稚内、紋別あたりで釣れています。

しかもここ数年、明らかに釣れなくなってきてるところで
早いし、今年はいいんじゃない?的な憶測もあって

よし!皆で紋別あたりにカラフトマスツアーにしよう!
という事で、かなり世界陸上ばりに前置き長くなりましたが(笑)

釣友S氏とIさん、そして久々ダンディヒゲおじさんと
おじさん3人と子供ほど年齢が違うIくんと4人の

紋別方面カラフトマスツアー珍道中です(笑)
まずは初めての場所でカラフトマス狙いと言うことで、
かなり情報収集しました。

まずは釣り新聞から確認すると稚内、釧路、浜中あたりで
情報出てますね。紋別あたりだと紋別港で出てますね。

Twitterの知り合いが超有名ポイント枝幸町の
問牧でのつぶやきありましたが、全く釣れてないらしい。

そして最後に釣り新M記者に紋別方面で情報いただくと
オレが今週行くなら枝幸の音標川河口へ行くとの

太鼓判を押されたのでまずは夕マズメに入ることにします。
冒頭の写真が釣り初めの様子です。

午後3時半頃スタートフィッシングですね。

IMGP1535.jpg

他の釣り人は15人ほどです。殆どがウキルアー釣りか
ルアー釣りの中で河口付近にフライマンが一人です。

釣り人の袋や川の網の中にカラフトマス数匹ゲット
してるのが見えたので、釣れてることが確認できて一安心です。

準備してるともじりが見えてたので期待に胸膨らみますね(笑)

私はまずは購入した5gのスプーンに6gのフロート付けた
仕様で飛ぶ感じや泳ぎの感じ確認します。

S氏、Iくんはウキ釣り、ダンディヒゲおじさんはスプーン
オンリーと思い思いのスタイルで攻めます。

するとフライマンにすぐにヒットしてるのが見えます。

カラフトマスは確実に居るようです。
時々背びれも見えますね~。

スプーンも取っ替え引っ変えやってみますがヒットしません。
そこでウキ釣りにチェンジ。

エビを餌にキャストします。するとあたりが頻発なんですね。
でも、乗らない・・・。

そんな中、隣に居たIくんが「釣れましたぁ!」とリール
かなり早巻きしてます。「それ、軽すぎるべさぁ」と私。

すると途中ですっぽ抜け。

魚は確認できませんでしたが、
カラフトマス意外の魚も居るようですね。

私も相変わらず、あたりはあるものの乗せきれません。
すると再びIくんがヒットです。

引き寄せると、なんとグイウー(笑)

IMGP1537.jpg

あたりの犯人はグイウーでございますね。

その後、夕暮れも近づき始め、釣り人もポツポツ帰り始めます。
結局、その日は4人とも釣果ありませんでしたが、

フライマン以外はその時間帯では釣れてるの見えませんでした。

そして宿は雄武町の民宿に素泊まりですが、
その前に情報頂いてた藻興部川河口もロケハンしておきます。

そしてコンビニで晩飯買って、歩くと床がきしむ宿で
いっぱいやってから就寝でございます。

そして翌朝は3時過ぎには現地到着です。
多少明るくなるまで車中待機し、うす明るくなったところで

準備し歩きやすいテトラ歩きながら外海向けて準備です。

カラフトマスは明るくなってから一瞬の勝負だからな~
と、遠征前にも御大畑山さんからも聞いていたし、

知床あたりでもホント最初の30分、パタパタ釣れて
終了と言うパターンも多かったので、夜明けに向けて

気合入れてスプーン投げ始めます。

IMGP1539.jpg

夜がだんだん開けてきます。
同時に周りの様子も見え始めてきましたね。

河口付近にも釣り人が居るようです。

サーフ側に釣り人6名ぐらい、テトラ導流堤に6名ほどです。

あれ?全然ツレネ(笑)

周りも釣れてる様子なく、時間が過ぎていきます。
それでもサーフ側で2、3本ヒットしてるのが見えますね。

昨日の情報では7時ぐらいに群れが入ったとの
情報もあったのでモチベーションもなんとか保てます。

時々サーフにも立ってキャストしますがあたりません。
するとテトラのウキ釣り氏に一匹ヒットしたのが見えます。

朝の1、2時間程度で釣れないと分かると
帰っちゃう地元釣り師も居ますね。

まあ、回遊魚だし地元釣り師は毎朝来れますからね。
時々休みながら様子見てると

来ましたよ。来ましたよ!
やはり7時すぎぐらいに群れが入ってきました。

どん詰りに背びれがうようよ見え始めました。
テトラ導流堤に戻って見ると海面みてると

カラフトマスがうようよ見え始めてます。

よっしゃーチャンス到来でございますね。
そこで浮きに変えてすぐさま海面に投入すると、

浮きが、ふわふあ・・・スッコーンーーーと
海中に沈みました。

おっしゃーヒットー!

と思った瞬間、強烈な引きです。

ぐんぐんぐんと感触が手元に伝わります。
するとその瞬間、あっという間の出来事でしたが

ぷっつーんとメーンラインからラインが切れます。

がちょーん、

ドラグかなりきつめに締めておりました。

ガックシ・・・。

気を取り直しスプーンで攻めますがカラフトマス
なかなか見向きもしませんね。

サーフ側でもポツポツヒットし始めてます。

ウキ仕掛け1つしか持って行ってなかったので
Iくんからお借りして試すとあたりも

頻繁に出始めました。しかし中々乗らずです・・・。
4人とも同じような感じでヒットせずです。

そのうち群れも居なくなります。
帰り始める釣り人も出始めましたね。

これでは帰れないでしょう・・・。

釣り人が少なくなりましたが、
折角の遠征ですし、釣れるまでは帰れませんがな。

すると入れ替わりに釣り人も入ってくるんですね。

S氏に至っては「もう居ないから止めて帰ろう!」
と言い始めてます。

そんな中、テトラ導流堤先端に居たIくんの
様子見に行くと、なんと海面覗くと

カラフトマスがうじゃうじゃ泳いでるではないですかぁ!

IMGP1540.jpg
▲ちょっと写真じゃ見えませんね。

なぁ~んだ、居るんじゃね~。

18g前後のスプーンで群れの奥に投げて
スローリトリーブでじっくり喰わせます。

やっぱ見える魚は喰わんですね。
スプーンがカラフトマスにあたる感触が伝わります。

何度かすると、もぞもぞもぞ・・・・

フッキングぅ!ロッド煽ります!乗りましたぁ~!

久々のカラフトマスの引きは強烈です・・・。
こんなにカラフトマスって引いたかなって感じです。

しかも引いて引いて中々寄せられない。
しっかりドラグ調整した性もありますけどね。

さらにはジャンプもして抵抗してきます。

すると、ぷっつーん・・・

バレてもうたぁ~・・・。

気を取り直して同じように誘います。
フッキングするもすぐに外れるパターンが数度続きます。

ウキ釣りのIくんにもヒットしますが途中で
バレたりと、かなりあたるようになってきました。

S氏にもダンディヒゲおじさんにも掛かりますが
テトラの上で波も多少有り、

取り込みに失敗してバラす事多数です。

IMGP1545.jpg

そして、再び私にもヒットです!

ドラグジージーなりながらも何とか足元まで寄せます。
Iくんのサポートで無事ゲットでございます。

はしりのカラフトマスのせいか、ちからかなり強いですね。
しかも魚体もかなり綺麗です。

楽しいです。粘った甲斐がありました。
その後もさらに一匹追加です。

とりあえず2匹ゲット出来たので、場所をS氏と
ダンディヒゲおじさんに譲ってサポート役に徹します。

河口付近の釣り人にも時々掛かってるようです。

IMGP1544.jpg

やっぱカラフトマス釣りはこうじゃなくっちゃねぇ。

時間も12時近くになり都合8時間半に及ぶ釣りは
終漁でございます。粘ってよかったわ~。

IMGP1549.jpg


IMGP1548.jpg
▲帰る時までうじゃうじゃ溜まってます。

そして帰りの楽しみは温泉でございますね。

雄武町のホテル日の出岬に浸かって疲れ癒します。

IMGP1551.jpg

無色透明なお湯でしたが、景色もよくきもちえがったわ~
そしてホテル名物あんかけ焼きそばを頂きます。

硬いパリパリ麺の上にあんが乗っていて、
食感珍しいです。

町長もオススメのホタテや魚介を使った塩味あんかけ焼きそば。

名前も「あんかけ焼きそば町長派」(笑)

IMGP1554.jpg

帰りも名寄の道の駅で名物のいちご大福買って、
夏の恒例、おじさんカラフトマス珍道中は終了と相成りました。

来年もカラフトマス釣るなら枝幸、雄武、紋別あたりが
距離も半分、予算も半分でいいんじゃないべかね。
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/975-54278cd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ