需要

小幌海岸シーズン初ヒラメ狙い!

IMGP1342.jpg

昨年、結構な数が上がった小幌海岸の
ヒラメですが、時期的には7月に入ってからです。

ただ、地元の釣り人と昨年釣り場で話す機会が有り、
何でも5月から狙いに来てると聞いておりました。

さてと、今シーズンはいつ行こうかと北海道の潮汐表
気象庁の沿岸波浪予想とにらめっこです。

6月22日大潮で朝まず目干潮です。
波もまったく無さそうですね。

よっしゃ今週とりあえず調査を兼ねて行こう!
と考えていたところに、昨年一人爆ったエゾさんからメールが。

「7月6日に小幌海岸行きませんか?」と。
「いや、今週行きませんか?」と返信です。

「仕事が空いてるので行けます!」と返事です。

少し早い気もしますが、とりあえず昨年の調査メンバー
でもあったtaniさんもお誘いしてシーズン初ヒラメ狙いです。
IMGP1343.jpg

海岸へは5時半頃到着したが、波風も予報通り
まったくなく、岩も既に露出しています。

先客も二名ほど居ましたね。

はやる気持ちを抑えてキャストします。

今回は昨年のパターンでジグヘッド28gと30gに

6インチパルスを中心に赤パルス4インチ、
ラメ入り赤パルス4インチ、

パルスのチャートリュース4インチ
のみで狙うパターンと、

スプーンリグの25gと35gに上記パルスワームの
組み合わせで狙ってみます。

行きの車中でも

「ゆっくりスローでスイミングが良いんだ!」

「ヒラメは側線が腹にあるのでボトムを叩くリフト&
フォールが有効なんだ!」

などと誘いのパターンでも盛り上がってます。
昨年は断然、ボトムノックのリフト&フォールが

有効だった感じです。ただし、根掛りのリスクも
多くなるので、スプーンメソッドでスイミングで

狙うのも織り交ぜながら狙うのもありかなと。
実績もありますからね。

この、準備や妄想が楽しかったりするんですよね(笑)

まずはどれだけ遠投が効くか、
スプーンの35gに赤パルスで探ってみます。

2、3投するとラインが途中で切れちゃいました。

あちゃぁー。傷が入ってたんでしょうね。
ガックシです。ロストしちゃいました。

そしてジグヘッドのパターンで海岸移動しながら
探るも反応皆無でございますね。

taniさんが一投目でギスカジカヒットさせた以外は
まったく魚を拝んでません。

先にいたアングラーさんも殆ど釣れてる様子ございません。
それでも話を聞くとカレイがヒットしてたようです。

ワームで狙っていたようだったので、ワームにヒット
したんですね。昨年もワームで巨大マガレイ

ヒットさせた人居たっけな(笑)

最初はあまり感じませんでしたが、どうも海藻が
昨年より多く繁殖してる感じで

手前側はかなり引っかかる感じでしたね。

あたりこそ数回あってワームのしっぽ食いちぎられましたが
3時間ほどすぎるも3人ともにヒット無しでございます。

足元狙ってないのもありますが、今回はアブラコすら
掛かりませんでしたね。

干潮時間になったところで、左側の磯場に移動します。

昨年、海に落ちたポイントは慎重に渡り左の磯場に
9時過ぎには到着です。

既にモチベーションも保てなくなっていますが、
波風なく、綺麗な海岸でロッド降ってるだけ

でも気持ちい感じです。時折晴れ間も覗き、
釣れれば最高に気持ちのいい日でございますね。

IMGP1344.jpg

それでも少しは集中しながら狙ってみます。

左側の磯場は右側よりも海藻の繁殖が多い感じで、
リグを思いっきり正面に投げて、着底したあたりは

砂地のようですが、リフト&フォールさせると
すぐに海藻が絡みつく感じです。

かなり釣りにくい感じです。魚が居るとすれば
その海藻の中をかき分け、タイミングよく

リフト&フォールやスイミングでアピールできないと
難しい感じでしたね。

そんな中、昨年より一皮も、いや二皮も向けた
ヒラメマスターエゾタヌキ氏が何やら叫んでいます。

「魚がようやくヒットだわぁ~」と言いながら
ロッドをしならせています。

今回のエゾタヌキ氏のリグですが、自作のジグヘッド30g
位の上に自作のフロートを付けたもので

小幌の深い磯場のボトムを重めのジグヘッドで沈めながら、
ゆっくりスイミングできるようにと考案したものらしい。
(確かそうだよね???)

見事、的中させたかどうかは分かりませんが、
ヒットはさせました。

引き寄せて魚見ると「あ、ヒラメだべさ・・・。」
タモを入れてすくい上げましたが、55センチ?の

良型でございます。何かを持ってるオヤジ。エゾタヌキ氏。
これですっかりヒラメマスターの地位は不動のものに。

IMGP1345.jpg
▲ジャーン!どうだと言わんばかりのエゾタヌキ氏

あの条件下でヒットさせたのは容易ではないと思います。

まあ、たまたま居たところにリグが落ちたんだろうね(笑)

と悔しがってみても、ヒットさせたのは事実ですからね。

その後、taniさんが中型のアブラコヒットさせるも
3人で魚はギスカジカ1、ヒラメ1、アブラコ1と散々。

それから潮も込みだし、帰り道も心配になってきたので
元の右磯に戻って海岸が無くなるまで試すもノーバイト。

シーズン初小幌海岸は散々の釣果でございました。
この分だと、やっぱり7月入らなきゃ岸寄りしないんじゃ

ないでしょうかね。沖合にプレジャーボートも出ていましたが
ほとんどがカレイ狙いの感じでしたしね。

ベイトも殆ど居なかったので、やっぱもう少し後ですね。

今度はもう少し後に狙いに行ってみようかと画策中です。

IMGP1347.jpg
▲やっぱ帰りはしんどいエゾタヌキ氏
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/967-fab72408
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ