需要

ショアブリで5匹ゲットの代償・・・。

IMGP0484.jpg


海水温度も10月末に近づきようやく平年に近い感じですね。
迷うことなく日本海向かいます!

狙いはショアブリ、ヒラメ、ソイと
いつもの欲張りフィッシングでございます。

ポイントに悩みましたが、南東の風で
西積丹側なら背中からの風ですね。

「波がない」「風が背中から」・・・。

あそこしかないね。

という訳で、チーム激磯のy旦那氏をお誘いして沼前岬で
欲張りフィッシングです。
途中、積丹の川の鮭釣りのようすも確認しつつ
鮭が群れていれば鮭釣りも視野に入れながら

向かいますが、夕マズメに向けて釣り人は少々
居るものの、釣れてはいないようでございます。

海岸線を車走らせてると、ものすごい数の
小さな虫が霧のような感じで飛んでいます。

かなり気持ち悪いです。

釣り場に居たらシャレにならんですね。

岬の駐車帯についたのは午後3時半頃です。
天気もよく、風も全くと言っていいほど気になりません。

IMGP0486.jpg

IMGP0489.jpg


波はベタナギでございますね。

沼前岬でこんなに波がなかったのは初めてですね。

IMGP0491.jpg

IMGP0492.jpg


慣れた岩場を先端目指して歩き始めます。
以前来た時に異臭を放つトドの死骸を目撃したことが

あったのですが、そのトドと思われる骨が転がってますね。
かなりゴッツくてびっくりです。

IMGP0493.jpg

IMGP0495.jpg

IMGP0494.jpg

IMGP0496.jpg


先端に着いてみるとやはりジャンプポイントも
波がなく、ジャンプしなくても渡れるぐらいです。

準備整えまずはブリ狙いでジグを振ります。
レインダンス34gで遠投かけて、いったんボトム取ります。

ボトム確認してからでショートピッチジャーク開始!

コ、コン、あれれ?

「yだんなし~一投目から来たわ~」

小気味よいあたりが手元に伝わり、ロッドが大きくしなります。

バレないようにテンション保ちながら巻いてきます。
アブラコの首振りダンスにも似た震えも感じますね。

楽しいわ~

海面に見えたのはフクラギサイズにも満たないぐらいの
大きさですが青物は走って面白いです。

IMGP0500.jpg


また、ショアブリヘビースタイルに挫折した(笑)
自分にとってはライトショアジギは疲れず面白いです。

準備遅れてきたy旦那氏にもすぐにヒットです!

IMGP0501.jpg


y旦那氏も、もそすごく楽しげに引き味楽しんでますね。

2、3投するとまたまたヒットです!

やー楽しいわ~

IMGP0502.jpg


IMGP0503.jpg


しかもフックアウトしたと思ってもすぐに追い喰いしてきます。
y旦那氏も同じように追い喰してきています。

いい時間帯に当たったのかちょうど群れがそこにいたのか、
入れ喰いに近い感じでございます。

目の前にナブラも立ち、ブリに追っかけられてたのかも
しれません。

IMGP0499.jpg


潮目もいい感じで出ています。

ならばジグをまぁくんから作ってもらったまぁジグブルピン
40gで試すとすぐにヒットです!

IMGP0504.jpg


面白い!

このペースだとすぐに二桁に届きそうな勢いです。

今日はブリがこんなに釣れるとは思わなかったので、

日暮れにはヒラメ狙いでワームにチェンジしようかと
考えて、最後に岡ジグLT30アカキンに変えると再びヒット!

日暮れ間際ですが連発です。

よし、あと一匹釣ったらワームにチェンジだ!

あたりも遠くなってきたので、誘いに変化付け、
ボトム取ってスピードに変化付けながらショートピッチジャーク。

時々ジャガジャガ巻、ストップとなるべくランダムに
誘い入れてみます。

するとピックアップ直前でヒットでございます。

IMGP0506.jpg


抜きあげて、さてフック外そうかとブリに手を近づけると・・・。

右手の親指に違和感が・・・。アクシデント勃発!

指を見るとダブルフックのもう一方がグッサリ刺さってます・・・。

でも、痛くないんですね。
「y旦那氏~フック指に刺さったわ~」

IMGP0508.jpg


と伝えてとりあえずジグから切ってもらいます。

抜こうとしますが、まったく抜けませぬ。

さらに思いっきり、力入れますが抜ける気配ございません。

しょうがない、病院行って抜くしかないね。

折角、条件のいい日に週末が重なり、入れ喰い堪能もでき、
さて、夜の部突入間際でのトラブルでございました。

IMGP0505.jpg


y旦那氏には申し訳なく、ただショアブリかなり堪能
できたようなので、それがせめてもの救いだったかな。

不思議と痛くなかったので、自分で抜いて
よっぽど釣りを続けたかったのですが、

後ろ髪引かれる思いで、指にフック刺さったまま帰ることに。

119番で病院を確認すると余市の協会病院が
対応してくれるとのことだったので、

y旦那氏に運転してもらいながら向かいます。

IMG_20121027_192424.jpg


病院つくと外科の先生が来てすぐに処置してくれました。
指先に麻酔をかけて、刺さったフックを

戻さないで、くるっと突き刺して、先っぽ出して、
根元をペンチで切って、指の中を貫通させるように

抜きました。ちょっとビビりましたが、
麻酔打ってたのでまったく痛くはなかったです。

最初は針の刺さってる根元切って、戻すように抜いて
切ったところ縫うのかなと思いましたが、

あっさり終わってしまいました。
痛みさえ我慢できれば、自分でも出来そうな感じでしたね。

治療費しめて22,660円でございます(ToT)
保険証本日、持って行って3割だけの負担ですね。

安全対策にこれで教訓できましたね。

青物はもの凄く暴れるので、グローブの着用、
さらに大型のプライヤーで外さないと危険ですね。

容易に素手を近づけない方が良いです。

oyayubi.jpg
△一日で完治です。

でも、楽しかったな~。

いつまで釣れるのか分かりませんが、
またチャンスあったら行きたいですね。

そしてヒラメとソイもやっぱ釣りたいね。
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/919-0c751ee4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ