需要

ノースアングラーズ10月号


▲ノースアングラーズ10月号【送料無料】

やはり表紙は淡水に戻りましたね(笑)
スレたカラフトマスをどう釣る?

岡ジグの岡さんがオホーツクへカラフトマス狙いでの記事が
特集されてますね。

先日も新聞に出ていましたが、カラフトマスは例年の
3割ほどしか獲れてないそうですね。

どうりで釣れないはずだ(笑)
カラフトマス釣りを始めた頃を思い出しますが

羅臼のチトライ川河口に背びれがうようよ見えて
泳いでたカラフトマスを思い出します。

その分釣り人もうようよいましたが、
明らかに年々薄くなってるような気がしますね。

鮭も年々遅れ気味の感じもします。
先週も積丹の河川見ながら帰ってきましたが

まったく遡上見られませんでしたからね。

かと思うと、ノースアングラーズにも特集されてますが
ブリが多く釣れてきています。

一昨年の豊漁情報は今のところないようですが、
ブームで狙う人が多くなったので情報が出てきてるだけなのか、

間違いなく北海道日本海周辺多くなってるように思えます。

いつも参考にしてるのがプロショップ川口の余市市場水揚げ情報。

鮭こそ数が獲れだしてるみたいですが、
ブリ、イナダが多く水揚げされてます。

先日も鮭の定置網にマンボウがたくさん入ったりしてました。

明らかに北海道周辺暖流系の魚が増えてますよね。
北海道の本州化が進んできてるように思えます。

海水温度も現在のところ平年よりも2、3度高いって
言うから、今後は益々温暖化傾向が続いて

釣れる魚が変わってくるんでしょうね。
夜釣りのソイも今のところぱったりですからね。



為替のコラム
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/912-c65479a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ