需要

小樽港北浜岸壁でマイワシ釣り

IMGP0289.jpg


小樽港で釣れ始めてるマイワシ。
今年も昨年同様長期間に渡って釣れると良いですね。

ちょうど夏枯れ時期と重なるのもあってか、
週末ともなると釣り人でごった返しています。

しかしマイワシはなんといってもうまい!
刺身でよし、煮付けでよし、調理方法も

色々バリエーションも豊富かと思います。
栄養価も高くEPAやDHAが含まれてることで知られていますね。

EPAは血中コレステロールを低下させ、血行を促進し、
動脈硬化や心筋梗塞・脳梗塞を予防に。

DHAは脳を活性化させボケを防止します。

前置きがかなり長引きましたが、
息子を釣れて小樽港に着いたのは午前10時過ぎです。

色内埠頭をぐるりと回り様子を見ます。

入れるスペースを探しますが、案の定満員御礼(~_~;)

埠頭右側岸壁にスペースがありましたが
車から降りてみると釣れてるのはチカが多いようです。

マイワシが釣れてるのはやはり埠頭の左側岸壁ですね。
しかしスペースが無い・・・。

そこで厩町岸壁の様子を見るもほとんどが投げ釣りのようです。
そこで今度は北浜岸壁を覗くと色内埠頭と

釣れ方も変わらない感じです。
風向きも背中になり、さらに車を横付けできるので

バッチリですね。一台分のスペースもあったので
バックで着けて釣り開始です。

IMGP0288.jpg


コマセも一応用意し、時々撒きます。
サビキですが、結構コイツが侮れないんですね。

種類で大きく釣果に差が出ます。

私はニシンで使用してたサビキを用意してたんですが、
コイツが7号と8号が中心ですね。

ちょっと大きすぎたべが・・・。

ただし種類は豊富です。

まずはケイムラのツイストスキンレインボーの
8号で試すも反応鈍いです。

針の大きさはあたりがあっても乗らなければ
大きいと判断できますが、それもないです。

隣の小学生ぐらいの子供の方が
ポンポン釣ってますね。

見てると白いハゲ皮サビキみたいです。
そこで同じくハゲ皮に変えるとあたりが出てきましたね。

それからポツ~ら、ポツ~ら釣れだします。

後から左隣に入ってきた夫婦も
ポンポン釣れます。

明らかに私よりペースが良いです(~_~;)

コマセもしっかり撒いてるし、
サビキを見ると緑っぽかったので、ニシンで

使ってた畜光スキンサビキの緑色に変えて見ますが
これが逆にペースダウンです。

そこで再びオーロラハゲ皮サビキに戻すと
釣れ始めます。

私が釣ったら、息子にトングを持たせ、
地面でピチピチ暴れるマイワシをトングで

掴んでクーラーボックスに入れる係りをやらせます。
それでも、頻繁に釣れてれば、飽きないんでしょうけど

すぐに飽きるんですよね。

すぐに「止めて帰ろ~」と言い出します(~_~;)
ちょっと待っててと言いながらも

おやつ食べさせたりしながら、だましだまし続けます。

時々竿も持たせますが、まだ4歳児には無理なようです。
マイワシの方もお昼を過ぎると少しペースダウンです。

ポツ~ら、ポツ~らの感覚が長くなります。

それでも両サイドの釣り人よりもペース悪いです。
そこで違うサビキも試しますが、

もっとペース落ちますね。
そこで再びオーロラハゲ皮サビキに戻します。

さすがに息子も限界に達し、午後2時には終漁で
ございます。

IMGP0304.jpg


結局、20匹ほどですがマイワシ確保です。
今年のマイワシは型が良いです!

平均20センチ前後ありそうな感じですね。
まだ行く機会はあると思いますが、

少し針を小さいサビキにしないとダメですね。
帰って捌いて全て圧力鍋で煮物にしました。

骨まで食べれるので子供たちにも好評でございました。

IMGP0305.jpg
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/905-92e6b826
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ