FC2ブログ
需要

小樽港ニシンのリベンジなるか!



先週の小樽港ニシンのリベンジで今度は厩町岸壁で狙うことにした。前回は投光器が無いという決定的なハンデがあり、また実釣経験から装備の準備不足、なにより簡単に釣れるだろうという甘い考えが釣果に影響した。
そこで今回はコマセもたっぷり用意。アミブロックも前夜から自然解凍と準備万端。しかし投光器だけはさすがに準備できず最大限の準備はととのえたつもりだ。

前回はオス、メスとも抱精、抱卵とまだお腹に抱えていたのできっとまだ港内にいるはず。釣り新聞やらインターネットやらで情報さぐるもまだ釣れている。よし行くぞとばかりに場所取りも考え明るい内の午後4時には現場到着だ。

やはり着いてみると土曜日の夜ということもあり岸壁は満員御礼状態。投光器をセットしてあった釣り人の横がさいわい空いていたので、係留してある船のロープ越しではあったが釣友S氏と1本ずつ竿を出してみる。

今回はスキンサビキ8号にオキアミをこすってためす。しゃくれどしゃくれどあたりはこない。すると釣友S氏に16センチほどのチカがかかった。

まわりはというと全然釣れている気配がない。コマセも打ちつつ、ふと後ろを振り返るとトラ猫が人なっつっこそうに、にゃおにゃお泣いて近づいてくる。きっと魚がほしいのだろ。

隣の釣り人もここ(厩町岸壁)にはそうとう猫が居るといっていた。そういえば昔、3歳になった娘を連れてチカ釣りをしていたときに地面にほおっておいた魚を猫に取られたのを思いだした。

すっかり日も暮れて隣の釣り人も投光器を焚き始め、ニシンの到来を待つが釣れてくるのはチカのみ。われわれには竿には音さたがない。やはり投光器は必需品のようだ。

と、そのときしゃくり続ける私の竿にやっと25センチほどの待望のニシンがかかる。前回同様べた底からの結果だ。やはり隣の釣り人にはチカばかりがかかっていた。

時間も午後7時を過ぎたあたりでまわりでもぽつぽつニシンがあがり始めた。しかし圧倒的に先週よりは魚影が薄い。

午後8時を過ぎた頃にやめよっかと釣友氏と話をし今週をもってしばらくはサビキをやめて、投げ釣り、ワーム釣りへとシフトしていこうと思ってる。

たかがチカやニシンと思っていても改めて釣りの奥深さを感じる今日この頃だ。

スポンサーサイト



[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/883-9e26eccd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ