FC2ブログ
需要

小樽南防波堤のクロガシラ

釣れたようですね。やっぱり来るんですね。時期になると。たとえ雪が多くとも、海水温度が低くとも、この時期になれば来ますね。魚の習性ですね。そこで私なりの経験と現場で観察した知識で小樽南防波堤のクロガシラの釣り方を伝授します。
まずはロッドですが、(竿の事ね)地元の人は万能竿や柔らかめの投げ竿、ルアー竿を使用していることが多いみたいです。一番簡単なのは磯竿の4.5mから5.3mの竿が良いみたいです。柔らかいのがきもですね。

ポイントは長さです。その長さで岸壁の際からまっすぐ立って、ちょんちょんと海底をこづくように誘います。どうもその長さのポイントにクロガシラが群れているようです。

仕掛けは地元の人は両カンオモリでハリスを20から30センチ程付けて、ほとんどが置き竿か多少アクションを付けて誘っています。私は蛍光ブラーの赤かグリーンの8か10gで同じように誘って釣ります。

昨年の釣果ですが7匹釣ってまだ釣れたのですが、そんなに釣ってもしょうがないので途中で止めました。そのとき私は4mの磯竿で蛍光赤のブラー8gでやはりちょんちょんとやってました。

エサは生イソメです。他ではどうかというと試したことはないのですが地元の人もやはり生イソメを使用しているようです。他では釣れないこともないと思いますが。

あとポイントですがその年その年によって、基部付近だの先端側だのと釣れるポイントが変わりますが、これは一カ所で釣れると釣り人がそれを見て集中する傾向(気持ちは分かる)があるため、そう言われてますが、

一カ所で粘っている人に釣果が上がってますので、じっと我慢の釣りで勝負した方が良いようです。それとはしりの方が大きいのが上がる傾向があるようです。

私のヒットパターンですが「磯竿4m」「エサはイソメ」「蛍光赤の8か10g」「できるだけ凪の日」「釣れた場所に惑わされずに一カ所でねばる」
「上下に竿を揺すってちょんちょんと誘う」「時間はぜったい夕まづ目」。

これを守れば絶対釣れます、保証します。今週末は私もいきまよ。
スポンサーサイト



[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/875-c7d27e42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ