FC2ブログ
需要

岩内町ビンノ岬でマガレイ狙い!


ビンノ岬先端部


岬からトンネル駐車場方面を望む

岬から雷電方面を望む











今年は遅れていてなかなか数釣りが出来なかったマガレイ。何とか数を釣りたいものだと思い岩内町のプチ秘境ビンノ岬へ14日、午後から出かけた。

天気も良く表積丹側は風があったが裏に行ってみると逆風の上、山が風をさえぎってくれてまったく気にならなかった。しかも波もない。久しぶりに磯釣りを堪能した。
トンネル駐車場に車を止めたのが午後3時頃。それから20分ほどかけて旧道と山道、それから沢を渡り、崖を下って出岬の釣り場まででる。竿を出したのが3時半ぐらい。

小潮廻りであるが満潮が午後5時30分。時間的にはちょうど良い時間だ。岬は貸し切り状態。遠投の並継ぎ竿2本にその日の朝からこしらえた、ハリスを80センチぐらいとったオリジナルの片テンビン2本バリ仕掛けでおもいっきり遠投かける。

エサもエビ粉をまぶした塩イソメ。放物線を描いて飛んでいく弾丸オモリ27号が遠くに着水する音も聞こえてなかなか気持ち良い。が、しかしあたりが遠い。まずは同行のS氏に名物タイガーマスクに似たギスカジカがかかる。

私にはあたりがないので廻りの磯を徘徊し、浅瀬の様子を探ってみる。つぶやヒル貝(地元での言い方。スーパーではムール貝で出回っているようだ)カニやらの海の生物がたくさん居る。

一度戻ってエサを交換しようと巻き上げると28センチの良型マガレイがかかっていた。半分遊び気分であったが少し気を取り直し真剣モードでキャストを繰り返す。しかしなかなかあたりが遠い。

そうしているとS氏に38センチのアブラコがかかった。私は子供のおみやげ用に、しばしつぶとりタイムに集中した。私含め大好物。ゆでて食べるのだがこれが美味。(ホントだぜビョン様!)

それでも夕まづ目が近づくとあたりが少し出てきて、結果22センチから28センチまでのマガレイ5匹。最後に堅めの竿にはっきりあたりを伝えてくれたアブラコ34センチを追加して終了。S氏には夕まづ目25センチぐらいのマゾイもかかった。

例年であれば数釣りも可能だし、うるさいくらいギスカジカが掛かるのに全然かからなかった。網も結構沖側に仕掛けられていたのでまだまだ岸よりしてないのだろう。
スポンサーサイト



[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/847-c9c9eb37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ