FC2ブログ
需要

とりあえずクロゾイに癒されました。














どこへ行こうか悩んだあげく料金こそ高いが近いと言うこととソイの刺身やソイ飯も食べたかったので石狩の沖防波堤にしました。お世話になったのはまた今回もリトルベイさんにお願いしました。

渡ったのは午後5時。今回はまだ行ったことのない東側先端にお願いします。さすがに季節も夏枯れとあってか渡る人も少ないです。着いてみると先客も1組3名ほど。

防波堤に到着後S氏と考え、おそらく先端はみんなが入るのであまり入りにくい反対まで歩こうと言うことにしました。明るい内は穴釣りなど試すも反応無し。一応ヒラメもいるかもと思い、

ダウンショットで試すが根掛かりがあるためにオモリをすぐに2個ロストしてしまったので、やはり日が暮れてからのソイに期待をはせます。
05.07.30石狩沖ボー4.JPG
暗くなってからはS氏は男の投げ釣り、男は投げて黙って待つそれが俺の釣りスタイルだとばかりに投げとウキ。私は確実に釣ろうとテキサスリグのシンカー7gでグラスミノーLミッドナイトグローで探ります。

が、2人ともなかなかあたりがありません。いやな予感がしますがどうしようもない。そこで防波堤の際を先端まで徹底的に流しました。するとマイクロサイズのソイが4連続ヒットです。
05.07.30石狩沖ボー3.JPG
先端の人達に「どうですか?」とたずねると2組とも「ぜんぜんですね」のお答え。しかし最初にたずねた人が25センチほどのマゾイが掛かりました。石狩の沖ボーはホントマゾイが多いです。

それから最初の位置に戻りリグをジグヘッドにしたりワームをバグアンツの3インチグロータイプにしたりと色々試行錯誤を重ねます。ポイントなのかワームなのか誘い方なのか。

そこで最後にバグアンツ4インチの069:ブラッディーレッド ブラックFlkに変えて足元に落としたとたんリリースサイズですがマゾイがヒットしました。よし赤だろうと考え、今度は沖目にキャストしエビがしっぽを丸めて後ずさりしながら逃げるさまを、ちょんちょん、と演出します。
05.07.30石狩沖ボー2.JPG
これが大正解。これでヒットパターンがつかめ、一投目で27センチほどのクロゾイ、それから25センチほどのマゾイ、あたりもほぼ1投ごとに来ます。ばらしも結構あって(ファイアーラインにエギングロッドのためあたりは明確だがばらしも多い)

数投目に「Sさんおもーいタモ頼みます!!」少し大げさに叫びゲットしたソイは33センチ。刺身がこれで食えると脳裏によぎりキープ。結局3匹キープしあたりとばらし含めると2ケタに達しました。
05.07.30石狩沖ボー1.JPG
久々に癒されて帰りの午前1時に迎えの船に乗り長い時間であったが終了となりました。次は磯ハッチー狙いたいですね。ひとしさんの礼文華どうだったでしょうかね。
スポンサーサイト



[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/818-51e9d610
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ