FC2ブログ
需要

今年も何とかカラフトマスゲット!

PICT0456.JPG


PICT0419.JPG

PICT0421.JPG
▲仲買の風景(下げせりなんですね。落とすとき「あっ」て言うんですよ。滑稽でした。)

PICT0413.JPG
▲中標津の魚組であがったマスノスケ(キングサーモン)




カラフトマスは稚内からオホーツク越えて太平洋のえりも岬くらいまで釣れるわけだが、やっぱり知床近辺が一番旅行遠征がてら行くには観光も兼ねて楽しいですよね。

今回は仕事で大樹町、厚岸町、標津町と道産品の撮影の立ち会いで行ったので釣りやらない分けにいかんしょ!標津でマ印神内商店のサケが港に運ばれ、買い付けられ工場でイクラのしょう油漬け

になるまで追いました。漁組でマスノスケ(キングサーモン)1本だけ上がってましたよ。小ぶりでしたが。あとはカワガレイ、ガヤ、カスベ、マ・スナ、ボラにタカノハも少々ありましたね。

シイラも上がってました。標津沖で釣りの対象魚で船で釣れるの釣?リングで見たことあります。
標津の取材終わってから羅臼向かいました。現地到着は午後1時前。夕まず目に狙いを絞っていたためゆっくりポイントを探してから廻ることにした。

羅臼市街地を抜けるとカラフトマスが遡上する河川が無数にる。チトライ川から様子を見ていくが跳ねやもじりが見あたらなく少し不安がよぎる。

しかし川をのぞき込むと無数に遡上していたので一安心だ。どの河川の河口海岸もアングラーがぽつぽつで最盛期が過ぎていることがうかがえる。同じく相泊まり漁港近くのオショロッコ川河口海岸でカラフトマスをスプーンでゲットしているアングラー2人組を発見。
PICT0453.JPG
近づいてみると波間に無数にカラフトマスが見える。早速準備に取りかかり断ってから同じポイントに入れてもらうことにした。
まずは18gの赤銀のスプーンで試してみる。

なかなか私にあたりが来ない中、隣のアングラーにはヒットが連続していた。しかし数が見える割りには食いの方は今ひとつのようだ。そこで今度はショットフロートで紅イカを付けて試してみた。

すると数投目でヒット。慎重に扱いすぎて波の中にもまれて岸に上げる直前でばらしてしまった。それでも数投目にまたウキがすーっとしもりフッキング。

今度は少し乱暴に引き寄せ玉砂利の海岸線を後ずさりしながら取り込んだ。がっちりとダブルのフックをくわえた56センチの雄のカラフトマスだった。

あたり続かないので今度は赤と黒の斑点のスプーン18gに
紅イカを付けてキャストしたところまたまたヒット。今度はかなり黒くなった雌のカラフトマス。上げたとたんお腹からいくらが飛び出してくるほど産卵が近づいたものだ。

その後は順調でもないが雄の58センチと小型の雌を追加。なんと岸に上げる直前ばらしが5匹と、状態はよくないものの魚影の濃さはまだまだと言った感じ。

結局午後5時過ぎまで遊び4時間ちょっとでヒット9匹キープ4、ばらし5匹と充分楽しむことができた。来年は今回の反省を生かし、確実に取り込める装備で望みたいものだ。
PICT0465.JPG
▲知床峠に居たキタキツネの兄弟??
PICT0464.JPG
▲同じく知床峠に居たえぞしか。(うじゃうじゃ居ました。)

帰りは睡眠時間が1・2日短かったもので安全を考え羅臼の温泉付き民宿で一泊してから帰ってきました。でも良いね北海道はつくずく思います。
スポンサーサイト



[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/788-253f9772
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ