需要

15時間耐久ヒラメ調査

PICT0489.JPG

PICT0490.JPG

PICT0491.JPG






PICT0504.JPG






今年おそらく最後になるであろう礼文華の沖防波堤渡し。結局tukatukaさんとtukatukaさんのご友人と3人で渡ることとなりました。天気は晴れ。今回は船頭さんの都合で渡る時間が午後の4時から翌朝の6時か、7時までとなった。

釣り好きの我々であるが15時間、しかもまともに寝ないでの釣行である。しかしそこは釣り好き、いや釣りキチの我々迷うことなく沖防波堤に渡った。
まずはテントの準備を後回しにしてヒラメが居るであろう内海側と思ったが、外海側が乗りやすいテトラだったので外海側で試す。リグはテキサスの10gシンカーにパワーホッグ4インチの赤。

沖側に思いっきりキャストしてから手前テトラ側までリフト&フォールで誘う。テトラ際まで来ると明快なあたりがある。根掛かりが怖いので途中速巻で戻すと、大きなアブラコが追ってくるのが見えた。

がぜんやる気モードに突入し丹念に探りはじめると33センチのアブラコが顔を出した。あたりは頻繁にある。すぐにあたりが来て良型アブラコと思いきや日が沈んでないのに25センチほどのマゾイが掛かってきた。
PICT0493.JPG
▲マゾイ結構多かったです。

それからはアブラコは見えなくなりソイのオンパレードとなった。ワームをパワーシャッドの5インチ夜光に変えキャストを繰り返す。釣れるソイは全て30センチ前後とアベレージが大きい。
PICT0494.JPG
明らかに30センチに満たないクロゾイは全てリリースをしていると本日最大の重量感のある引き。自分でタモ入れをしてあげると本日最大の37センチのクロゾイだ。
PICT0497.JPG
▲36センチと思っていたが写真で見ると37センチ


時間にすると午後の7時半前。それぐらいからぱたっとあたりは遠のいたがぽつぽつと来る程度。ポイントを変えたり内海側で試したりとやってみるがそれからは小型のみ。

本日の目的はヒラメ調査だがソイの引きが面白く目的を忘れてソイ釣りにうつつを抜かしてしまった。しかし途中何度も内海側が気になり試すがピンコソイしか掛かってこなかった。途中ガヤも掛かりました。噴火湾に居るんですね。
PICT0503.JPG


それからテントを張って仮眠をとり、夜中と朝方に色々と試すが、夕まず目の入れ食いとまではいかず朝方にアブラコの35センチをキープし、午前7時過ぎには船が迎えに来たので終了とした。

結果、アブラコの33センチと35センチの2匹、マゾイ22センチと25センチの2匹、クロゾイは29センチから37センチをキープ。魚影の濃さを感じさせてくれたポイントであった。

沖から上がりおかっぱりからヒラメ調査をしていたひとしさんと合流をし、少しの間情報交換をし、時間もまだ少し早かったのでひとしさんは再び調査、tukatukaチームは大岸漁港へ。2人ともヒラメ調査に賭ける意気込みを感じさせてくれた。

私は相当疲れていたのでいつもの温泉に直行。帰りがけ源泉100%かけ流しの定山渓温泉の「湯ノ花」で疲れを取ってから家に帰った。
PICT0508.JPG
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/783-d2757585
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ