需要

石狩沖堤まわり流し釣り。

PICT0516.JPG

今日はかねてから天候やら仕事の都合で、のびのびとなっていた石狩沖堤まわりの流し釣りに行って来ました。船はヒラメのイクさんのマイボートです。朝の4時頃には起床。

石狩湾放水路の砂浜に5時頃到着。すでにイクさんが待機してました。途中で思い出したのですが先週買い出しした釣り道具全て家に忘れてきました。ま、しょうがない他のリグでも何とかなるべ。

しばしご無沙汰していたので談笑し風が落ち着くのを待ちます。多少気になる程度らしいので船を出します。当然ながら酔い止めは事前に飲みました。イクさんによればアブラコは腹いっぱいになるぐらい釣れるらしい。さて釣果はいかに。
最初のポイントは早朝限定の中央埠頭、東埠頭側岸壁の際。ここでも明るくなってもアブ、ソイ出るんだとか。最初はエコギアのバグアンツで底を探ります。

こつこつっとショートバイト来ますがフッキングにいたらず。2人とも釣れないので1時間もしないで外海側に行こうと言う話になりました。そして沖防波堤の角を曲がると、うねり、うねり、です。

ちょっと無理なので東防波堤側のテトラが積んである沖堤外側に移動します。そこでイクさんアブ連発です。私はあたりはあるもののなかなか乗りません。

エンジンを止めて釣りをしているとどんどん流されるので流されては移動、流されては移動の繰り返しです。イクさんに「ワーム何使ってるの」と尋ねると「ガルプです」とのこと。

エコギアにこだわりたかったのですが、ガルプに変えたとたん1投目でフッキング。35センチを少し切るアブラコが上がってきました。やはりガルプつよしか。
PICT0518.JPG

PICT0519.JPG

PICT0520.JPG

それからはぽつぽつとアブラコが顔を出し始めるが出るのは綺麗に35センチ前後と大きなサイズが出ません。船に乗る前に「40以下はリリースだ」と宣言しておりましたので40up が出るまでやめられまへん。
PICT0521.JPG
PICT0522.JPG
しかし時間と共にあたりが遠のきます。それからは再度うねりが収まってないものかと外海に移動を試みますがやはりダメ。最も外海側の沖堤の内側やあたりが頻発したテトラの内側に移動するも時間と共にダメで

結局は朝方の7時位までほぼ終了の感じでございました。私は3匹ゲットで、イクさんは7、8匹ゲットしていました。海水温度を測ると19度もございまして、やはり温度の関係でしょうかね。

イクさんによればこんなもんじゃないと言ってました。しかし流し釣りは波や風が無い時にしかできないデリケートな釣りなのでたぶん今シーズンはこれで終わりなんでしょうなー。
PICT0524.JPG
▲まだまだ夏のレジャーシーズンですね。
PICT0525.JPG
そして最後は温泉でんがな。すぐ側の石狩番屋の湯で疲れを癒しました。年々利用客が少なくなってると聞きましたが午前中なのに結構込んでましたね。
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/779-e69291bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ