FC2ブログ
需要

海商でマーケティングの本質を見た。

20051029_1316_0000.jpg
▲2階の水槽にいたクロゾイ

結構、買い物に行ったりするのも好きですが、釣りに行って釣れなかった時なんか帰り際に地元の魚屋に寄ってそこでしか手に入らないものを買ったりします。その中で気に入ってるお店があります。銭函にある「海商」(うみしょう)がそれ。

最近リニューアルオープンしたと言うことで行こう行こうと思いつつ、なかなか行く機会がなかったので昨日家族で家の買い物がてら行って来ました。買い物するには中途半端で価格もそんなに安くもないですが。

何が気に入ってるかと言うと当然ながら新鮮そうな魚介類が豊富なので、魚釣り師の本能とでも言うべきか見てるだけで楽しい。たまにではあるが魚釣りの帰りに買っても帰ります。

しかし一番気にいってるのは、そう「対面販売の刺身売り」。まず買う人の気持ちを楽しませてくれます。販売する人(以前は社長みずからやってましたが昨日は違いました。)が水産加工会社の工場から出てきたような格好と、話し方のテンポ。

そして究極のおまけ販売。昨日は中トロ4,980円の切り身を買うとウニやらイカやらしめさばやら、ヒラメやらが次から次へと「これも付けてやる」「これも付けてやる」とどんどん付けて、その4,980円以上サービスで付けて4,980円でいいというのだと言うからおそれいります。

だいたいのお客さんが「そんなに要らないよと言っていますが」買う人いっぱいいるんですよ。私も以前にS氏と買って2人で分けました。「えーそんなに付くの!?」と考える暇あたえず、そんなに付くなら買っちゃおうと、一気に畳みかけられる感じです。

以前は社長のキャラクターもてつだって、しゃべり方忘れたんですが「史上最後の・・・」これで持って行かなかったら損だ、みたいな口調でつい「ください」と言っちゃうんですよ。
やはりそこの周りだけ人垣ができてしまうんですよね。何がマーケティングの本質かと言うと、なんと言っても楽しんで買ってもらう。それと関連する刺身商材を提案することで、今晩お刺身やら手巻き寿司やら1品では出来ないメニューも提案する。そして何よりお得感を持たせる。

ここなんですよね。安さだけではなく提案と感動。また行こうと思っちゃいます。私はその光景を遠巻きで見てまたやってるよと思いつつほくそ笑んでました。

そして新しくできた2階の食堂でその場で魚介類を買ってバーベキュースタイルで焼いて昼飯を食べて帰ってきました。昼間なんですけど結構ビール飲んで魚やらホタテやらエビやら焼いて食べてる人達がいましたね。
スポンサーサイト



[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/764-31a796ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ