FC2ブログ
需要

ヒラメ狙いのつもりが。。

PICT0650.JPG

PICT0649.JPG

長期予報ではまたまた土曜日は雨模様。札幌で6週連続雨だったとか。これでは週末はまたまた釣りのチャンスを逃すかも知れない。と言うことで2日の深夜から朝まず目まで岩内でまたまたヒラメなんぞ狙うことにした。

夜中の12時頃に札幌を発つ予定が寝坊してしまい結局1時過ぎに出発。東防波堤には2時半過ぎには到着出来た。実釣開始は3時頃。すでに数名のアングラーがところ狭しとロッドを振っている。

私はヒラメに徹するため久々のダウンショットリグにガルプ4インチミノーを付けて先端テトラのある内海側へキャスト。シェイク、シェイクで誘う。しかし東防波堤は根掛かりが激しい。

2キャスト2ロストでシンカーをなくしてしまった。やりきれないのですぐにテキサスリグにチェンジ。底近くで探っているとショートバイト。ロッドがエギングロッドでラインもファイヤーラインなので食い込みはすこぶる悪い。

内側、外側、先端と試しそれでも20数センチのを数匹ゲット(リリース)できた。それでも今日はかなり渋そうだ。底はテキサスでも根掛かりが激しいので途中ジグヘッド11gにソイ釣りの定番エコギアのグラスミノーLミッドナイトグローで浮かせながらスイミングで試したところずしっと重みが加わり32センチの良型クロゾイがゲットできた。

しかし狙いはヒラメなので明るくなってきてからも粘っていたが、やはり明るくなると出ました例のやつが。ワームぼろぼろにされます。途中、ソイ狙いであろう他のアングラーに声をかけられ様子を聞くと今日はあまり大きいのが出ないのだとか。いつもなら36から37センチはコンスタントにでるらしい。

ここは巨ゾイポイントらしいです。どうりで根掛かりが多い。それから途中で連絡を取り合っていたTさんが磯アブ狙いに行くと言うのでヒラメをあきらめそちらに合流する事にした。
7時過ぎに島武意海岸展望台駐車場で待ち合わせいざ積丹岬磯場へ。現在草木がだいぶ枯れ果て入りやすくはなってるものの入り口はわかりにくい。誰が付けたか分からないがピンクのリボンが2つ付いてるのが目印になる。
PICT0651.JPG

PICT0653.JPG
崖の下りも年々道が崩れており少し危険な個所も数カ所ある。汗だくになりながら最初のポイント二万保のワンド状になっているところで試す。波も穏やか、風もほとんど無しでなかなか楽しめそうな気配である。

ガルプの7インチミノーをテキサスリグに付けてキャスト。ロッドは食い込みを考え柔らかめをチョイスしておいた。あたりはこつこつあるもののどうも乗り切らない。しかしながら投げる方向でそれぞれあたりが来るので結構楽しい。リールを何度も速巻きすると追っかけが見える。

それでも何とかここのポイントで30センチクラスを1匹ゲット。小型も少々釣れるがあたりが続かなくなり隣のカカヤ泊の出岬まで一気に移動。大きな岩山を登り降りしながら先端部に到着。ここはこの辺のポイントでは一番深い。
PICT0657.JPG

PICT0656.JPG
▲釣り上げたアブラコを移したがうまく撮れない

PICT0661.JPG
▲途中落ちていた韓国のものと思われるペットボトル

アブラコではセオリーの足下に垂らしてみる。すぐに37センチが食ってきた。同じ場所で小型が2匹ほど追加。帰りの道のりを考え全てリリース。もしや沖ではヒラメの好ポイントなので釣れるかも知れないと思い遠投で試すがやはり出ませんでした。あたりも遠のき次なるポイントへ移動。

カカヤ泊のもう一つの出岬が行けそうだったので行ってみることに。行けるところの先端で沖目に向かってキャスト開始。30センチクラスが2匹ほど続いた。数投の後、本日最大の引きを見せて上がってきたのはお腹がぷっくりふくれた雌の41センチのアブラコ。
PICT0662.JPG

PICT0667.JPG
▲Tさん奮闘中

上げたとたんお腹から卵がぽろぽろこぼれてきた。すぐに優しくリリースをした。そこでは計4匹ほどゲット。11時も廻り先端に行くのはやめて戻りながら釣ることにした。途中ポン二万保のゴロタ浜でもしやと思いTさんに聞いてみると向かう途中であたりがあったというので試してみることに。

2投目でフッキング。42センチの良型であった。産卵の岸よりだと驚くほど浅瀬にもこのクラスが居る。この1匹はキープをし、最初のポイントで最後にやることにした。すると途中から投げ釣りのお方ひとり見えられた。
PICT0669.JPG

PICT0668.JPG
25、6年この磯に通ってるんだとか。ここはアブラコポイントらしく40センチクラスは平均で47から48センチは結構出るらしい。今までの最高は52センチでこれだけか通ってても50オーバー釣ったのは3匹しかないと言っておりました。

そこでまた1匹を追加し午後1時前には終了とした。結果小型から42センチを10匹ほどと疲れる釣りではあるが楽しむことが出来た。札幌に向かう途中、今日は温泉に入らないで帰ろうと思っていたが、汗だくだったため余市の「はまなす温泉」に寄って帰ることに。
PICT0673.JPG
ナトリウム泉で源泉36度。休憩室から眺める砂浜は何かヒラメでも居そうな砂浜であった。誰かに聞いたが小さいのであればそこの砂浜で釣れた事があるらしい。帰って持ち帰った1匹をさばいてみると胃袋からカニ、イカの足、他の魚の卵が出てきた。今後のベイトの参考になるかもしれない。
スポンサーサイト



[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/760-e6694275
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ