需要

磯でヒラメ狙い!


▲夕日を背にしんこさん・・・。この写真気に入ってます。

今週こそは噴火湾あたりでヒラメを狙おうかと考えていましたが、
磯で思わぬ発見もあり、魚種も豊富に釣れるし、

もしかしたら砂地があればヒラメも釣れるかも知れないし、
どうせならヒラメがダメでも色んな魚種が豊富な磯に気持ちは傾いておりました。

磯以外でヒラメを狙おうと思うとヒラメしか釣れないので
釣れないときのモチベーション維持が大変なんですよね。

と言う事で、実は先週の帰りにy旦那氏とは
「もう一回磯行きたいね」などと話していた事もあり、

早々と打診を済ませて沼前岬に行く計画を立てておりました。

沼前岬と言えばカレイ釣りのメッカ。
カレイが釣れると言う事はイコール砂地でございます。

ヒラメが釣れる可能性も高いわけです。
ただ、ヒラメを狙って釣れたという話はほとんど聞いたことが無く

近くの釣り場でカレイ釣りの外道で釣れたとか、
ショァブリ狙いのジグに大型が掛ったとか、

実際、弁慶岬で今年は数枚ヒラメも釣れてるし、
釣れてもおかしくないと考えていたわけです。

ジグでヒラメを狙いつつ、ヒラメがダメでもソイやガヤ、
アブラコも釣れるし、かなり楽しめるだろうと思います。

また、沼前岬のこの時期のポテンシャルも西の河原と
比較する意味でも試してみたかったと言うのもありました。


夕マズ目の夕方5時過ぎには岬基部駐車スペースに到着です。

ヒラメ狙うならなんと言っても夕方です。また先週の磯でも
夕マズ目にあたりも頻発したので、夕マズ目は外したくなかったところです。

また、しんこさんから突然電話もあり、ツイッターで磯に行くと
つぶやいてたのを発見されて、一緒に行きたいということで

3人で岬先端目指します。



6キロ痩せたと言う事で、かなりほっそりした印象のしんこさん
でしたが、さすが磯歩きはきつそうでしたね(笑)







途中、なんか風に乗って肥料臭いな?なんて話してたら、
y旦那氏が以前、同じような経験をしてて、その時はトドの死骸が

あって、死臭だったそうで、案の定都トドの死骸です(汗)

崖の上り下り、ゴロタ浜歩き、大きな平盤歩きながら、神威岬側の
ポイント目指します。

沼前岬久々に行きましたが、海岸がかなり汚いですね。
波で流れ着いたようなものから、釣り人の残したゴミも多数





散在してます。ジャンバーまで捨ててある始末ですから。

ゆっくり30分ほどかけて岬先端到着です。


▲十坊岬です。



波風、弱い予報でしたが、沖に突き出た岬はうねりが
はやり強いですね。

風向きも悪かったですが、白波が立つほどのうねりです。



幸い足場も高いので、波はかぶりませんが
これじゃ魚、岸際にいないんじゃないだろうかって感じです。

ただ、狙いはヒラメですから、ジグで遠投する分には問題無さそうです。

カレイ場とはいえ、バラ根は存在しますので
無くなってもいい順のジグからキャストします(笑)

そこでなんと行く途中、余市のラッキーで売っていた
マリアのシーフラワー30gがな698円を最初に投げます(笑)

それでも意外に根掛りもなく、ロスト回避できそうです。



ただ、あたりもありません・・・。

広い平盤ながらポイントも限られ、動く範囲も狭いです。
探れる範囲が狭いと言う事になります。

あまりにもあたりがないので
Gパルス中心にワームに浮気して足元探りまが、あたりはあるものの

乗らんのですね。するとy旦那氏、超小型のホッケかけました(笑)



ホッケか小アブか、ギスカジカあたりなんでしょうね。

そうこうしてるとゴールデンタイムの日暮れ時です。

ワームを振っても、ジグを振ってもあたりまったくございません。
夕マズ目にあたりないときついものありますね・・・。

業を煮やしたy旦那氏は反対側に行きますとの事。
確かにこのうねりと向かい風では暗くなっても厳しいかもですね。

そこですぐさましんこさんと同じように反対側向かいます。

時間も8時は回ってましたね。いい時間ロストしちゃいました。

反対側は浅く、根も荒いのが航空写真や実釣でも分ってたのですが、
この際、ロスト覚悟で広範囲に探れる8号シンカーで回遊ゾイ狙います。

やはりすぐに根掛りロストしました。

辺りも真っ暗になり、シンカーを5号まで落としたところで
待望のヒットです。しかも結構な重量感です。

他の二人ともヒットが無かったので、大声を上げて「来たどー!」
と叫んで、景気付けの意味も含めてアピールします。




▲ノースキャスト用

あがってきたのはクロゾイの37センチでございます。

まだ、居ますね。このサイズ。y旦那氏も言ってましたが、
このあたりの磯で投げで夜釣りすると大型のクロゾイや

シマゾイがよく出ると言いますが、時期的には微妙なところです。

それでも出ましたから、やはり出岬先端、潮の流れが速いところでは
大型がでますね。

するとすぐにしんこさんが隣でロッド大きくしならせてます。
かなり大型の魚がヒットしたようすです。

キャップライトで照らして回収補助してると
なんとロケットアブラコのスレ掛りでございます(笑)



通りで大きくロッドしなってたわけですね。40センチほどあります。

そして私にもアブラコの35センチほど。
しかし先週といい、暗くなってからアブラコ釣れますね。



今回、秘密兵器で使ってみたのが「岩頭(ガンヘッド)」です。
札幌で扱ってる釣具店少なく、ノースキャストさんで購入したもの。

しかも5/8オンスしか在庫ございませんでした。


▲左の二つが岩頭。フック上向けて自立するのが画期的か?

うたい文句がスイミングに対応するジグヘッドだそうですが、
この形状はまさしく海底で自立し、根掛り回避する形状です。

そしてこの日アブラコ釣った後、磯場で使いましたが
根掛りしにくかったのは言うまでもありません。

最後に岩頭でアクアパッツァサイズのマゾイ釣れちゃいました。



沼前岬は沖に向かって右側は深く砂地=カレイ場=おそらくヒラメ場
ですが、左側は岩盤が張り出し、根魚場=ロックフィッシュ場です。

風とうねりで左側に逃げましたが、ロックフィッシュだけで
左側に入るのもありかもしれませんね。

y旦那氏と同意見ですが、明らかに西の河原の方が魚影濃いです。
「やっぱり西の河原イキテ」私も同意見です(笑)

あ?ヒラメどうしよう?(笑)
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/75-228c4e4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ