需要

北海道におけるヒラメについての考察

ヒラメ&マゴチ.JPG

写真は桃園書房から出版されている「ヒラメ&マゴチ達人たちの極意」なる雑誌です。たまに会社帰りに大手書店によってスポーツコーナーの釣りに関する雑誌があるところで平積みでなく、横に立て掛けてあって、背表紙しか見えない雑誌から探したものです。

当然、北海道のヒラメに関する釣り場情報など載ってるわけでないのですが、生態を知ることは魚を知ることのなるので、この手の雑誌は迷わず買っちゃいます。

もちろん桃園書房の回し者で無いことは確かです。(笑)そこにヒラメは磯場が大好きなる記事があるのですよ。積丹あたりで特に笠泊あたりの沖でダイバーが潜って見ると結構な大きさのヒラメが見えるそうなんですね。

その距離はもしかしたら投げ釣りで狙える距離かも知れないと言っておりました。この分野は未開拓ですが、もしや北海道、磯のヒラメゲームもあるのかなと思いますね。

来シーズンはひとし隊長と「釣?りんぐ」で船ですが釣れていた小幌海岸も行けそうなので今から楽しみにしてます。積丹あたりや留萌、遠別あたりの磯も可能性としては大ですよね。きっと。
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/749-0a0a0c66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ