FC2ブログ
需要

ホッケ狙ってきましたぁ。が。

PICT0792.JPG

一つ積んでは父のため、二つ積んでは母のため、三つ積んでは・・・

今回は抱卵ボッケを狙うべく神恵内村の西の河原に行って来た。26日午後1時頃に西の河原駐車場着いた。実は12頃に着いたのだが、あまりの時化模様のため安全な漁港で釣れないかと、隣の盃漁港や珊内漁港、

と回ってみたものの盃は、皆同じ事を考えたのか磯では釣りにならないため、釣り人でごった返していた。珊内漁港は外防があの高さなのに、波がかぶり内防に一組釣り人のみ。結局、磯でもいつものポイントは高さもあり、

時化ててもコマセ撒けばホッケ寄ってくるべと言うことになり荒れる磯場を歩き始めた。
西の河原.jpg

PICT0788.JPG

PICT0789.JPG
釣りはじめたのは午後2時近くになっていた。持ってきたコマセを早速撒きはじめるが沖からの風と岩から砕け散る波しぶきでちょっと不安になる。しかしせっかく来たのだからS氏は投げ釣り、

私はワームでやってみる。コマセを撒く、休憩する。ワームで流す。を繰り返す。コマセの量は過去最大の量を持参してきた。盃漁港や珊内漁港でもぽつぽつ釣れていたのでホッケが居れさえすれば寄るはずだ。

波の高さが3m後1mであったがいっこうに収まる気配がない。そこでコマセ撒きをS氏に頼み、西の河原の反対側で磯アブでも狙ってみることにした。さいわい反対側は湾状になっていて、波が死んでいる。
PICT0793.JPG

PICT0791.JPG
しかしながら変化の無い磯で岩の形状的にも攻めにくそうな感じだ。地蔵堂の前を通りすぎまずは十坊岬の裏側でいきなりガルプで試す。波は無いのだが、小さなあたりが数度あったのみで乗り切らない。ガヤか小型のアブだろうか。。

1時間ほど際や遠投で試すもヒット無し。ホッケも気になるので最初のポイントに戻る。途中難破船があったのだが2?3年前は形状がはっきりしていたものの今はほとんど形状が分からなくなっていた。
PICT0797.JPG

PICT0800.JPG

PICT0799.JPG
しかしどこの磯もそうだがゴミの漂着物が非常に多い。特に漁業関係のものと思われるが網やらカゴやら漁具が多かった。なかにはやはり韓国からの漂着物も多く今回はこんな大きなオイルカンも流れ着いていた。

元の場所に戻るとS氏は意気消沈気味。つ、つれてない。。コマセも三分の一程に減っている。今日はダメか?不安がよぎる。残りのコマセをせっせと撒き、ワームを振り続けるが、

とうとうコマセを撒ききっても寄ってこなかった。ここの磯は人もまず居ないし、過去は2時間撒いてやっと来たときや、早くて30分ほどで来るときもあり、タイミングさへ間違わなければ確実に寄っていたポイントである。

S氏も竿を畳んでいるし、こうゆう日もあるさと諦め帰ることに。4時頃には終了となった。夜釣りでソイでもやっていきたかったのだが、駐車場についてみるとS氏の車がパンクしていた。

タイヤ交換を済ませるものの夏タイヤのため夜中に帰るのは危険と判断。途中wyvernさんやtukatukaさんから大物ゲットの嫌がらせ写真付きメールが届き、気持ちは夜釣りで盛り上がっていたのだが、

いかんせん事情も事情。さらにヒラメの○クさんから古平でソイやります!との電話があり、○クさんに同乗を企んだが今晩はカミサンの実家に泊まるらしく、あきらめるしかなかった。

しかも温泉無しのダブルパンチ。帰りに余市の柿崎商店でかろうじて去年の食べた、たつのかまぼこの初物があったので、青つぶといっしょに買って帰ることにした。唯一の収穫だった。来週こそリベンジしよう!久々完全丸ボーズであった。
PICT0803.JPG
スポンサーサイト



[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/746-be203462
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ