需要

一応、コマイリベンジ成功!

PICT0909.JPG

PICT0912.JPG







7日コマイを狙って遠別漁港へ向かった。現地到着は午後3時。全道的に大雪警報が出ている中、時折晴れ間ものぞき釣りには支障はなかった。

実は昨年の24日に釣行していたがタイミングが合わず空振り。今回は準備も整え満を持して望み大漁とまで行かなかったがそこそこ楽しむことが出来た。
南防波堤には先客が7?8名ほど。あいさつを交わし釣果を尋ねるがあまり良い様子はうかがえない。

この漁港は日中でも釣果が上がるコマイ狙いには有望はポイント。先端が幸い空いていたので釣り座を構えた。
PICT0918.JPG
投げ竿2本にオリジナルの胴突き仕掛け3本バリ、塩イソメをエサに内海側にチョイ投げであたりをまった。すると同行S氏に30センチクラスがすぐに掛かってきた。

私の方もまもなく30センチジャストが掛かる。まだお腹がぷっくりしており抱卵前の魚体であることが伺える。しかしながらペースは20?30分に1匹程度。

途中地元の方と思われる釣り人と話をしたが、ここは日によって釣果もまちまちとのこと。ポイントも先端が良いときもあれば最初の曲がり角付近や、中間付近の高くなっているところが良いときなど様々らしい。
PICT0921.JPG
数も短時間で60匹釣る日もあれば10匹程度で終わるときもあるとのこと。そのうち日も暮れ私の釣果は5匹。S氏は3匹。ぎょぎょライトを付け夜釣りの準備を始めたが日が沈むと私の竿には一向に音さたがなくなってしまった。

ところがS氏は次から次へと釣果を延ばしていた。イソメの生エサに加えてチョイ投げでやっているとの事だった。

そこで投げる距離を極端にチョイ投げに変えたところまた元のペースで釣れだした。結果帰りの時間も考え午後8時には納竿。
PICT0927.JPG
私は28から31センチが10匹。手のひらと22センチのカワガレイが2匹。S氏は26から37センチが13匹であった。

今後は産卵後の荒食いの時期に入りさらに数釣りが楽しめるシーズンとなる。
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/730-d873eeff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ