FC2ブログ
需要

新たなロックフィッシュのターゲット




22日、先週のリベンジで島武意海岸のタケノコ岩周辺でまた狙って見ることにした。

今回はビデオファイルもアップしたので釣り場ガイドとして参考にしてみてください。現地に着いたのは午後4時半ぐらい。昨日はは先週にくらべて波が結構ありました。

おまけに北西風が強くて釣りにくい。タケノコ岩の近くまで行って渡りの岩を見てみるとうねりのせいで渡るのは無理っぽい。仕方ないので奥の岩場まで行くことにした。


△釣った岩場です。

大きな岩を登ったり、降りたり、崖を渡ったりと以前行ったことはあったがこんなにきつかったかなと言う感じであった。まずは4号オリジナルナス型シンカーにパルスワームのテキサスリグで風を追い風に利用してキャストし、

海岸を広く探る。途中もそうであったが海の色がまるで全体に雪しろが入ったような色であった。これでは何となく釣れる気がしない。それでも諦めずにポイントを少しずつ変えながらキャストを繰り返した。

この辺の海岸は割りと根掛かりが少なくて釣りやすい。すると足下まで引いてきたリグにコツコツっとあたりが。フッキングに至らなかったため再度同じ場所をトレース。すると「のった!」軽いので小さなアブラコだろうなと思っていると、何とクロガシラ。


25センチほどだがまさかワームにしかも1/0のフックに掛かってきた。驚きである。昔友人のTさんと余市河口漁港でTさんがグラスミノーにクロガシラを掛けたのを目撃したが、

まさかこのリグに掛かるとは思いもよらなんだ。クロガシラも生息場所もアブラコと同じなので、この際ロックフィッシュと言っても良いかも知れない。今後はワームのクロガシラ釣りも視野に入れていこう。

△クロガシラが出た波間です。

それからキャストを繰り返すと、ずっしんと衝撃的なあたりが。「でかいぞ!」と思い、弓なりのロッドを必至で巻き上げた。ゆるめのドラグのせいもあるがジージーラインが出る。近くまで寄せると顔が出てきた。「アブだ!」「でかい!」岩の下まで降りていき無事ネットイン。


すごく太ったアブラコの46センチ程であった。帰ってから裁いたのだが胃袋からカジカの小さいのと何かの卵、カニがびっしりと出てきた。そのうちうす暗くなってきたので真っ暗だと危険と判断し、

wyvernさんが居る入舸漁港で小ソイと戯れ終了とした。ホントはもう少しやりたかったがなにぶん仕事の疲れと磯歩きの疲れが重なってモチベーションもぐっとさがりwyvernさん共々午後8時半過ぎには帰りました。ふぅー疲れた釣行であった。


△小ソイの2連発です。


△小ソイの2連発です。
スポンサーサイト



[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/694-2620d2a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ