需要

いつまで釣れる?小樽のマイワシ。



マイワシフィーバーに沸く小樽港ですが、
先日、いつも髪を切ってもらっている、理容師さんが

小樽にマイワシが来たのが十数年ぶりなんですって!
なんて話を聞き、 そういえば小樽でマイワシが釣れたと言う話、

記憶を遡っても思い浮かばないんですね。

回遊系の魚の中でも特に脂がのってるので
マイワシは特に好きなのですが、苫小牧の火力発電所前なら

いざ知らず、小樽でこんなに釣れるのは何か原因があるかも!
ってところでちょっと気になり「新 北のさかなたち」
(北海道新聞社発行)

で、マイワシの生態を調べてみました。

すると、資源水準的に少ない時は、九州や四国、本州の沿岸域に
分布してるそうで、寒い北海道ではあまり分布してないようです。

北海道では津軽海峡や渡島半島東側でわずかにとれる程度だそうです。

そうすると苫小牧火力発電所前はあたたかい排水がでてるので
納得しますが、海水温度上昇が微妙に影響してるんですかね。

昨日は小樽の潮祭りだったのですが、夕方の小一時間程度なら
大丈夫だろうと思い、息子に魚釣りを覚えさせたいと言うか、

触れさせたいと言うか、遊ばせたくてと言うのは口実で(笑)

マイワシ釣りたく、いや、喰いたく、
小樽にマイワシ釣りに行ってきました。
祭りの関係で小樽港の第三埠頭周辺は交通規制が入っていたので
帰りの事を考え、南防波堤のすぐ横の岸壁(なんて言うか分らない)

で釣ろうかと考え様子を見てみると、
ちょうど角周辺だけは釣れていましたが、

そんなに入れ食いといった感じではございません。

釣り人も少なくあずましそうでしたが、竿出さず移動します。
ただ、数名の釣り人にサヨリが釣れてましたね。

そして次に小樽港では一番小奇麗な港町埠頭へ。

こちらも釣り人まばらでしたが、パッとした感じじゃなかったので、
今度は一気に厩町岸壁まで移動してみます。

釣りに来たので釣れなきゃしょうがないですからね。

すると釣り人ビッシリです。入る隙間がないぐらいです。
ただ忙しそうに竿を上げてる釣り人も少ないんですね。

そこで、小樽港では穴場的な岸壁の北浜岸壁へ。
ホーマックの右側の岸壁ですね。名前違うかもしれませんが。

こちらは、釣り人少ないですが、やはり忙しそうな釣り人居ません。

一瞬、子供を遊ばせるにも、釣り人少ない方があずましいし、
いいかなと思ったのですが、やはり釣れないと面白くないしね。

で、ゲートの中をくぐって、色内埠頭の左側の岸壁行くと
こちらも釣り人ビッシリでございます。

入る隙間ありませぬ。しかも色内埠頭の先端近くまで
子連れファミリーフィッシングの人たちでビッシリ。

でも、釣れてる様子無いんですね。

あ?今日は釣れないのかな?、短時間じゃやっぱ厳しいのかな?
などと考え、色内埠頭先端側まで車移動します。

すると、なんとサビキ釣りではゴールデンスペシャル爆釣ポイントの
先端右角が一人分ぐらい空いてるではないですか!

少し様子見ると正面側でポツポツ上げてる様子見えたので、すかさず
竿をセットしました。

磯竿の4m(海上釣堀)に蓄光スキンサビキ7号にナス型おもり7号
をとりあえずセット。

ちょうど停泊してある船のロープに立てかけ、
自動シャクリ状態にします(笑)

そして試したかったのが、
小型のジグヘッドにエコギアグラスミノーSSを付けて喰うかどうか。

結果的に言うと上げられませんでしたが、
反応もあって面白いです。ただ手換えしめっちゃ悪いです(笑)

するとまもなく群れが来たようでばたばた釣れ始めます。

下手するとハリ数掛るのですが、抜き上げる途中で
半分ぐらいばれちゃうんですね。

途中、息子にも竿持たすのですが、うまく上げられないので
地面に置いたマイワシをバケツに入れる係りとコマセ係り担当させます(笑)





30分ほど入れ食い状態でしたが、コマセ撒くと群がってくるのが
見えるんですね。相当な数居るんでしょうね。

コマセ撒きすぎもあまり良くない感じです。

やはり回遊してますから、回遊しなくなるとパタッと釣れません。

数えると30匹ほど釣れたので充分満足です。



息子もその内、飽きて帰ろうと言うので
1時間も経たず終了でございます。

いったい小樽のマイワシいつまで釣れるんでしょうね。
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/67-1c5c5ecb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ