FC2ブログ
需要

苫小牧流し釣り、大物出たか?





参加メンバーのほとんどが流し釣り初体験と言うことで勝手も分からず、船酔いやら心配していましたが幸いにも天候には恵まれ、皆さんそのうち要領もつかんで船酔いもなく楽しめたのかなと思います。

それぞれが早めに到着し準備を整え午後4時過ぎには出航となりました。本日は外海側がうねりがあるとのことで内海のみと船頭から申し伝えがあり、明るい内は外防波堤の基部側でアブラコ狙いです。
まずは日中のアブラコに実績があるパルスワームクリアゴールドで根掛かり回避で2号ナツメ3連結で試します。内側と言うこともあり思ったより揺れも少なく根掛かりもそんなに気になりません。

防波堤の際を丹念に探りますがなかなか魚が現れません。船首側で試してましたが船尾側も同じような感じでしょうか。

2時間も経たない内に船頭から移動との声が掛かります。今日はいったいどうなるのだろうと考えながら移動します。

ポイントは一番沖の離れ左側から流れに任せて右に向かって流し釣りです。ワームも日本海では結構実績があるガルプタートルバックワーム7インチやら

ガルプスイミングミノー4インチで底を確実に意識しながら探ります。すると「ここっ」と何度もあたりがあるのですが乗ってくれません。

キャスト→着底→そのままだと船の流れで浮いてくるのでラインを送り込み底に着いたら浮かせてリグを落下させ、リフト&フォールでやっていると

2度ほど大きなあたりがあったものの2度ともライン切れです。ラインが毛羽立っていたので傷んでいたと思われます。日頃のメンテ不足を反省しつつ予備のリールに取り替えました。

するとS氏に待望のあたりが。結構小ぶりなアブラコでしたがまずは魚が見れて一安心です。


そうこうしていると今度は船を固定してソイ狙いのポイントに移動するとの事。ポイントは離れの一番右側です。

ここは潮の流れも強く大物が潜んでそうなムードが漂ってます。船頭によると真下は10m水深で10m程内側で14m程深くなっておりその駆け上がりに

良型ソイが着くとのこと。まだアブラコも釣れるかも知れないのでガルプミノー4インチのまま狙います。日も暮れかかるとあたりも頻発になりますが

ほとんど小型のソイでしょう。私にも小型のソイがようやく乗りました。周りが暗くなり本格的にソイ狙いタイム突入です。


ワームをパワーシャッドの蛍光カラーに変えてキャスト、キャストです。船尾の様子が気になり見てみるとかにぬーさんがコンスタントに上げているようです。

船尾が外海側に固定されていたのでちょっとおじゃまさせて頂き試すことに。潮の流れも強く大物の気配がします。

すると横側にいたROKUさんのロッドがかなりしなってます。船から顔を出し寄ってきた魚を見ると「デカアブだ」。

tukatukaさんがタモ入れをし、上げて計ると太平洋の太った52センチのアブラコでした。ROKUさんとても嬉しそうです。

ソイの方はと言うとぽつぽつ程度で皆さんにもヒットしてます。型は小さめが多いすね。何度かキャストし底を取って気持ちは底近くをスイミングさせるように引いてると。

どすんと大きいあたりがきました。tukatukaさんにタモ入れしてもらい上げて計ると35センチ本日最大です!





その後もマゾイやら小型のソイやら追加するも、あたりが遠のいてきたので最後にまた最初のポイント近くに移動です。

そこでは小型を少々追加し久々のドンコも掛けながら9時半には終了でした。船頭によると海水温度も高くぜんぜんダメとの事。




離れのソイポイントはいつも結構上がるとのことでした。このままだと9月下旬じゃないと本格的には釣れないだろうと合わせて言っておりました。

しかし数も少ないながらに割りと釣れたのでまあまあ楽しめたかなと。いつか良いシーズンにまた出来るといいですね。

皆様お疲れさまでした。帰ってから1匹のみキープした35センチソイを酒のつまみに刺身で頂き就寝しました。

スポンサーサイト



[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/648-25a1d2af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ