需要

居たぞ!本命。












春のカレイ釣りから気になっていていつか狙ってみようと思っていた神恵内村のアキアジ場。砂地が非常に近くほとんど根掛かりがなし。きっとヒラメも釣れるのではないかと考えていた。カラフトマスは今年は薄そうだし、

遠征するとまるまる2日間つぶれるので、カラフト行くなら3連休ないと辛いところです。そこでいっちょヒラメ狙いで行ったろかいと言うことで行くことに決めました。そこでちょっと不安が。
夜釣りで狙おうと思っていたのですが一人だとあの真っ暗な磯が、こ・わ・い・・・。幸いエントリーを見てくれていたmutuさんとひらきんさんが同行してくれることとなりホッとする。

西の河原の駐車場でmutuさんとひらきんさんを待っていると十坊岬方面からウェットスーツ姿の女性2人が歩いて来たではないですか。するといきなり着替えをはじめました。

水着姿で体を洗い始めています。釣り談義に花を咲かせつつ、目はそっちを見ながらもお互いそのことは口にしません。

印象的だったのは、その女性2人組がすっかり着替えも終わり帰り際に「何を釣るんですか?」と尋ねてきたときにmutuさんが満面の笑みで少しフリーズしてしまったようでした。

かわいーmutuさん。(失礼いたしました。不適切な場合は後で削除します)ってぜんぜん釣りの話題に移らないのでここらで話を戻すと、そのうちひらきんさんも登場です。

さっそくがしがしと切り立った岩肌を歩いていきます。時間にして20?30分もあれば行き止まりに到着する感じです。


















ただ落石の後があるので要注意の箇所が少しあります。先端に到着後それぞれ思い思いの釣りスタイルで始めます。私はこのときとばかりに用意してあったメタルジグやジグミノーにダイワシーホーク10ftで遠投かけます。

探っては移動探っては移動の繰り返しです。明るい内は予想されていたもののカレイ場と見えてアブラコくらい出るかなと思っていたのですがまったくあたりすら皆無でございました。

うす暗くなってから私もワーム釣りにチェンジし際や溝を探っていると、ひらきんさんが「なんか来た!」このパターン礼文華の磯でも同じでした。

続いて「平ものだ!」「なんだろー!」mutuさんと近寄り確認すると、ちょー小ぶりではありますが、正真正銘のヒラメでございました。なんだーヒラメいるじゃんかよー。



そこでまたジグミノーに変えて遠投をかけているとハリにまん丸いピンポン玉のような物体が付いています。「フグだー!」mutuさんもワームがぼろぼろにされると言っていたので、



その犯人を引っかけ来てしまったようでございました。完全に暗くなってからはあたりも出てきて小ゾイ君がぼちぼち程度で、潮も流れてないしなんか釣れる感じがしません。





対岸側でものすごい雷がバシバシ光っていました。幸い積丹方面は星も見えていたので天候が崩れる心配はありませんでしたがちょっと怖かったですね。

mutuさんがこの後、いわぴょんさんやhojoさんと待ち合わせをしていたこともあり午後8時過ぎには終了でございました。ヒラメが出たポイントは確認できたし、

ソイも同じところで溜まっていたので秋も深まれば良いの出るかも知れませんね。その後私とひらきんさんと珊内漁港の磯と岩内港の旧フェリー埠頭でソイやらヒラメやら狙って帰ったのですがノーフィッシュでございました。

しかし岩内港の旧フェリー埠頭も最近よく釣り新聞に60数センチヒラメ上がる、なんて情報出てるのでいつか釣ってやりたいですね。

ひらきんさんも同じように旧フェリー埠頭だけヒラメ出したことないようです。本当は温泉入って帰ろうと思っていたのですがすっかり遅くなったので温泉なしです。あー温泉も行きたいなぁー。
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/646-7880ead2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ