FC2ブログ
需要

とっても長い一日


今週こそはと意気込んで金曜日は午後から休みを取りました。午後からと言っても午後2時に会社を出て家について準備して出かけても出発3時半くらいになってしまいます。最近こそ日暮れもすごく早くなっているので日暮れ前に着いて日没直前を狙いたいところです。

午後3時半自宅出発。

結構飛ばしましたが札幌から岩内までだと日中ならやはり2時間は堅い。5時半過ぎに到着。辺りは薄暗くなり始めてます。よし、ヒラメはこれぐらいの時間がバッチシだ。東防波堤先端を目指す足取りは軽い。

午後6時前に実釣開始。
まもなくひらきんさんから連絡が入りこれから向かいますとのこと。まずは明るかったのでフグを警戒しトビスの25gで試します。これが結構飛びます。

防波堤先端周辺をくまなく流してからあたりがなかったので今度は先日来から使っているジェットテンビン10号にパルスワームで同じように流そうとすると痛恨の根掛かり。

道具を整理していたら出てきたジェットテンビン2個。ついにここで無くなってしまいました。

午後7時経過。

ゴールデンタイムが過ぎ暗くなってからはテキサスリグにパワーホッグやら試します。すると小ゾイがヒット。


あたりはあるのですが何せ渋い状況が続きます。そして東防波堤は根掛かりするんですよね。すると灯りが近づいてきて、ひらきんさんと思いきや2人組のアングラーさんが先端入りました。

私はこれではあかんと思い漁業埠頭へ移動します。ひらきんさんに移動するむね伝え移動しました。

午後8時半過ぎ。

ひらきんさんも先にやっていた模様でした。途中takaさんも来ていました。そうだここでは圧倒的にダウンショットの確率が高かった。

ダウンショットに変えてシェイク、シェイクです。右から左から流します。で、出ません。しげさんとmutuさんも合流です。突堤に移動してやっていると小ゾイ2匹が釣れました。

午後10時過ぎ

完全にやる気モードが抜けてロッドを置いて車で一休み。うとうとしていると、ひらきん号としげ号の移動する音が聞こえました。

あ、置いてけぼり食らった。少ししてひらきんさんから第1埠頭にいますと連絡はもらったのですが、ひらきんさんから先日ヒラメを釣ったポイントを教えてもらっていたのでそこに行って見るも、

横風が強くて少しで断念。風を背に出来るフェリー埠頭が気になり行くことに。さすが金曜の夜だけあってあまり車がないです。

0時を回る。

左から右へ流して右から左へ流す途中で小さなあたり。またまた小ゾイです。このころからかなり眠気が差してきたので車で寝る事にしました。ひらきんさんに連絡すると同じように小ゾイのみとのことでした。


4時頃起床

起床と言っても完全には眠れてません。mutuさんに連絡とると「ムフフ」なる回答が。気にはなったが、夜明けの野塚海岸に間に合わなくなるので向かうことに。

5時過ぎ到着。11時間経過。

メールでひらきんさんが2匹ゲットしたことを知りました。残っていれば良かったかとも思いましたが初志貫徹でサーフを流すことにしました。

まずは先日通販で購入した「ヒラメバカ」をとりゃーと投げます。しかしショアラインシャイナーと飛距離はそう変わりませんね。駐車場前を左から流します。

6時過ぎ。

ここにこだわっていたのは確か2年前の○ロショップ○口のHPで野塚海岸76センチのヒラメが10月17日に上がったのを覚えていたので、いつか狙ってやろう思ってました。

しかしこの浜完全に砂地でございます。以前海水浴で来たときに泳いで海底の状況を確認していたのですが、途中バラ根もありました。そして右側の大岩の間からは急に深くなってます。

7時過ぎ。13時間経過。


途中の岩場まで歩いて大岩横を狙いましたがすぐに根掛かりです。とにかく今回の釣行ではリグをロストしています。

帰りにショアラインシャイナーで流して帰るもあたりなしです。こうなったらサケでもやって帰るべし。

と思いつつ積丹川の橋の上から眺めるもサケこそかなりの数が遡上していましたが釣れてる気配はありません。


そこで思案のあげくmutuさん達と連絡を取り合いアブラコ狙いで笠泊海岸へ行くことにしました。mutuさん達を待って車で1時間ほど仮眠です。

8時半。いざ笠泊へ。




遊歩道をあがり崖を下り、知り尽くした左側のポイントへ。以前ヒットしたポイントをくまなくワーム打ち込みますがで、出ません。

真ん中の湾洞窟へ打ち込むとあたりが連発したので粘ってると、ようやく顔を出したのは良型の「ガヤ」でございました。





すっかり日も昇り天気も良いので、恒例のつぶ採りに専念しました。3人分確保し、戻るとしげさんにアブラコが。その後はまったく持ってでないので止めました。


10時半。約19時間でしょうか。

長かった。海水温度計ると20度ありましたからアブラコならば17、8度まで下がらないと厳しいでしょう。帰りは3人で野塚の「岬の湯」へ行くことに。すると売店で何とヒラメが売ってました。


メチャ安かったので思わずバイト!40センチほどのを550円で買いました。遊んだ後は汗を流して帰りましょう。ここの線質はまったりと体に絡みつくような湯の感じがたまらないんですよ。


昼飯も済ませ仕事が少しだけあったので急いで帰りました。夜になってヒラメを捌いていると、あやつが出てまいりました。「アニサキス」でございました。ふぇー気持ちわりー。包丁の先で切り刻んでおきました。


そして刺身で頂き、採ったつぶを茹でて晩酌のおかずでいただきました。めでたしめでたしってぜんぜんめでたくねーずらよ。


これはリベンジあるのみだぁー。しかしヒラメ釣れません。ひらきんさんさすがです。シーズン二桁行きましたと・・・。
スポンサーサイト



[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/638-b68b1168
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ