FC2ブログ
需要

石狩ボートフィッシング


14日は先週天候で延期になっていた石狩沖防波堤周辺のボートフィッシングに行ってきました。約束の朝6時過ぎに石狩東防波堤横の砂浜に到着です。

この日は気温が相当下がり、海水温度と外気温の温度差から海面にもやが立ち込んでおりました。少し様子を見ようとの事でしたが、近くのポイントから攻めているうちに取れるだろうと言うことで出発です。



この日は岸からの風が強く沖側に流されます。したがって沖堤の裏側なら風裏になるので大丈夫かも知れないと言うことで行ってみることに。案の定釣りやすいです。

パルスワーム赤に5号のZ式ナツメシンカーでテトラ帯を探ります。着底後、ボトムをトントンと誘っていると、「ここっ」とあたりが。ロッド一発煽ってフッキング狙いますが、すっぽ抜けでワーム半分に食いちぎられました。

どうも最近合わせのタイミングが早いのよね?。波が0.5mと言う予報でしたが、風が少しあって流されて、1キャスト移動、1キャスト移動であまり集中して攻め切れません。

さらに追い打ちはかなり根掛かりです。今回は相当リグロストしました。さすがに土曜日の午前中で天気も良かったせいか沖防波堤に穴釣りしてる人相当見かけました。

その後反応が薄いので長い沖防波堤の裏を移動して探り居入れます。しかし薄い。最も西側の端に来ましたが、やはり流されるは、あたりも無いわで集中力欠きます。

同じボートフィッシングのお方もアンカー落として釣りしておりましたが、話によるとこの時期沖防波堤で釣りをしていると、カタクチイワシの群が盛り上がるようにして回遊してきて

カモメは群がるわ、その下にサバの群も着いてそのサバを狙うんだとか。今年はぜんぜんダメと言って、とっとと切り上げていきました。



仕方ないので東側にもう一つある沖防波堤の裏側で攻めることにして移動します。やはり風に相当流されるわ、あたりも薄く、リグロストの連続でやる気モードはエンプティーになりました。

最後に少し誘導灯の側や中央埠頭の際で攻めましたが、あんまりにもあたり薄いので早め切り上げの10時過ぎには終了です。いくさんありがとうございました。

今年もボートは今回で終わりですね。実は前の晩も会社の会合を酒を一滴も飲まずに岩内に走り明け方に石狩に入りました。二日間ほとんど寝てませんがな。

その時はやはりソイのみと言う結果でしたが、一昨日よりも反応にぶかったですね。先ほどから現地調査員情報で、またまた良型出たようです。


よし、次こそって感じですね。
スポンサーサイト



[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/631-d967b72b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ