需要

予定通り大爆釣!てがっ。



と、タイトル大げさに書きましたがまさしく爆釣と言っても過言でございませんでした。参加者は結局、私とSHINCOさん、イクさん、やっちゃん76さん、カイジさんの5名でした。

心配された天候は、この時期としては無風、ほぼ快晴、とても気持ちよかったです。写真の通り募集の感じと同じような釣果もありましたよ。久々「釣り」の「引味」堪能できました。



△とても気持ち良い天気でした。

当日は5時に渡しで、先発隊は我々のみ。後から分かりましたが防波堤には他にも少し渡っていた人も居たようです。

渡った場所は募集のカジカの写真の釣果があった、祝津側の防波堤です。なぜならば日中の釣りになるため、釣果が延びない場合は穴釣りも出来るからです。前回渡ったときは西風が強く穴釣りが出来なく、内海側だけでやっていてもあのカジカの釣果だったので、期待も膨らみます。

薄暗い中防波堤に到着。短いソイ狙いをするために乗船前からリグをセットし到着と同時にキャストです。ダイワのフックがフリーになっている15gのジグヘッドにソニックアームで狙います。

着水、カウント10、ゆっくりリトリーブ。「こつ」と防波堤手前できました。20数センチのクロゾイ。それから明るくなるまで29センチを頭に5匹釣りました。



明るくなってから、ちょっと期待のテトラ側で試します。リグもテキサスに変えてガルプで狙います。沖目にキャストして手前のテトラに喰われるか、喰われないあたりを意識して探ります。

数投目、もったりしたあたりで例のトウベツカジカが海底から顔出しました。それからまた、数投目、トウベツカジカです。それではと内海側で試すも、トウベツカジカです。



おい、ここはトウベツカジカしかいねーのが。誰か市長呼んでこい!と言っても、これが引き味かなり楽しめます。海底に着いたらシェイクで誘います。居なければ手前に引いてきて同じ繰り返しです。

ほぼ、1投1匹ペースです。小さめのはリリースしながら大きいのを、スカリに入れて入れ替えしていきます。さすがに飽きるので、テトラの穴釣りに変更です。ここでは20センチくらいのマゾイがほぼ1つの穴から出てきます。





いくつ目かの穴で、かなり重いのが掛かったのですがそれもトウベツカジカでした。

そのうち、大きいのが出ないので飽きます。久々になんて贅沢な釣りなんでしょう。そこで一番祝津側に移動してみます。いっぱつ目穴に入れてみると、強烈なあたりでライン切られました。

リグ一つしか持ってこなかったので戻って、少し持ってから今度はイクさんと再び向かいます。今度は同じ穴で30センチくらいのアブラコでした。防波堤の際を探ってもやはり30センチくらのアブラコがすぐに追ってくるのが見えます。





同じよう際でボトムを叩いてると本日最大のトウベツカジカ。今度は外海側でやっているとイクさんが私を呼びます。おーでっかいクロゾイ持ってるではありませんか。なにげに外側にキャストしたら出たそうです。計ると39センチです。

それから、そのクロゾイを見たみんなが、こちら側に集まって来ました。(笑)テトラで同じようにキャストしますが、たぶんカジカぽいあたりしか来ないので穴に落とすと、30超えのアブラコが掛かりますがタモが無く、海にぼっちゃんと落ちました。

同じ穴で、今度は20センチ程のマゾイ、また小型のアブラコと同じ穴で3匹でました。



そのうち戻りながら時間も上がり1時間前になったので戻ってカップ麺喰いの準備をしようと戻ってみると、ガス積むの忘れてました。皆様申し訳ございませんでした。

結局、カジカ32?38センチを5匹と24?29センチのクロゾイ3匹キープして終了でした。アブラコはSHINCOさんの44センチが最大でした。しかしその際に事件が・・・

カジカはもう、うんざりって言ったところです。心残りはアブラコの大きいのがもう少し出ればと言ったとこでしたね。帰りにどっか寄っていくかとも思いましたが、これだけ釣れれば、ま、満足ですね。


スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/620-bce2a1ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ