FC2ブログ
需要

川尻のサキ探検隊(釣り)





釣りで川尻のサキに行ってきました。釣りのブログなんだから釣りとわざわざ書かなくともいいかもしれませんが、釣りと書かないとロボットが釣りのブログと認識してくれないのです(涙)

と、まずは前置きはどうでもいいのですが、豊浦町の川尻のサキに行ってきました。先週の雨の中、強行試みたのですが、土砂降りですぐさま退散。そこで今週こそは行ってみたい!とはやる気持ちを、抑えて朝の5時過ぎには到着してしまいました。

何か大物を予感させる名前と、データベースを検索してみても大物がこの時期あがっちょります。一番心配していたのは太平洋特有の干満の差が大きいこと。夏に小幌に行ったときもSHINCOさんhojoさんもえらい目に合ってます。

そこでこの日は干潮の朝7時半前には渡り2?3時間勝負という作戦です。
車で明るくなるまでコンビニで買ったおにぎりをほおばります。腹ごしらえを済ませ、睡眠も充分とったので体調は万全です。隊長!体調は万全です。(笑)

と、ふざけるのはやめて、薄暗い6時頃には川渡り決行です。しかしぜんぜん水量も少なく何でもございません。干潮のせいもあるかも知れないので、取り急ぎ先に進みます。


△途中こんな岩の隙間抜けます。

とりあえず行ける所まで行ってみようと考え、岩場を歩きます。細い岩の間をくぐりぬけ最初の出岬を通り過ぎ、少し登って降りてと、行き止まり付近まで来ました。




無理をすれば、まだ先にいけそうでしたが、波がほとんど無いとは言え、噴火湾特有の何回かに1回でかいのが来て、足元を洗い流します。大潮ということもあったので無理せず手前の湾洞でやることにしました。

テキサスリグでいきなり、食わし作戦のガルプミノー4インチで探ります。根掛かり激しいです。浅いのか、はたまた居ないのか、あたりがありません。

そこで、今回はくまなく回ってポイント確認もあったので、最初の出岬に行ってみることにしました。最初見たときは行けなそうでしたが、壁伝いにそれほど無理せず行けました。

先端近くで行き止まりだったので、そこで沖側やら礼文華川方向やら探ります。後で分かったのですが、漁師が網を川方面の岸側から、出岬の沖側まで網しかけてました。

何か根掛かりしても、どんどん寄ってきて昆布かなにかかと思ったのですが、網に間違いなかったです。漁師さんごめんなさい。そこで2個も網に針とワーム引っ掛けました。

でも、ちゅうことは、何の網だったのか、網上げる様子見てましたが小魚しかかかってませんでした。鮭かヒラメだろうか?

しばらく出岬の先端で試すがさっぱりなので、その出岬のさらに先端行けないかと散策すると回り込むと楽に行けました。そこで何とか30センチのアブラコが出てきました。11gのジグヘッドに赤のバルキーホッグです。




△先端から後ろを見た写真

しかし、根掛かりは相変わらず激しいです。この日で10個以上ロストしてます。この出岬から川方面は砂地ですね。先端も少し根がある感じですがあまり激しくはなかったかな。

こんどは小幌側に岩が割れていて投げることの出来るポイントがあったので、投げ入れます。ここではあたり頻発です。乗せきれない・・・。根掛かりも激しい・・・。それでも何とか40センチジャスト出しました。


△ここで出ました。


それから、波が少し凪いできたので、また先にいけないかと、さっきの所まで行ってみるも、やはり同じなので諦めることに。また最初の湾洞で試しますが、こんどはあたりが結構でます。でもまた根掛かりが・・・。

もう意気消沈で、帰りの川渡りも潮が満ちて危険かも知れないと思い9時には終漁(←隊長のまね)
といたしました。川はぜんぜん問題なかったです。増水さえ気をつければ問題ないです。たぶん潮が満ちても大丈夫でしょう。




△川を越えて最初のゴロタ場(サケ狙いの人が居ました)


△帰りに川を渡るところです。

で、帰るのももったいないので例の「鼠の鼻」のロケハンに行ってみました。地図に当然載ってるはずもなく、小幌の先であると言うことと、地図に鼠の鼻トンネルと書いてあったので、前に小幌で会ったおじさんの話を総合して行く事に。

最初の小幌トンネル抜けて折口があったのですが、前にも来た事ありますが、ここは小幌駅の手前であることがナビでもわかっていたので、まずは違うでしょう。



そして、車で入るところがないかと探してしばらく行くと、黒松内町まで入ったとこでありました。入り口が。位置もなんとなく近いです。

車で入っていくと小さな川を車で渡ります。入山申請書とかなんとか書いてあったので、登山道なんでしょう。静狩側に道が繋がっていましたが、海はそっちではないので、海側の道のそばまで行くとピンクのロープが貼ってあったので、そこから徒歩で降りてみることに。










なまら急坂です。帰りはさすがの私も息が切れるぐらいです。大倉山ジャンプ競技場ラージヒルのアプローチぐらいありそうです。しかし車の幅で道はちゃんとあるんです。でも車で行ったら4WDでもころげ落ちるし、登ってこれないでしょう。そんな坂道なんです。

途中まで降りて、小さなダムが2つ見えたので、帰りを考えそこでやめたのですが、あそこが鼠の鼻なんでしょうかね。今度は皆で鼠の鼻探検隊だ!しかしあそこは積丹の磯の数倍つらいと思います。ま、あそこだとしたらですが・・・。

そして、やっぱ最後は温泉で締めでしょう。それが帰りの中山峠で車ひっくり返ってるわ、途中小金湯で事故の案内が・・・。パッシングしてくる車があったので渋滞ですはな。豊浦から温泉の時間抜いても4時間も掛かりました。

温泉も今日は豊平峡温泉によっぽど行こうと思ったんですが、日曜日だと激込みで、前に行ったときは洗い場も待ち状態で、休むところもろくに空いてなかったので、そこはやはり湯の華に行きました。やっぱり、あずましかったです。




△今回は休憩場風景も(笑)
スポンサーサイト



[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/611-d2c563b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ