FC2ブログ
需要

この時期に室蘭港沖防波堤だ!





先週末、もしかしたら今年は雪が少ないし、気候も比較的安定してるので、室蘭港の沖防波堤あたり渡れるんではないかと思って問い合わせたら、渡すとの事であった。

そこで地元出身のやっちゃん76さんと相棒S氏の3人で渡ることにした。当日は札幌を出る頃は天候も多少良かったが、予報では室蘭は波が2.5mで風も少々ある。

着いてみると白鳥大橋から見る港内は少しうねっている。橋の上こそ風が12mで、船の乗船場所でも少し風が強い。これはやばいな、などと話をしながら、もしダメだった場合の作戦も練っていた。

そこに、また別の渡しの人たちも現れ、渡せるのかどうか不安のようであった。そこにニコニコ顔の船長登場!

「東の風だから大丈夫だ!」と太鼓判を押した。確かに渡ってみると港内だけ荒れているが、沖側は波が死んでいた。よっしゃー実釣開始じゃー。




他の方々が白の灯台に渡ると言うので、赤の誰もいない灯台で貸切フィッシングとなった。基部側が釣れるだろうと、思っていたが、岸から沖に向かっての風なので、とても釣りにくい。

際を丹念に探るが、まったく反応が無い。投げでエサ釣りのS氏もまったく反応無しだ。そこで意を決し、先端まで歩いていくことにした。おそらく1キロはあるぐらいの距離である。

先端に到着し、やはり足元を丹念に探るが反応が無い。冬になるとリグやワームを取り替えるのが面倒なので、パルスにZシンカー4号、1/0フックでしばし通していた。


△この時期まだクラゲが・・・

天候は回復に向かうよう予定だったが、顔に吹き付ける風が、雪交じりで結構つらい。先端が出なかったので、今度は岸に向かって一定リズム、ボトム際徹底パンピング作戦で、とことこ探り始めた。

中間ぐらいに来た頃だろうか、半分やる気うせながらも、機械のように一定リズムで探っていると、どうも引っ張られる感じがロッドに伝わってきた。

来たか!と思いロッドを煽ると乗っている!間違いない!多少やる気の無さそうな感じだったが、あげてびっくり46センチの良型。



すぐに基部まで戻り、すかりに格納してからまた元の位置からスタート。10mも進まないうちに、またまたもったり食いつく感じがした。海面に見えるのはさっきより間違いなくでかい。

上げ計ると50センチジャスト。おー50UPじゃーと喜び勇んで、再び基部までアブラコ抱えてもうダッシュ。すかりにぽんです。



それから基部までかなり粘りましたが、それ以外はまったくあたりすらありません。釣れれば大型ですが、それ以外の雑魚はまったく皆無でした。

最後に、半分やる気なしモードで基部の内海側で向かい風に向かってキャスト、ボトムパンプで41センチのカジカ追加して終漁でした。アブラコ2匹ともすごく痩せこけてましたね。





しかしこの時期に渡しですから、何かサプライズ期待してたんですけど、やっぱり全体に薄いですね。違うところに渡ったチームはほぼ釣れてなかったようですので。

でも、やる気ないアブラコだったけど釣り味楽しめたので良しとしましょう。
スポンサーサイト



[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/586-d41ae311
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ