FC2ブログ
需要

再び石狩沖防波堤



昨日、またまた石狩沖防波堤で釣りリベンジしてきました。一昨日はほぼ釣りができない状態で帰還となったため、かなりフラストレーションが溜まっておりました。

ならば行くしかないっしょ!と言うことで当日、釣りに行くといっていた新太郎さんと村雅さんに連絡入れてみると、4時には渡るとの事でした。

むむ、家族サービスは恵庭のえこりん村だし、行けるとしても5時、6時か。途中4時に渡りたいと家族には、話さずえこりん村→道の駅(すごく混んでました。)→ダイソー(娘の紙粘土購入)で帰ろうと言いはじめたのが2時半。

高速ふっとばして何とか4時に間に合いました。
昨日とは打って変わって、波風も無く釣り日和です。さすがGWですね。渡る人が結構居て、ボート2台で渡ることになりました。

ポイントは当然「左」。しかしほとんどの人が左に入り、少し過密状態でした。ワームは昨日試せなかったバークレーのパワーワーム7インチブラックネオンシャッドです。

前回の釣行依頼、渡った人の話を総合すると、オキアミの大量発生→オキアミに群がるフィッシュイーター→オキアミを食いすぎて腹一杯→ワームに見向きもせず。ほぼ釣れない状況と言う構図でした。

しかし、ちょっとオキアミを見てみたかったのもあって、海面を覗くもほぼ立ち去った後のようでした。表層近くには何かの稚魚でしょうか、小魚が結構泳いでます。

今回は遠投用にダイワのシーホーク10ftとブリーデンのスクイットゲーム8.9ftに、ついにベールを脱いだシマノバイオマスター3000の筆おろしならぬ、リールおろしです。

両方のロッドを入れ替わり立ち代り使用しながら釣りをして、とりゃーと遠投を繰り返します。2、3度根掛かりでリグロストしてしまいます。1時間たった頃でしょうか、小さなあたりようやく来ました。

この時間のこのパターン、大物のが釣れるパターンです!とりゃーとフッキング!よし、乗ったと思い煽るが、バイオマスターじゃないカルディアのほうだったのが、ドラグゆるめで、巻けども巻けども上がってきません。

痛恨の根掛かりです。

がががΣ(゜□゜;)ガーン(。□。;)ガーン(;゜□゜)ガーン

折角、タモを持って駆け寄ってくれていた、村雅さんの友人も動いたら言ってくださいといって、戻って行きました。どうもその節はありがとうございました。

と、結局ラインを切ることに・・・。まぁしゃーない。気を取り直し、それから数投目。また、また小さなあたり。今度は、乗ったぁ?!

今度はタモを自分の肩に掛けていたので、自らランディング。巻いてる途中は大きいかと思いきや、32センチの中型でございました。でもこの時間に出るんですよね。





そしてすぐ後に33センチほどのアブラコが回収しようとスイミングさせていたワームにかぶりついて釣れて来ました。

それから夜の部に突入です。どうも遠くの方で44センチが上がったとの情報が流れてます。まだまだ、のっ込みのソイ居そうですね。できれば大きいのを釣りたいものですから、暗くなっても遠投でボトムに集中します。

村雅君と二人で「男だったら底で勝負じゃ!」「スイミングは邪道だ!」と冗談を交えつつ、ボトム狙いに徹しますが、中下層スイミングで、周りでも数が出はじめて来ていたようです。

さすがに飽きてくるので、スイミングに浮気♪

すると25センチ前後のクロゾイ、マゾイ、ガヤとポンポン掛かってきます。ワームも大きいの釣ったときパルスワームだったので、パルスにどうもこだわっておりました。







結局、その後は大物は回りでも出ずじまいです。新太郎さんは31センチが最大と言っておりました。すでに30UPさえ、釣るのは厳しいコンディションみたいです。幸いオキアミは去ったようなので、まだいい見たいですが。

もし、狙うなら思い切って場所変えたほうがいいかもしれませんね。あれだけ広い防波堤ですからどっかに、まだまだのっ込みソイ潜んでいると思うんですよね。

船長は勧めないと思いますが右端に行ってみるとかね。村雅さん、ノアールさんと行くときは是非、違うポイント開拓してください。
スポンサーサイト



[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/548-08da5e40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ