需要

メタルジグの考察

メタルジグを考察してみました。
比較検討出来るほど釣り上げてませんが、

様々な釣り雑誌など見るとほぼ同じに書かれてるので
間違いないだろうと思います。

まずはカラーなんですがまず目時にはピンク系ですね。


回遊魚に対してまず目の光量が少ないときにアピールできます。
魚の高活性時に効果があるようですね。

そして日が昇ってからはブルー系。


こちらは潮が住んでるときや晴天時にアピール出来ます。
何といってもイワシカラーなどのベイトの色ですから
外せませんよね。

そしてヒラメに効果と実績があると言われてる赤金。


道南ではLT30がかなりの実績だとか。

それと形も重要かと思います。ヒラメならスイミングで良く泳ぐ後方重心タイプ。


回遊魚ならセンター重心のタイプ。


フォール時にヒラヒラと動き回遊魚のリアクションバイトを誘います。

前重心タイプは様々な動きに反応示します。


前回のフクラギはこちらにバイトしてきました。

あとは重さですよね。


80gまでのメタルジグ用意してますが、
風の抵抗や水深、潮の流れなどで底をしっかり取れて

しっかり泳がせるためにはそのポイントにあった重量が必要ですよね。

と、あとは誘い方ですが


「回遊魚のルアー釣り」のDVDを見て
ジャカジャカ巻、ショートピッチジャークなどなど

イメージトレーンイングに励んでます(笑)

あくまでも実証に基づくものでなく釣り雑誌などで
一般的に書かれてる物を参考に書いております。

あとは釣るだけだ(笑)

週末が天気悪いね。今週はどうすべか。
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/54-1ecd44b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ