需要

磯アブラコ堪能!


△今回のポイント島武意海岸の二万歩の磯

今週は台風のおかげで釣りに行けないかと思ってましたが、北海道へは道南の方が少し影響あったものの、予想よりは多少南に移動したために、札幌近郊は雨のみの影響で、風も無く、日曜日の朝方には雨も上がり、波も無さそうだったので、しばらくご無沙汰していた磯ロックに行ってきました。

札幌を3時半前には出発です。目的の島武意海岸には5時前には到着してました。さすがにこの雨の影響で8月も5日だというのに海水浴客もまばらでした。島武意海岸駐車場も、若者グループが展望台下へ海水浴にでも行くような感じで、たむろしております。

その、少しうるさい若者グループを尻目に、そそくさと準備をととのへ磯場へと向かいます。ここの海岸へはずいぶんと来ていますが、真夏に来るのははじめててございます。

と言うのは、藪をこぎ分けていかなければならないので、草木が生い茂っている夏は敬遠していたわけです。

しかし、その分もちろん人も入りにくいので、釣果は確実ではないかと考えていまいした。しかも「岩鬼」の竿おろしも兼ねていましたので、アブラコのパワフルな引きで竿のポテンシャルが試せると思ってもいました。

少し心配だったのは、積丹岬に通じる陸路が年々風化していって、行けなくなってるかも知れないことです。しかし何とか道もかろうじて残っており、これでアブラコが釣れればバッチリであります。

△入り口の目印です。









やはり険しい藪をこぎ分け、黄土色の斜面に出ます。後は九十九折れの坂道を下りますが、やはり草が生い茂り歩きにくいのなんのって、夕べの雨の影響でズボンもびしょびしょです。

ポイントは、MURAMASAさんも同行と言うこともあり、あまり奥に行っても大変なので、一番手前の二万歩の岩場でチャレンジです。


△最初のポイント

よし!岩鬼第1投です。Z式シンカー5号にガルプミノーグラブ4インチ赤です。これアブラコに効くんですよね?。投げた感じは短くてこんなに硬いの初めてだったもので、ちょっと投げにくく、ライナー気味に飛んで行きました。

離れ岩のサイドを狙ったのですが、これがキャスト慣れる前に「ガルプ一発」でヒットでございます。「ここっ」とアブラコ特有のあたりでその岩鬼で引き寄せたのですが、ロッドを意識して煽ると難なくアブラコちゃん寄ってきました。

ただ、ちょっと小さめだったので、充分にロッド性能引き出せてない感じもしますが、確かにパワーは感じました。もちろん躊躇せずに抜き上げです。30センチちょっとといったところでした。





さらに、同じポイントをキャストを繰り返しボトムを意識しながら攻めるわけですが、手前に来た段階で足元も丹念に探ります。と言うのは、磯アブラコの場合足元にデカイの潜んでいるので、油断できません。



ここのルートには居ないなと思い、リグをピックアップしようと高速で巻き始めると、アブラコが追ってくるのが見えました。そして、巻くのをストップします。するとビシッとヒットしました。ヒットは海面すれすれです。

アブラコは本当にこのパターンが多いです。その後方向をを変えたり、様々な誘いもして見ますが、あたりがあるが乗らず、あたりすらなくなります。同じところでやってると、完全に見切られてしまいますね。

それなら移動ということで、すぐ隣の真ん中のポイントに移動です。この岩場では一番広くてアズマシイポイントです。そこでもキャストすると「ここっ」とあたりが頻繁になってきます。


△二番目のポイント

ここは意外に根掛かりも少なく、本日ロストはわずか3つほどです。根掛かりしても海草に引っかかってるような感じで抜けてきます。シンカーの重さを軽くすればまだまだ根掛かりも少なくなりますね。

ここでMURAMASAさんに本日二人合わせて最大の41センチがヒットしてました。しかしアブラコ太ってるのが多かったですね。餌も豊富なんでしょうね。



おっと、岩鬼の使用感ですが、最初は短いのに躊躇しましたが、シンカーメチャ飛んで行きますね。後は掛かったときのパワーがあって引き寄せが確かに楽でした。と言っても本日の私の最大は37センチほどでしたが、気持ちよく浮いてきますね。さらにビッグなので試さないとですね。

また、特に磯場では重宝しそうです。慣れればやはり短い方がロッド操作も楽です。







私はここのポイントでは超浅場でのヒットも含めて2本追加です。惜しかったのは浅場の溝を攻めていたときに、やはり最後に高速回転をしたとき、ワーム半分に食いちぎられました。かなりの重量感だったので悔しかったですね?。

そしてさらに隣のポイントの出岬に移動かけます。やはり真ん中のポイントに投げるとあたりも少なくなっていましたが、奥の方のポイントにキャストするとヒット連発で、30分ほどで3本連続ゲットでした。


△三番目のポイント





△SINCO流ロケットアブラコ




アブラコは相当数海底に居そうです。時間にして実釣時間3時間ほどで7匹ですからまずまずでしたね。型にはちょっと不満でしたが。あと、途中パルスワームに替えてみたり、タートルバックワームに変えたりしましたが、完璧ガルプミノーグラブ4インチ赤に部がありました。

今回は帰りの道のりなども考えオールリリースでございました。


△三番目のポイント全景


△二番目のポイント全景


△三番目のポイントからカヤカ泊方面


△帰りの道のりです。

岩鬼も試せたし、久々の磯ロックも満喫したし、久々温泉も入って、柿崎商店でホッケ定食も喰ったし、満足な一日でございました。日の出と共に釣りをして、午前中には家に帰る健康的なパターンですね。



家に帰ると久々の磯歩きのせいでちょっと太ももと膝が痛かったです(笑)

残すはハチガラとナイトサーフヒラメだ。8月は9月に備えて行きまくりますよー。
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/520-7dace026
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ