FC2ブログ
需要

朝里川河口海岸へちょい釣り



朝里川河口海岸へちょい釣りに行ってきました。朝里とは北海道の小樽の地名です。で、この朝里川河口海岸、この時期鮭釣りで数年前に一世風靡されました。と言うのは、釣り新聞に紹介されたのです。

私も知らなかったのですが、毎年結構な鮭が上がるそうなんです。札幌から近いし、こんなところが近くにあるなら、通いたいところですが、いかんせん北海道での鮭釣り釣り師が異常に盛り上がるため、釣り場のトラブルが絶えないんですよね。

「そこは俺の場所だ」みたいなやからが、鮭釣りのときだけかなりの数で湧いてでいてきます。なので北海道での鮭釣りは少し敬遠気味なんですね。

でも、余市川が鮭釣り出来なくなったりしたので、札幌近郊的にはさびしいところに釣り新聞の記事でしたからね。

殺到するのが目に見えそうですが、こうして私が書いてることもちょっと躊躇、実はしてます。

今日は鮭釣りの下見とアブラコ狙いで入釣しました。船釣りでこの朝里川河口沖合いがアブラコの絶好ポイントなのです。

予定の家族が未だ出てこないものですから、腹ぼっけのカミサンと娘を連れて、小樽に遊びに行こうとだまして、最後に小一時間だけ釣りさせてもらいました。


案の定、岩場なのは分かってましたが根掛りきついですね。河口までどうやって行けばいいのか分からなかったのですが、朝里駅に向かい線路を越えないで、左に行くと行き止まりがそうでした。

すでに鮭釣りの釣り人が、夕まず目にもかかわらず2名ほどいました。初めての場所だったのでどうやって行けばいいのか分からなかったのですが、銛を持った海産物採取のおじさん2名ほどいましたので、話をすると教えてくれましたね。

準備整え磯場に向かいます。カミサンと娘は車で待機させてました(笑)

その、海産物採取のおじさんに海底の模様教えてもらいましたが、それほど浅くないようで、ちょっと行くと2mぐらいの深さになると言ってました。

ならばと、愛竿岩鬼にシンカー5号で探りいれます。



が、しかし、まったく反応ありません。今年も暑い日が続いたし、掛かれば御の字ぐらいで思ってましたから、良いんですけどね。

河口したから小樽方面へ向かって移動をい繰り返し探りましたが、リグも4個もロストしたので、だんだんやる気もうせますね。

途中はテトラ帯なんですが、ちょっと行くと護岸エリアであづましい感じでした。一人投げ釣りの方がいましたね。



途中、警察官がやってきて、何かと思ったら海産物採取のおじさんが、誰かに通報されたようなんです。パトカー2台。沖に小型船も到着しものものしい雰囲気でした。

私は意に介せず釣りに集中してましたけどね(笑)

で、あたりの無いまま、最後に鮭釣りしてる釣り人に話を聞いて、車で待ってるカミサンと娘のもとに帰ることにしました。ここのポイントはアブラコ狙うにはやはり根がキツイです。

最後に話しかけた、地元風の浮きルアー釣り鮭釣り師に聞いたところ、10月になれば河口にアブラコが大挙して押し寄せてくるそうです。札幌から近場で面白いかも知れませんね。

正味1時間半程でしたけど、ボウズでしたが情報も仕入れられたので良しとしましょう。
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/513-2e947088
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ