需要

今週も岩内港でヒラメ釣りにチャレンジ



今週も夜中限定の岩内港でヒラメ釣りにチャレンジしてきました。乳飲み子を風呂の入れ、午後の8時過ぎには就寝。今度こそ夜中の11時半には起きて向かうものの乳飲み子が定期的に泣くのと、家族が起きてるので寝れないんですよね。

そのせいか今週はぴたっと目覚ましで起きて一路岩内港へ向かいます。ポイントは先週、下見をしておいた中央埠頭の突堤です。

風が予報で東の風だったので漁業埠頭とも思いましたが、先客が数名居たのでちょっと遠慮です。中央埠頭突堤では、西側を向いて追い風利用してキャストします。しかし先週朝方にあんなにヒラメ釣りアングラーいたのに突堤には皆無でした。




今回はZ式シンカー4号にパワーホッグで一発目より攻めます。潮廻りは午後11時半過ぎ干潮で朝の5時前満潮です。到着が1時半と潮はほぼ動いてません。こういう海面状態のときって気分乗らないのよね?。

案の定、第1投目でこつっとショートバイトありましたが、ほぼあたり無しです。先端を扇状に攻めて、スイミングやらボトムパンピングやらスイミング&ストップ(これ、土曜日に釣りロマンを求めてで、サーフよりヒラメを狙っていた堀田氏のパターンですね)

様々試すが反応ありません。一時間ほどで場所移動します。ここは実績の第一埠頭でやることに。すると見慣れた車が一台。そう、岩内港の主、ひらきんさんがおりました。





さらに釣り人多数で満員御礼状態です。ただ、係留船舶が少なかったのでロッドは出せそうです。まもなく先客も帰り始めたので、貸しきり状態となりました。ただ、あたりもないのよねん?。

ここではジグヘッドに赤パルスで挑みましたが、海水が濁り気味でした。そして二人ともあたりもないので、今度は先週と同じ西防波堤付け根の突堤へ向かうことにします。時間にして3時ぐらいですね。

移動まもなく、時間帯もいい感じに重なり期待も膨らみます。波も適度にあって、いかにもヒラメでそうなんですがね。あたりもたまにあるのですが、たぶんソイでしょう。ひらきんさんはたまにソイをかけていましたね。

赤パルス、パワーホッグの黄金のワームも効かないので、この海水濁りパターンなら蛍光カラーのエコギアミノーにジグヘッドで攻めますが・・・・根掛かり一発で撃沈です・・・。



そうこうしていると朝方にどっか見慣れた人がやってきました。しげさんではないですか。

少し会話を交わしつつ、いい時間帯なのもあって、そこそこ話で釣りに集中します。皆さん釣り師ですから釣りが最優先です(笑)

でも、3人ともあたりこそわずかながら、ヒット無しでございます。それでもひらきんさんがソイの良型掛けてましたが、ヒラメ拝めずです・・・。

夜も明け始め粘りに粘りますが結果は・・・。海水温度を測ると21度で先週と同じでしたが、外気温の方が低いために写真を撮ろうとするとすぐに下がるのです。この海水温度下がらないと厳しいでしょうね。



しかも産卵の適水温度が15?18度なのでもうちょっとがまんですね。

で、ひらきんさんとの会話のなかでヒラメは秋にも抱卵してるとのことなのです。ひらきんさんはシーズン岩内港で二桁釣る実力者です。秋のキープ物に抱卵が混じるとの事。

そこで気になり帰ってから図鑑を調べるとヒラメの大きな特徴が分かりました。石狩湾周辺での産卵シーズンは6?8月と長い上に、ヒラメの産卵期間は2?4ヶ月とかなり長いのです。比較になるかどうかですが、ホッケはわずか1?2週間で産卵してしまいますからね。

したがって例えば8月産卵雌ヒラメちゃんは下手すると、12月まで産卵することになります。

この産卵の習性がゆえに長い間岸から釣れるのだろうと考えますね。

でもって、最後に西防波堤突堤付け根の際にアワビとも似つかない、奇妙な貝がへばり付いてました。この貝なんていうんですかね???

私、浜生まれの浜育ちですがあまり見たことも聞いた事もありません。





え、そういえば今週は

ボーーーーーーーーズ

でございました。ソイすらです(笑)
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/510-2a9a591a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ