需要

島牧方面でブリ&ヒラメ&ソイ狙い!



島牧方面でブリ&ヒラメ&ソイ狙いに行ってきました。

世間は3連休でございます。
しかし月曜日が仕事となってしまい、土日のどちらか

に釣りの予定立てなきゃなりません。
もちろん家族サービスも優先させないといけませんが(笑)

秋の天気は晴れたかと思うと雨が降りで、
条件のいい時と悪い時が短い周期でやってきます。

それが休みと合わないと中々予定が立てにくいですね。

週末の天気こそ土日と晴れでしたが
波風が近づかないと分からない。

そこで土日のどちらか流動的にしておきつつ
近づいたら予定立てましょうということで

チーム激磯のK夫婦さんをお誘いし、
島牧方面でじっくり狙う計画を立てます。

西風はありそうでしたが結局土曜日の
夕まず目に標準を合わせてのプランに決定です。


じっくり狙う割にはブリ&ヒラメ&ソイと
狙い多いですが(笑)

ブリもサイズアップ狙いたいし、ヒラメも釣ってないし、
ソイも最近刺身喰ってねーーーーし、みたいな。

欲張りですよね(笑)

でもですね、この3魚種狙うには島牧方面の磯なら
可能性あるんですね?。

そこでポイントを大平川河口海岸に絞って、
明るいうちに大平、暮れてから軽臼の大平盤でソイ狙おうと車中で相談します。

が、なんと、弁慶岬過ぎたあたりから波風の様子がおかしい・・。

西風なのでモロ左から波が来てるし・・・。

一応、大平河口海岸ついて様子みるも
足場が高くない磯なので、波かぶりです。

途中の軽臼の平盤も同じ・・・。

盛り上がってた気持ちも一気にトーンダウンです(涙)

ならば西風かわせる寿都湾の山中海岸なら大丈夫かと。
春にアメマス狙いで来た時に、ロックフィッシュには

よさげな海岸だなと思っておりました。
しかも弁慶に近いし、ブリも可能性あるかなと。

しかも、寿都湾は総じて砂地が近いので、もちろんヒラメも!

だいぶ時間ロストしてしまいましたが、
ガイド頼りながら、4時ころに道路に到着です。

しかし、まっすぐ海岸に出れると思いきや、
降りてみると、道がない・・・。



しかたなく、弁慶岬方面までかなり迂回しながら
海岸に到着です。しかも汗だく・・・。

なんとか夕まず目には間に合いました。



海底の様子分からないので、
まずは、捨てジグでロストしてもいいように探ります。

ん?根掛かりがないか?



足もとは張出の岩が見えますが、遠目は砂地っぽいです。
一応、ブリに狙いを定めて、ジャガジャガ、

ショートピッチジャーク中心に攻めます。

あたりないので一軍ルアーのP?boyジグのキャスティング
35gに持ち替えます。



カラーは流行のブルピン。背中がブルーでお腹がピンク。
まず目時に有効なピンクと日中有利なブルーの折衷ですね。

効くらしいです。でも釣れません(笑)

さらにカルディバの激闘ジグ40g。同じくブルピン。



こちらもあたりが出ない。日暮れ時間も近づきます。

ならばヒラメ狙いで岡ジグLT30アカキン。
ロングジャーク、高速スイミング、



時々ステイでカーブフォールなどなるべく
変化を着けながら誘います。

だんだん日も暮れ、ジグの時間もタイムアップでございますね。

ヒラメは諦めた訳ではありませんが、ワームにチェンジし
ブリ&ヒラメからヒラメ&ソイに狙いを変えます。

リグはZ式シンカー8号のテキサスリグで
ワームはパルスワームのアカキンでヒラメも意識しつつ

ソイも狙います!

ブルーバッカーの遠投スタイルのまま遠くのポイント攻めます。

着底しボトム意識しながら大げさに
ロングジャークでしゃくり、ボトム取れたら同じように

探るとボトムに落ちたあたりでヒットです!



30センチほどのクロゾイですね。
磯のソイ釣りで確信したのは、磯は港と違って

海底が変化に富んでるので、足元から均等に深くありません。

港なら足もとからどこに大きいの潜んでるか分かりませんが
磯は近くが浅い場合など、足元にはいない可能性

大きいんですよね。
なので、広く探れた方がいいから、重いシンカー使うし、

大きいシンカー使えば動きが速いので
釣れたら大きい個体しか釣れないんですよね。

なんか最近、磯のソイ類はこのパターンかな、と思います。

すると続けて30センチほどのクロゾイ。


▲メジャーが新しいぜ(笑)

ワームも白パルスに変えて探るとマゾイ。
広い磯とはいえ、貸切ですがポイント変えて探ります。



西風を背にできるのでかなり遠投効いてると思います。

探り続けてると、またまたマゾイくん。
ワームは赤パルス4インチに変えてヒットですね。



再び同じポイントで、今度は23センチのハチガラ。
クロゾイ、マゾイ、ハチガラと3目そろいました(笑)



刺身がめっちゃ楽しみでございます。

そして最後にパルスワームの6インチでメタボ
マゾイ来ました。32センチでしたが重量感たっぷりです。



意外に根掛かりは少なかったものの、
足もとまで探ってると、手前の張出に持っていかれる感じ。

出岬の右側は足元に張出ありましたが、
左側は足元から深かったですね。

それでも気を許したところで右側でロスト一。
左側は足元から深いものの、根がきつい感じで

ロスト一。ジグロストしなくて助かりました。

印象としては島牧方面西風強いときに逃げ場に
なりそうだし、雰囲気は結構よかったですね。

え?ヒラメね?。そういえば釣ってなかった・・・。

ソイで満足したのでブリ、ヒラメ狙いに行かなきゃ。


▲奥側ハチガラ、手前がマゾイ、クロゾイはソイ飯に


▲翌日、息子と釣堀太郎初体験(笑)
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/51-6cba6c95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ