需要

石狩沖防波堤クロゾイ釣り



春以来の石狩沖防波堤でクロゾイ釣りを堪能してきました。考えてみると釣りには行ってたもののお魚さんの感触をしばらく味わっていませんでした。当初は磯でハチガラとも思いましたが、また釣れないのもいやだし、確実に、しかも近くで狙えるのは『石狩沖防波堤』ぐらいしかないかなと。

ただ、そこは問題が一つ。夕方渡っても乳飲み子風呂入れ係としては、風呂に入れる時間に帰ってこれるかどうか。カミサンには『夕方から釣り行って、8時過ぎには帰ってくるから』ということで許可をもらい、リトルベイ和田さんに電話。

すると3時、4時、6時に渡る人が居ると言うことだったので、3時に渡り8時には上がる予定で行きました。しかし・・・。

△新装リトルベイ

そこは大人数ならば、迎えの時間は指定出来るものの、一人となると無理でございます。8時に上がる人が居れば別ですが。

すると一緒に渡ったご老人釣り師2名の方が9時に上がるとのことだったので、9時に上がることにします。ま、乳飲み子風呂係一回ぐらいサボってもいいっしょ!と自分に言い聞かせお魚釣りに集中です。

5時ぐらいには暗くなる今日この頃ですが、さすが3時に渡っても内側は反応皆無です。アブラコぐらい出るかなと思いましたが。

そうそう、一人だと下ろされるところも同船者と一緒になりますので、ステージ付近に下ろされましたが、左端まで歩きました。







仕方ないので、穴釣りにチェンジです。ワームは食い気を誘うガルプ4インチミノーです。穴を丹念に攻めます。あたりは頻繁にあるのですが、なかなか乗りません。数個目の穴のときにようやくフッキングしたのは20センチ程の小ゾイ君です。

辺りも暗くなり始めた頃には内側に戻り釣り再開です。ワームをパルスに変えてボトムを意識しながら探ります。しかしこの左端、ものすごく根掛かりします。特に一番左側ですね。本日で10個ぐらいロストしました。



探りいれてると久々にmutuさんからメールで。やり取りしてたら乗船名簿見たらしく、本人も沖防波堤に渡るとのこと。久々の再会でございました。するとチームyasuさんの姿も。

でもって、6時を過ぎた頃からあたりが頻繁になってきました。そこで周りも大分暗いので、一つだけ残っていた赤Gパルスにジグヘッドでスイミングかけます。



すると27センチ程のクロゾイヒットです。その後根掛かりでロストしてしまったので、パワーシャッド4インチミッドナイトグローでライト当てて光らせてスイミング掛けます。

続いてヒットも28センチ程のクロゾイです。本日の目的はアクアパッツァの材料を釣ることだったのでこれでとりあえず達成できました。でも時間もかなり残ってるので、引き続き釣りはいたします。







しばらくするとスイミングも見切られてしまったので、忘れていた左端限定の黄金のヒットパターン遠投でボトム狙いです。

実はこの日、明るいうちに岩鬼と10フィートのシーホークの遠投テストもやってみました。すると軟らかくとも長い方が遠くに飛ばせます。

したがって遠投狙いの場合はシーホークにロッドチェンジします。すると狙い通り来ました!本日最大の32センチのクロゾイ君です。ちょっと心配だったのでタモ入れであげます。



ガヤも途中で混じりましたが、最近と言うかここ数年石狩沖防波堤のガヤがすっかり薄くなったような気がします。

その後もmutuさんやyasuさんと談笑交えつつも30オーバー2匹追加し、スカリのクロゾイ入れ替えて、ちょうど30・31・32センチと3匹キープできました。これでアクアパッツァとお刺身用確保です。





最後に小さいけどマゾイもヒットです。本日の釣果は10匹ぐらいだったでしょうか。

それとシンカーが無くなったついでに、一つの場合と二つあわせて同じ重さの場合では、絡みの具合どうかも試しました。と言うのは私のファイヤー直結スタイルだと6号ぐらいでよじれて釣りにならなくなってしまいます。

ところが3号2連結の場合はほぼ絡みはありませんでした。根掛かりの対策上も小さなシンカー連結の方が良さそうですね。思いと広範囲に探れるし、ボトム叩いてもよじれにくいですからね。



今後はこのスタイルもありかなと。

で、約束の9時迎えが上がりの人も居たようで半近くになってました。途中で乳飲み子風呂入れ担当は本日、担当をはずしてくれと、懇願メール飛ばしていたので、帰ってからのカミサンの顔色気になりましたが、とりあえず大丈夫でした。

セーフ、セーフ、セーフ(笑)



で、本日イタリア料理の『アクアパッツァ』に挑戦しました。反省点として

1.一番大きい32センチのクロゾイを使ってしまったために、フライパンから溢れる、盛る皿も限られる。したがって25、6センチがサイズとしては望ましい。

2.味付けの問題。意外に味は薄いので、釣ってすぐに料理をしない場合が多いと思うので、塩を振ってから冷蔵庫で保管。するとうまみまします。

3.充分に両面焼くこと。サイズが大きかったせいもあるが、身がいまいちやけきらない。

これで美味しい『アクアパッツァ』いけますよ。刺身も久々に旨く甘かったです。相棒の菊水ふな口もはかどりました。

あ、トマトとバジルの葉っぱは内の庭で取れたものです。
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/504-82323818
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ