需要

二転三転と今週の釣り予定は変わる。



さて、今週こそは北見枝幸の船からのルアーフィッシングで鮭を狙うべく、準備万端整えていたのですが、週の中ごろより週間予報を見ると、週末が気温も下がり波も高くなりそうな感じです。

その前に冒頭の写真ですが小樽の塩谷海岸の14日朝6時半ぐらいの模様です。釣り新聞にでかでかと「ヒラメが熱い!」「小樽塩谷 大型連発!」でなんとサーフで58センチと60センチのヒラメが釣れた記事が一面で出てるではないですか。

すかさずヒラメ狙いアングラーが押し寄せていましたね。海水浴場でもある同海岸は、私も泳いだ事ありますが、かなり遠浅気味です。

記事によるとベイトがかなり居たらしく、信じられないことに真昼間にミノーでゲットしてます。

札幌にこれだけ近いところでヒラメが狙えるサーフがあるのなら、殺到しますはね・・・。ま、近いうち狙ってみようかと思ってますが。

で、結局枝幸は予想通りまたまた中止。鮭の仕掛け作って用意してたのに残念でございます。来年ですね。聞くところによると3回目の予約でようやく船が出てと言うお方もざらなのだそうで、2回でしかも週末限定ですから仕方ないですね。

自然を相手にするスポーツですからしょうがない。

そこで、週末どうしようかと思っていたところにシェフMURAMASAさんから「今週はどうすんの?」と連絡が、天気見ると太平洋が波が無さそうだったので、流しでも行きますかと、いう話になり、今年も一回ぐらい行きたかったので、行こう行こうと言う事で予約を入れてもらいました。

するとそのあと、出先から会社に戻ると上司が、「明日の夕方クライアントのお通夜あるから」との事。ガビーン。流し釣りキャンセルでございます。

するとその後にhojoさんから「しげさんが先発隊で瀬棚の須築で良いソイあげてる」との情報で「行きませんか?」とのお誘い。

ならば鮭釣りに行くはずだったS氏とMURAMASAさんと同乗させてもらい、結局は須築漁港に行くことになりました。

△hojoさん男前になりました(笑)

出発はお通夜が終わってからで、夜の7時半に出発です。現地着は11時半。約3時間ですね。しげさんの車が1台のみ止まってます。昨晩より偵察中のしげさんは30UPそこそこ出てる模様です。

須築漁港は瀬棚や江差の通り道で気にはなってたのですが、釣りには年中何かしら釣りものがある良港です。と言うのも自然の地形を崩さず、作った漁港なので魚が付きやすいのだと思います。

過去にはクロゾイの良型やヒラメが上がったなどの情報もあり、一度ロッド出してみたいと思ってはいたところでございます。

期待を膨らませつつしげさんが待つ外西防波堤先端部へ足を運びます。ほぼホームにしているしげさんは我々が到着する前から、30UP連発とのことで、着いてからもコンスタントに釣果伸ばします。

外海側は波があったので無理せず、内側で攻めますが一向にあたりございません。男前に変わったhojoさんは34センチをゲットしていました。(笑)

その中で光っていたのがS氏でございます。あれ?ワームはじめたのかなと思っていると、やはりエサ釣りをしています。釣果もポンポンでていたので聞いてみるとジグヘッドに大ナゴ付けてるとのことです。

これは新しい釣法です。名づけて「リアルベイトロックフィッシング」とでも言いましょうか、S氏の事を「リアルベイトロックフィッシャーマン」と呼びましょう(笑)

で、S氏にはこんどテキサスリグで大ナゴ付けてやってみてとアドバイスしておきました(笑)

それからリグを変えたりワームを変えたり、ポイント変えたり、誘い方変えたりしてもまったく反応ないです。しげさんやしげさんにアドバイス受けてたhojoさんが釣果伸ばしてたのも、ポイント熟知しているしげさんのおかげですね。やはり経験にはかないません?。


△ワームが食いちぎられています。たぶんイカでしょう。

じゃぁ、せっかく遠路はるばる来たんだから、旧港も試してみようと言う事で、MURAMASAさんを誘って旧港の西防波堤先端部でやってみる事に。

ここは須築川が目前に流れ出しガあり、いかにもヒラメが着きそうなポイントです。しかしながら外海から流れ出しがきつく、時化てるので着いてなさそうですね。


△アクアパッツァ用に届かない22センチぐらいのソイです(泣)


△シェフMURAMASAさんの後姿


△ソイ小さすぎます・・・。

で、港内に移動しながら探るも小ゾイのみでございます。最後に新港の外西防波堤に戻りましたが、やはり同じです。外海側に打ち付ける波が防波堤にかぶるところもあり、ちょっと危険なとこもありましたね。

波がテトラ越しに打ち付けると防波堤揺れましたからね。

時間もhojoさんが4時には出発しないと間に合わない用事があるとの事でしゅーーーりょうーーーでございます。

今シーズンも10月は週末2回しかございません。流しもやりたいし、鮭も1回ぐらい行きたい。そしてヒラメも釣っておきたいとなると、時間がありません。

そうこうしていると抱卵ボッケだコマイだアメマスだサクラマスだとなると、一年またまたあっという間になります。

釣りって結構、全てやるとなるとかなり時間や気象条件に制限される趣味なので、こればっかりは仕方ないですけどね・・・。
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/503-826d409f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ