需要

ヒラメ釣りは厳しいね?



ようやく公私共に落ち着き、釣りに専念できる環境も整いましたが、と言ってもなんだかんだと釣りにはいけてますが、気持ち的に楽にはなってきました。

それでも乳飲み子の風呂入れ担当ははずしてもらえないので、夜中の釣りに限定されます。そこで今週は、夜中に走って古平漁港で久々のソイ狙い。明けて朝まず目に余市の登川河口海岸でヒラメ狙いです。

深夜1時自宅出発。夜中なので古平漁港へは1時間ちょっとで付きました。ポイントは外側に小さなテトラが積んである中防波堤です。




車が2台ほどだったので先客も少なそうです。防波堤を歩き始めると、ちょうど帰り支度をはじめた投げ釣り師のお方が帰るところでした。挨拶を交わし、釣果を尋ねると「ソイ1匹」との事。あれ、確か今日は大潮明けの中潮周りで潮はいいはず。

いやーな予感でございます。先端には2名ほどルアーフッシャーのお方が2名ほど。私は最初の曲がり角から先端のほぼ中間外海側で釣りをすることに。



ここのテトラは小さく乗りやすいテトラです。天候も良く、波も無かったので最高の釣り日和ではあります。少々おかっぱりからの風がある程度で、釣りにはあまり支障無さそうです。

ここではまずまずのサイズを過去にも出しているので少々期待です。まず、どのような状態でソイが居るか分からないので、グラスミノー蛍光をキャップライトで光らせてジグヘッド11グラムで、スイミングで探りいれます。

食いが立ってないときはテトラに張り付きじっとしているときが多いので、テトラ付近、さらに遠方へキャスト、カウント数えてボトム、中層、表層と探りいれますがどうも反応いまいち。

そこでZ式シンカー4号にパワーホッグで遠投ボトム狙います。すると何投目かに、ボトムであたりがあります。えいやーとフッキングさせると、乗りました!

途中タモを忘れたのに気が付いたのですが、愛竿岩鬼なら抜けるでしょう。近寄せると中々の良型。念のためラインを持って上げました。



計ると34センチのグッドサイズ。ちょっと気になったのは魚が暖かいです。しかし贅沢ですが、このサイズではアクアパッツア作れません(涙)

さらに続けていると、また同じパターンでヒットします。巻いてくると結構重いです。そろそろ魚が拝めるかと思った矢先、

ぷっつーん・・・とラインが切れてしまいました。残念・・・。

気を取り直し続けますが、同じパターンで見切られてしまいます。そこでガルプ様に登場願います。リグはジグヘッド14グラム。やはり遠投で狙いたいので重め使います。

ところがどっこい、あたりは頻繁にあるのですが、岩鬼+ファイヤーライン直結のため、はじくはじく(笑)小ゾイなんぞは相手になりません(笑)






それでも内側やら先端やら移動を繰り返していると、ようやくアクアパッツアサイズの28センチゲットです。

そこからはお刺身用とアクアパッツア用が確保できたので、一安心で釣りを楽しめます。後から来た方に、聞いてみると小さいけど10匹ぐらい釣ったと話していたので、ソイは結構居ますね。

それから何やら変なもののオンパレードで釣れました(笑)


△謎の物体


△うに


△ビニール袋(笑)


△夜も明け始め

気持ちはすっかりヒラメに移行していたので、夜明けと共に余市の登川河口海岸へGOです。たなさんも向かうとのメールも入り、合流することになりました。

着いてみると多少波がありますが釣りには支障無さそうです。しかし以前ソゲちゃんを釣った左側には鮭狙いのウキルアーのお方が陣取ってます。






△シリパ山の紅葉綺麗でした。



竿をシーホークに持ち替えて先日、塩谷でソゲちゃん釣ったショアラインシャイナーで左側の海岸から攻めます。5mから10m投げては移動、投げては移動の繰り返しです。

反応無しでございます。河口の右側で試すも反応なし。この際、右側海岸も攻めてみることにします。でも・・・反応なし・・・。

ヒラメ釣りの道のりは険しい・・・。これがヒラメ釣りと言うものだ。そうそう釣らせてくれない。ま、慣れっこなので、釣れるまで狙い続けます。

結局、登川河口海岸ではヒラメお目にかかれず、ならばとたなさんと塩谷海岸へ行くことに。

やはり人も多いので左側の玉砂利海岸で試してみました。でも、簡単には出ませんわね?。



そこでやはり先週も81センチが釣れたポイントに移動します。時間も時間でアングラーはまばらだったので入れそうです。

ロッドの準備をして海岸に出る前に、地元の方と思われる、犬を連れた散歩と中のおじさんと、一人のアングラーさんが話しているところに混ぜていただきました。

すると、その犬を連れたおじさん81センチが釣れた時に居合わせていたそうです。その時の模様や詳しいポイントを教えてくれました。

壊れた冷蔵庫が落ちてる前といってましたが、相手はサーフです。日々海底の様子も変わると言ってました。おじさん曰く、波が立たない深場を攻めたほうが良いとアドバイス頂きました。

また、ここの海岸はへらガニが多く居て、ヒラメはそれを食べに来るのではとも言ってました。漁師が塩谷海岸の沖で網を入れないのはそのためで、網を入れてもへらガ二でいっぱいになって、漁にならないそうです。

ご本人も船でヒラメ釣りするらしく、忍路岬先端あたりから塩谷海岸の25mラインでかなり実績あるそうです。そんな話を聞くとやはり塩谷はヒラメのポイントなんでしょうね。





そんな話を聞きつつ、一応ロッドも出してみますが、結局ノーヒットでございました。水温からするとまだまだ狙えそうなので、人ごみを考えるとやはり平日が良いようですね。

そして8時半過ぎには終了でございました。
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/500-3fddb760
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ