需要

クロゾイ45センチが釣れたぜ!



積丹島武意海岸でクロゾイの45センチが釣れました!MURAMASAさんが今週はハチガラ行かないのですかと打診があり、天候が心配されてましたが、土曜の夜でも朝方は雨模様でしたが、日暮れも早いし何とか持ちそうな感じでした。

ならばヒラメ→ハチガラ→夜ボッケ釣りと企てましたが、風と波の状況考えると西積丹側は波風立ちそうなので、ヒラメ釣りは諦め、東積丹側でハチガラ→夜ボッケプランにすることにしました。

インフルエンザの予防接種とタイヤ交換を土曜日の午前中に片付け、冬の準備も万端でいざ、積丹に向かって午後3時にMURAMASAさんと出発です。


積丹に近づくにつれて小雨がぱらぱら。始めは笠泊海岸にするつもりでしたが、着いてみてびっくり。熊出没で通行禁止の札が。

怖いので同じ島武意海岸の展望台下、最右海岸へ行くことに。途中タケノコ岩に渡ろうと思いましたが、ちょっと体力的に不安もあったのでやめました。

トンネルくぐって遊歩道くだり30分ほど歩きましたが、寒いと予想し厚着したものですから目的の岩場まで付くと汗だくです。




△こんな感じの坂下ります。


△途中のゴロタ浜


△だんだん険しく


△途中はロッククライミング状態です。

しかしこの時期日暮れも早いので夜釣りが長く楽しめますね?。

波の様子ですが途中の小樽、余市あたりはほぼベタなぎでした。波の予報が3mだったのですが、ぜんぜん予報が違います。と言うのも南の風だったので、石狩湾沿岸のみ波がなかったのだと思われますが。

早速、汗を拭き拭き準備に取り掛かりノーマルパルス赤にZ式シンカー5号、テキサスで探りいれます。キャスト→着底→ボトムパンプで魚の居場所探りです。ポイントも少し変えながら方々探りいれます。


△見難いですが現場はこんな磯です。

そういえば海岸に入る前に釣り人2名とすれ違いましたが、右側の海岸でアブラコが結構出たと教えてくれました。しかし夜ってアブラコ出ないのよね。

ま、それはさて置き底に居ないのが分かったので、今度は中層スイミングかけてみます。するとかけたとたんです。

「こつ!」小さなバイトでしたが、引きは強いです。ここで岩鬼のポテンシャルがでます。結構楽に引き寄せられました。

なのでそんなに大きいとは思ってなくて、海面に現れてもそんなに大きいと思ってませんでした。

あ、タモがそばにない!それでもさすがに抜き上げが無理そうなサイズだったので遠くにいたMURAMASAさんに大声で「タモお願いー」と叫びます。

1回、2回と叫びますが気づいてくれません。「タモー」と叫ぶとようやく気づいてくれて、持ってきてくれました。タモ入れをしてあげようとした瞬間「ぷっつーん」とラインが切れるではないですか。

危なかったーぎりぎりセーフでございます。


△いえーい。

計ると45センチもあります。グッドサイズ!もしかしたら完全おかっぱり自己新記録ですね。

気分を良くして再度釣りに集中しますが、予報より早い雨がぽつぽつと。すると今度はMURAMASAさんが「来たー」と叫んでいます。少し小ぶりではありますが待望のハチガラゲットです。







その後はあたりが集中しガヤや小ゾイのオンパレードが続きます。ワームも45センチのクロゾイが大量に大ナゴ吐き出したものですから、先日、大ナゴ対策に買ってあった、ガルプのサンドエル(確か)4インチで結構来ましたね。

さらにガルプパルスで試すと、先ほどの45センチまで行きませんが、まあまあの引きです。すると今度は島武意海岸名物シマゾイです。33センチのナイスサイズですね。








△ほぼ土砂降りですが風がないのが救いでした。

日も暮れて2時間ほどでしょうか。バイトが集中したのは。最後にホッケとガヤをあげましたが、雨が予想以上に強くなってきました。ゴアテックスのジャンバー着てるものの、だんだん染みてくるぐらいです。

やる気もうせて来ましたが、ホッケもここ数年抱卵ボッケ逃してるのですぐ隣の幌武意漁港へ土砂降りの中向かうことに。

さすがにこの雨じゃ釣り人も居ないだろうと思いましたが、着いてみると結構な車の数です。内防波堤側に向かいます。釣り人ざっと7?8名。

皆さん投げ釣りですがお一方スカリにタップリホッケを入れていました。どうも入れ食いタイムは終了しており、群れは港内に居ない感じです。

それでもジグヘッドにパルスで探りますが、まったくもって反応無しです。しかしこの雨なのに釣りバカとは私も含めてこの人たちの事ですね(笑)



と、ここで事件が!

防波堤の先端で釣りをしていて、振り返ると防波堤の縁へ釣り人が張り付き、腕を引っ張ってあげようとしています。ん?一瞬何事かと思いましたが、すぐに状況つかめました。海に落ちたようです。

ライフジャケット付けていたので事なきを得たようですが、目撃したMURAMASAさんによると気が付くと海の中を歩いてるように見えたそうです。

本人は防波堤がLの字になっている向こうにも防波堤があるものだと思って歩いていったらドボンと落ちたそうです。やはり水を吸っているとかなり重たく、あげるの手伝いましたが、二人であげるのは無理がある感じです。

まさしくライフジャケットで命拾いでしたね。ライフジャケットは必ず着用しましょう。

で、釣果のほうは結局無しでございます。抱卵ボッケは今年釣れるかな?。ヒラメも釣り足りないし。
来週は室蘭沖ボーカジカだし、今年も色んなタイミング逃しそうです。


△まな板の上だと大きさ実感します。
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/494-3ecee8ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ