FC2ブログ
需要

2007年ヒラメ釣り最終章


△今年も本当に雪が少ない

ヒラメ釣りも今年で最後ですね。平年より海水温度が高目推移と言われて居ますが、魚釣りをしているものとして、やはり実感として、釣れた魚は暖かいと感じています。サンマ漁が例年より1ヶ月も採れ続けていたことも考えると、確かに高いんでしょうね。

しかし日本近海 日別海面水温の平年差を見ても日本全体としては高いところが多いといった感じです。
表面水温も10度ぐらいですから本来であればヒラメは釣れない海水温度ですが、昨年、一昨年と12月でもヒラメが釣れたとの未確認情報もあり、試してみたくて仕方なかったのです。

そこでやはり実績の岩内港が確実でしょうと考え、行ってまいりました。しかしながら今週も土曜日は完全に家庭の用事でアウツ。ならば最近のパターンの夜中出発で明け方までコースでございます。


岩内港に着いたのは午前2時半過ぎ。日が短くなったこともあり夜釣りが長く出来るのは良いですね。波もこの時期としてはめずらしいぐらい予報でもなかったのですが、風が西風で岩内の場合は東側では波が無くても釣りにならないポイントもこの時期は多いんですね。



したがって寒いのも手伝って車横付け出来る第1埠頭が風も背に出来ていいんですね。早速、愛竿岩鬼にバグアンツクロ4インチにテキサスリグで第1投です。ま、簡単に当たりは出ないっすわね。何投目かにあたりではないものの、無いやらかなり重いのが掛かり、根掛かりでもなく寄って来るのでもしやとも思いましたが、案の定海草とゴミがリグに引っかかってまいりました。

さらに左右に移動しながら足元までじっくりスイミング中心に攻めていると、「ゴン」とあたりが!

あげてみると20センチ程のカジカ君でございました。残念?。



暖冬とは言え長いこと外に居ると手足にこたえるし、あたりもほとんど無いので、向かいの漁業埠頭まで移動してみます。しかしこちらは向かい風でかなり釣りにくいので、30分ほどで、また向かいの西防波堤付け根の突堤にさらに移動です。



こちらは防波堤の壁が風除けになる上に追い風ですからかなり釣りやすいです。追い風に乗ってリグ、ビュンビュン飛んで行きます。

今度はワームを赤パルスにチェンジしてやはりスイミングパターンで底を意識しながら探ります。何投目かに明確なあたりが。

ソイっぽい引きですが手元に引き寄せるまではもしやヒラメではなんて考えるとなんかワクワクするんですよね。

が、しかし、現れたのはまたまたカジカちゃんです。今度は30センチ越えてそうな感じです。カジカ釣りに行くとカジカが釣れず、狙ってないのに釣れちゃうのが釣りの予想できないところでもありますが。





するとなにやら吐き出したのですがどうもカニのようです。エビっぽいのもありましたね。ベイトも豊富なんでしょうか。

そして問題は次です。すぐに同じコースを攻めていると「こつん」と明快なあたり!すぐに合わせて巻き始めると軽いんですこれが。ただ、問題はそこからです。

近づいてくると急に重くなるんです。あ、もしやこれは平べったいやつかも知れん。

と、思ったら、ふーっと軽くなってしまいました。ちっきしょうーばれてしもうたー。

逃がした魚は何とでも言えるので、ヒラメと言う事にしておきましょう(笑)結局、魚はそれまでで、午前5時半過ぎには終了しましたが、もしやフェリー埠頭でホッケが釣れていたら、おこぼれちょうだいするつもりでしたが、案の定フェリー埠頭側は風波が立って釣り人ほぼ居ません。



ならば、最後は帰り道の塩谷海岸があるではないですか。寄っては見ましたが波はそんなに高くないのですが、帰りの時間に引っかかってしまい結局竿出さずに帰ってきました。

とうとう2007年ヒラメ狙いはこれで終了とします。来年の6月頃まではお預けですね?。

福袋予約

アルバイト確定申告

副業確定申告
スポンサーサイト



[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/487-d70e8972
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ