需要

アメマスプロジェクト始動!




本日、今年からの課題に上げておりましたアメマス釣りに行ってきました。最近めっきり気温も低く、雪もてんこ盛り状態の中で、釣りに行くモチベーションも下がり気味ですが、先週は釣りに行けてないので、今週は何としてでも釣りに行くつもりでした。

週末の天気を見ると日曜日の方が土曜日よりも多少、マシでございます。合わせて日曜日に長女のお友達スキーレクレーションもあって、そちらにも顔出さなければなりません。

ならば、短期集中アメマスゲット作戦と言うことになると、積丹方面しか選択肢ございませんでした。島牧方面でもいいのですが往復時間考えると、やっぱ積丹でスプーンやらミノーやら使って狙うしかないっしょ!

こう、寒いと準備するのも、つい億劫になりがちですが、アメマス釣りだと10フィート程のロッドにリール一丁で、サーフや漁港あたりで使いまわし効くし、ルアーケース一つあれば道具事態の準備はとても楽です。さらに釣れない確率も高いしね(笑)

などと考えてた時にhojoさんから「今週アメマス行きましょう!」とのお誘い。ならば、hojoさんの所も家族もちなので、短期集中釣行には時間が合うはずと思い、返事を出すと同じような状況なので、利害が一致し、いざ積丹へゴーです。  
積丹アメマスツアーのポイント考えていたのですが、まずは一度試してみたかった幌武意漁港右側磯場でのアメマス釣りです。過去、私の知り合いもサクラマス上げてたりするポイントなんですね。北海道の釣り2月号でも紹介されてます。

それから定番の入舸漁港あたりで、防波堤の上から怠慢フィッシング。そして美国川河口の70センチモンスター実績のあるサーフ湾洞で釣る。この3箇所が思い浮かびました。

でも何より途中、積丹方面に情報精通してる「プロショップ川口」で情報収集するべか、と言うことで休日前は夜中もやっている、プロショップ川口寄って情報収集です。

すると全体的には時化てて釣りになってなかったそうですが、野塚漁港で数は出ないが港内で釣れた実績があると聞いて、やはり聞いてみるもんだなと思いつつも、野塚漁港は候補として抑えておきました。


朝の6時半頃には幌武意漁港右側磯場に到着です。まずは下見して見ますが、薄暗いうちから初めての場所はリスクあるし、雪もやはり多いので、まずは入舸漁港行きますか?と言うことにしました。

入舸漁港に移動すると釣り人と思われる車が2台ほど待機中です。ホッケの時期も一段落すると、投げ釣り組の姿もありません。これだけ寒いし雪も多いので、さすがに釣り人は少ないですね。

幌武意漁港では風はあまり無かったのですが、入舸漁港ではかなり強い西風です。したがって風に背を向けて、中防波堤から港内側にしかミノー投げることが出来ません。1投、2投とロッド振りますが、反応もないし、寒いし、こうゆう状況ではモチベーション下がるんですよね。



なんせルアーを投げるの考えると厚手の手袋履けないので、軍手でキャスト繰り返していたのですが、手がしゃっこくて厚手の手袋に替えて、キャストすると、案の定、リールのベールがキャストと同時に戻ってしまいライントラブル発生です。

こうなると解くのが厄介なんですよね。外ではさすがに寒いので車に戻って、ようやく解きましたが、すっかり気分もトーンダウンです。



同じ時間帯に船揚場の斜路で釣りはじめた釣り人も釣れてないような感じです。そしてhojoさんにもやはり反応がないようです。

風も強いし明るくなってきたので、下見をした幌武意漁港の右側の磯に行って見ましょうと言うことになりました。


幌武意漁港に戻って見ると釣り人らしき車が1台止まってます。ポイントは東防波堤のすぐ右側の玉砂利の浜です。雰囲気は余別来岸漁港南防波堤の右側の海岸に似てますね。なんとなくアメマスが溜まりそうな感じもします。



足場を確かめながら雪を漕いで海岸に出ます。波打ち際は雪が無いので釣りやすいのですが、波しぶきが岩の上に張り付いて、凍ってスパイクブーツじゃないと危ないですね。

ここは遠浅気味の海岸ですが、まずは18gのスプーンで試してみます。風も気にならないし、気持ちよく飛んでくれるのですが、このぐらいの重さだと、やはりいまいち距離が伸びません。

幸いだったのは根掛かりしてもすぐに抜けてくるので、思いのほかロストせずに済みました。で、反応の方ですが、こちらもありません・・・。

ならば距離を稼いでスプーンの2枚重ねやメタルジグで広範囲に探りいれるも反応無しでございます。後から入釣されたアメマス狙いと思われる釣り人二人組みにも、ヒットしてない感じでしたね。







ならば、奥に進み岩の上から岩の間の深みなど探って見ますがこちらも反応無しです。後から来た釣り人もすぐに帰ってしまったようです。

するとちょうど除雪車が漁港に入ってきて、駐車の車が邪魔なようだったので、反応もないし移動でもしましょうか、と言うことで最後にプロショップ川口で聞いた野塚漁港の港内でやってみます。



さすがに積丹半島のほぼ先端です。西風吹くともろ正面からの風です。波も2.5mの予報だったので、そこそこ時化てます。と言うことは、もしや港内にアメマス逃げ込んでないかと、期待に胸膨らみますが、港内動き回ってスプーンで探りますが、まったく反応無しです。ジ、エンドと言うことで本日は終漁でございます。

アメマス釣りは、こんなもんでしょう。条件もありますが、狙うとなかなか釣れないもんです。「やっぱ島牧あたりまで遠征すればよかったかな?」などと帰りの車中で話すも、島牧行ってもボーズだってありますからね。ま、根気よく通って、ロッド振り続ければ釣果にも恵まれるでしょう。

こう寒いと楽しみはやっぱ「お♪ん♪せ♪ん」です!



先日気になっていた、新築の余市町は鶴亀温泉で暖まって帰ります。その前に、以前から情報もらってたホームセンターラッ○ーにトビスがたくさんあると聞いて寄ってみました。



すると確かに20gの赤だけですが、たくさん在庫置いてました。トビスももう少し重いのあるといいんですが、この時期のアメマス釣りだと20gだとちょっと軽いんですね。そこでプロショップ川口で川口オリジナルの「ケニー」と言うトビスに似た40gのルアー1個仕入れておきました。



また、ラッ○ーでは「JIGGY」なる、28gのジグが2個も入った格安ルアー見っけたので、ついバイトして購入してしまいました(笑)

こうやってルアーがどんどん増えていくんですよね(笑)

鶴亀温泉は以前から泉質は余市の中でも好きだったのですが、施設も新しくなってかなり快適です。2階が浴槽で、場内に入ると温泉の臭いがかなりします。湯船に浸かると体が暖まりますね?。残念なのは露天風呂もあるのですが、壁があって海の景色がふさがれてるんですね。

たぶん民家かなんかがあるんでしょうね。休憩室はもちろんですが、食堂も併設されてるので、腹ごしらえを済ませ、午後には娘のスキーレクリエーションにボードで合流です。

何でもhojoさんも午後からスキーだったんだとか。手稲山から見える札幌の景色は綺麗ですね。晴れ間も時折見えてたので、結構遠くまで見えました。




スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/473-2fddaaa3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ