需要

ソイすら釣れないのか???



今週末こそお魚さんの顔を拝みたいと思い作戦を練る。まずはカミサンに土曜の夕まず目に向けて釣りに行ってもいいかと打診。

カミサン「頼むから家に居てよ?」

私「がーん」

何とか普通の夜釣り帯でクロゾイ釣って帰ってきて、念願のアクアパッツァ作りたいと思っていたのですが、またしてもプラン玉砕。

しゃーない、いつもの夜中出発の朝方コースしかない。ただし今週は土曜日の夜にカミサンの実家で、お雛様パーチーがあるのみなので、土曜の朝まず目も使える。

ならば苫小牧で夜中クロゾイ、明けて東港フェンス横でアメマス、釣れなくてもマイワシあるし?みたいなコースかなと。

潮廻りこそ悪いが天候は持ちそうなので、金曜の夜は、いつものように酒かっくらって、早く寝て、夜中1時めざましセットで苫小牧出発です。

△一本防波堤から見る火力発電所

ポイントはMURAMASAさんとやっちゃんさん(ちゃんに「さん」付けると何かへんですが)が以前、苫小牧でクロゾイ釣ったポイント行こうかなとも思いましたが、クロゾイといえば40UP50UPの実績もある一本防波堤に、行くことにしました。

ま、その方がフェンス前に近いし、移動も楽だしね。ただし夜の入釣なので、久々に行くこともあってチョビット不安でございました。

高速かっとばし一路東港めざし、一本防波堤には少し戻ることになりますが、夜だと入り口分からないかなと、思いましたが何とかたどり着けました。

さすがに、他の車もなく貸切でございます。実はコマイ狙いで何度か着たことはあるのですが、クロゾイ狙いで一本防波堤に入ったことがなく、結構ポイント絞りにくかったりします。

とりあえず手前のテトラ付近から攻めます。しかし波の予報が1.5mでしたが、海面はほぼ鏡状態です。こう波が無いとお魚さんも食い気が無いケース多いんですよね・・・。

その前に手前にリグを落として深さを確かめます。カウント6ほどですね。意外に浅かったりします。今日のリグはジグヘッドの11gに赤パルスから通してみます。

右にキャスト。カウント6.ベタ底からゆっくーりリトリーブ。反応無し。同じく右にキャストカウント3。ゆっくーりリトリーブ。反応無し。

正面にキャスト。同じ繰り返し。共に反応無し。思い切ってテトラを横切るように左にキャスト。根掛かり覚悟でボトム付近から攻め続けます。

まったく反応無し。ワームをエコギアグラスミノーLミッドナイトグローにチェンジし、キャップライトで光を蓄え、再びキャスト、リトリーブの繰り返しです。

ロッドも豪腕「岩鬼」なもんで、シンカーを軽くしても、5.3kgぐらいが限界ですね。風も無し、波も無し、もしや魚も居るかも知れないのですが、こんなときはシンカーサイズ落として、

ロッドも軟らかいのにして、ラインもナイロンで攻めると、食わせれると思うのですが、そこまでして小魚をダメージ与えて食わせたくないし、何より私の釣り哲学(大きなリグで大きな「魚だけ」釣る!)に反します(なんちゃって♪)

と言うわけで反応無いので先端に移動しながら探り入れます。ここは前も色々試したのですが、底は海草が結構生い茂ってる感じですね。

だからクロゾイも寄ってくると思うのですが、根掛かりが結構あって、引っかかるけど抜けてくるパターンが多いです。そして海草が絡んでるみたいな感じです。

先端まで着ますが、実に反応ありません(笑)先端で少し粘るもダメですね。胸壁に上って反対側も試しますが、まったくもって反応無しでございます。

途中、ガルプ一発4インチミノー赤で探るも、まったく反応無しでございました。仕方なく基部まで戻りつつ、探りますが同じ状況です。

ついにテトラ帯まで戻り、今度はテトラの上に登って、しつこくテトラ廻りのみ攻めます、が、が、が、反応無しでございます。

テトラから戻ってリグをチェンジしようかと思い、戻ろうとすると。ガムテープで補強してた、キャップライトが、ふたごとテトラの間に落ちてしまいました。

あ???。おっと何とかテトラの間の、手が届くぐらいの雪の上で止まってくれました。安物はいかんですね。やっぱ。

それから胸壁側のテトラ付近も、かなりしつこく攻めましたがまったくもって反応無しです。では、ご登場願いましょう。

がががΣ(゜□゜;)ガーン(。□。;)ガーン(;゜□゜)ガーン

じゃ、明けたらアメマスかマイワシもあるしね、と気分を入れ替えフェンス前まで移動します。



あれれ?フェンス前ぜんぜん人居ません。観察してるとマイワシぜんぜん釣れてまへんがな。やば、マイワシは最低でも確保できると思ったのですが、これではマイワシ無理です。

ならば、アメマス狙いアングラーは少々居たので、予定通りアメマス狙いからです。ロッドは面倒だったので、岩鬼そのままに、先日余市の○ッキーで買った「JIGGY」28gのジグで探り始めます。

このジグですが確認すると結構、お尻をふりふり泳ぎますね。アメマスが「居たら!」いちころじゃないですか。

でも、回り含めて生命反応ございません。今まで奥が川の流れ込みだと思ってたのですが、火力発電所の排水ですね。そこのフェンス前は7、8人のアメマス狙いアングラーでかなり盛り上がってましたね。





なんか釣堀みたいな感じですね。私的には、大海原へバシっとリグをキャストして、釣るほうが性分にあってるので、そこはスルーして、思案しました。

苫小牧まで着てボーズで帰れないよな?。でも夜が明けたしクロゾイは無理だよな?。

あ、穴釣りがあった!

ならば、西港かその前のマリーナ港に行ってみよう!

マリーナ港の駐車場に着くと車いっぱいです。たぶん船釣りの釣り人なんでしょうね。で、なにげに外防波堤見ると穴釣り師が、胸壁の上に立って、魚狙ってるのが見えるではありませんか。

よし!ここで穴釣りやって帰ろう!そそくさと準備整え、雪の積もった防波堤歩いて、先端の方へ歩き出します。先ほど見えた釣り人が近づいて、挨拶交わします。

私:「おはようございます」「どうですか?釣れてますか?」
釣り人:「ぜんぜんダメだ」

がががΣ(゜□゜;)ガーン(。□。;)ガーン(;゜□゜)ガーン

私:「あらららら・・・」

しかーし今回こそは絶対釣って帰るぞ!と気合を入れて穴釣りチャレンジです。マリーナ港はすごく整備された漁港で、遊漁船の基地的な漁港ですね。



本来は投げ釣り禁止漁港みたいです。先客の釣り人もあまり先端の方でやらないほうが良いと教えてくれました。

したがって遠慮がちに基部付近で穴釣りです。しかし入れる穴、入れる穴、まったくもって反応無しでございます。ドンコでも良い!私に魚の感触味合わせてくれー。







願いもむなしく、反応まったくございません。

よし、最後の手段だクロゾイ買いに行こう(笑)

と言うわけで、西港近くの港市場へ。朝も早い時間ですが、さすが市場は開いてます。左の棟に行きますが、鮮魚見ると、カジカ、クロガシラ、タラ、ニシン、スケソウなどありますが、ソイがまったく見当たりません。

あら?、するとあばっちゃんが「ババガレイどうだい?2,500円でいいよ!」えーそんなの買いませんから?。



おばちゃんに悪いが、その場を立ち退き、隣の棟へ。同じく鮮魚売り場へ。

あ、クロゾイがあった!あら、でも40センチぐらいありそうだわ。
40センチじゃアクアパッツァ無理ですわ・・・。

向かいの鮮魚店にも行きますが、ソイ見当たらずで、聞くと「ソイは入ってこないね」とおばちゃんのつれない返事。実はその日の夕方、石狩の釣具店の隣にある、プレハブ小屋の鮮魚店があって、前々から気になってたのですが、もしやソイ無いか思い、カミサンの実家に行く前に寄ったんですね。

ソイはなかったのですが、聞いてみると「ソイは入ってくるけどものすごく小さいよ」との事。
ま、そんなこともありつつ、

しょうがないので、楽しみは

温泉でんがな?

ただ、時間が早いので、途中の温泉、ことごとくダメです。恵庭にラフォーレだけは入りたかったのですが、11時開店で通りすぎた時間は1時間も早い10時。

しょうがないので札幌の中心部縦断したので、極楽湯で疲れた心と体をいやしました。温泉はやっぱ良い!疲れが取れるし、気持ち良い!

将来は積丹あたりで、温泉ログハウスでも経営しようかな?。

と言うわけで、今週もボーズと相成りました。来週こそはと思いますが、アメマスも狙ってないし、ちょんちょんクロガシラも始まってしまう。

忙しいシーズンがまもなく到来ですね。あ、ホッケも忘れてる!






スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/465-a974cfc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ