需要

べた凪ぎの日本海でヒラメ狙い!


▲紅葉の山から出てくる朝日が綺麗でしたね。

すでに10月の後半です。雪が降ると磯で
釣りが出来なくなっちゃいますね。

秋もハイシーズンですが、天候と休みと
釣りたい魚とポイントの条件が中々合わない(;>_<;)

予定では黄金でボート借りてトウベツカジカ狙って
ロックフィッシュもやって、鮭もついでにやって、

時間が余ったら沖でソウハチなんぞ釣る、
贅沢フィッシング予定してましたが、

週末に近づくと、何か予報がおかしいんですよね。

東の風で日本海方面が凪ぎの予報です。

東の風だと噴火湾波が立ってしまいますね。

そこで予定を変更して、先週y旦那さんが
二万歩でブリを狙ってみたいと言ってたので

二万歩でブリ&ヒラメに変更でございます。
ヒラメは分かりませんが、よく島武意海岸の沖で

潜るダイバーさんの話では投げ釣りで届くぐらいの
ところにヒラメが居るのが見えるとのことで

ブリスタイルで遠投かければもしや釣れるかもしれません。
まぁやって見なきゃわからないし、狙わなきゃ釣れないしね。

ということで、前置きかなり長くなりましたが
夜明けちょっと前には島武意海岸展望台駐車場に着です。

▲これは帰りに撮った写真

薄暗い中、y旦那さんと山道歩き始めます。

やはり熊が怖いので熊よけの鈴はちりんちりん鳴らしながらです。
目指す二万歩の磯は端っこなので、熊は来ないと思いますが・・・。

そして海岸に降り立つ沢を漕ぎ始め、頂きに立つと海が見えます!



おーベタ凪ぎだ。おそらくブリ狙いであろう遊漁船も多数見えます。
ところが、斜面が風化してて道がなくなってます^^;

いつか無くなるだろうなと思ってましたが、
最初の斜面部分がほぼなくなってます。

ただ、斜面に手を着きながら慎重にあるけば大丈夫そうです。
そして海岸に降り立ち歩き始めます。



やー久々の島武意海岸ですね?。
磯の香りが懐かしい。海岸の岩肌も久々ですね。

沖には相当な数のボートやら遊漁船がでてますね。
風向きは左から右に、潮も左から右に流れてます。





二万歩前に到着しy旦那さんと相談して、この風と波なら
積丹岬の先端に行った方が風も背に出来るし釣りやすそうじゃないかと。

こんな条件めったにないので、また少し激磯歩くが
行きましょうかと言うことに、

無理やりしました(笑)





そして歩きにくい岩場や玉砂利歩き続け先端の積丹岬着です。

早速。準備に入りますが、べた凪ぎのせいか
漁師の磯船が左から来るわ、来るわ・・・(-_-;)

へたすると50艘?いやいや100艘?とにかくものすごい数です。
中々ロッド振れませんがな。



合間を見ながら根の様子探るために捨てジグジギー28gで
ブリを意識しながらジャークしてみます。

少しずずカウント数へ、ヒラメを意識しながら
ボトム付近までジグを落として、誘い始めます。

すると、2投目程に魚の感触です。

ロッドを煽と中々の重量感。ただ、巻いてるとぐんぐん首を
振ってますね?。海面に魚見えます。案の定、アブラコちゃんですね?。



さらに正面側に投げ直すと、フォールでまたまた魚の感触です。
次はガヤがジグにヒットしてきました。



最初のフォールでどうも魚にスイッチが入りバイトしてくる感じです。
かなり魚が活性が高い感じですね。

今度はジグからワームにチェンジしてボトム意識しながら探ります。

釣れてくるのはやっぱりアブラコ。婚姻色入ってますね。





沖を見ると鳥山が出てるのですが、その付近を
ばっちゃんばっちゃん言いながら魚が跳ねてます。

ブリがジャンプしてベイト追ってるんでしょうね。
しかし全然届く距離じゃないですけど・・・。


▲わかりにくいですけど、ものすごく波飛沫たってましたよ。

間違って一匹ぐらい岸際回遊してくれないべかね。

途中、ジグやらワームやら投げ分けてみますが、
やっぱり釣れるのはアブラコばかりなり・・・。




▲アブラコ時々ガヤみたいな・・・。

ブリも意識しながら、ジグを軽いのから重いのに以降しながら
探ってると、40gのカルディバ激投ジグブルピンをロスト(T_T)

さすが積丹岬の先端です。所々根があって、
ルアーの重さにもよりますが、根掛かりしちゃいます。

重くないと遠くまで探れないし、軽いと飛ばないし、
ポイントポイントによるグラム数のバランスが難しいですね。


▲磯船が作業中。アワビ漁みたいです。








▲釣れても、釣れてもアブラコばかり・・・。

今日は結構ジグ、ワーム共にロストしちゃいました。

結局、ヒラメもブリも釣れずアブラコばかりなりでした。
でも、アブラコだけ狙ったら相当釣れたでしょうね。

条件さえよければ夜釣りもしてみたいですね。
雰囲気はかなりよさげです。




▲なんか不発弾みたいのが刺さってます(-_-;)

そして今度は帰り道がまってます。休み休みで帰りましたが
駐車場まで休まず行けば40?50分ってところでようかね。


▲韓国産ペットボトル


▲さよなら島武意海岸、また来年・・・。

そして本日は二部構成(笑)

岬の湯で疲れた体を休ませて、少し寝て、英気を養います。
夕まず目も狙います^^;



温泉で確認すると、当初夜の7時ぐらいから雨の予報でしたが
2時からと早まってます。

3時ぐらいに温泉出て向かう予定でしたので、ちと心配でございますね。

温泉出ると、ポツ、ポツ、・・・・。雨です(T_T)
予報でもだんだん強くなる予報ですね。

元々雨の予報だったので入釣しやすいポイントに
入ろうと思ってたのですが、祈石の駐車場に着いたときには土砂降りです。

少し様子見ますが当然ながら止む気配もなく・・・。

y旦那さんと顔を見合わせ「どうする?」






























もちろん土砂降りの磯に二人とも立ってました(笑)

風もないし、波もないし、お持ち帰り用のソイも
釣りたかったので、雨さえしのげれば問題ないです。

寒さも気にならないので、雨具しっかり着込めば大丈夫、大丈夫。

神威岬過ぎたあたりから、ますますベタナギです。

何か魚っけなさそうですが、作戦的には夕まず目の良い時間帯を
左から探り歩き、ヒラメをさくっと釣って

右側の柿崎の澗との溝で姿煮用マゾイをさくっと釣って
パット帰る予定です(笑)

そして左側の磯に立ち、アイオーカスタムで探ります。



扇状に探ってると右側に投げて誘ってると
痛恨の根掛かりΣ(゚Д゚)ガーン

1600円某なくしました。Σ(゚Д゚|||)Σ(゚Д゚)ガーン

ここの海岸は足元から張り出しあってその先は砂地。
春のカレイ場のメッカですね。

ヒラメ狙いは基本、カレイ場中心に攻めます。



気を取り直しワームで再チャレンジ。
大きなリフト&フォールで着底したら少しステイ。

この繰り返しで、今度は手前の根に注意しながら右側に
どんどん移動します。

中間部に来た頃、最初のフォールで「ここっ!」とあたり!
少し我慢すればよかったのですが

すぐに煽ってしまいスッポ抜け。
まぁあたり小さかったのであまり気にしてませんでした。

そして、あたりも暗くなり始め、
次のポジションに移動した直後、海面から魚がジャンプ!

がばっ、ざっぱーん・・・・・・・。(;゚Д゚)!(;゚Д゚)!(;゚Д゚)!

な、ぬわんと、ヒラメが小魚を追っていたのか、

わずか5m程前で海面ジャンプを目撃しました。

もう、びっくりしましたね?。
はっきりヒラメとわかるシルエットでしたから

びっくりしたのなんのって。

すると、直後に少し離れてたy旦那さんのロッドが曲がってます。

大声で確認するとヒラメが釣れたとの事。
30センチほどのソゲだったそうです。

やはり、祈石海岸ヒラメ居ますね?。
今度はじっくり狙ってみたいです。

その後暗くなり右側の溝も探りますが、まったく
ソイの反応ないんですね。

かろうじて小さなあたりを合わせると小ゾイ^^;



雨もだんだん強くなり、あまりの反応の無さにモチベーションもダウン。

7時前には終了でございます。

冬が一歩一歩近づいてきます。磯釣もいつまで出来るかな?。

今日、助かったのは、下はウェーダーでしのぎ
上はユニクロで買った雨風は防ぎムレにくい

ブロックマウンテンパーカ

セールで7,980円で売ってたの気がつかず、
9,980円で購入。そしたらまた今週のチラシで7,980円でした(T_T)

ムレはしますが、防水は完璧です。
あとは時間が経てばどうかというところですね。

首が繋がってるところがよくて風も入りにくいですね。
もちろん雨も防ぎます。

要はカッコイイカッパですね。
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/46-386cc78b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ