需要

今週こそ大爆釣か?



今週こそは何とか爆釣したいと願いつつ、いつものように週末の釣行計画を考えていたわけですが、そんな時にhojoさんより日曜日にお誘いの連絡がありました。

今週は土曜日が仕事なのでちょうど日曜日しかなかったのでお誘いに乗ることに。じゃ、何を釣りに行こうかと言うお話ですが、カレイもピークホッケも釣れている、サクラマスも良い、ソイの抱卵岸よりも始まっている。

そんな折、平日に○り新聞の○木田記者に仕事の帰りに声を掛けられました。弁慶でホッケがいいらしいという話や、弁慶ではサクラマスも釣れるとの情報を頂きました。

これは一挙両得(二頭追うものは一頭も得ずとも言いますが 笑)でこれしかないと直感しました。ワームでハードルアーで、コマセもしっかり撒けば、ホッケ爆釣で、もしかしたらサクラマスです。

道中「ホッケどうやって喰うかな?」「ホッケは調理の幅多い魚だしね」「サクラマスの刺身どうなのさ」などと釣った後の話で盛り上がります。


寿都町の弁慶岬には朝の5時過ぎには到着です。さすが有名釣り場ですね。ホッケ狙い、サクラマス狙いのアングラーでびっしりです。

が、駐車スペースの丘の上から少し様子を見るも上がってる様子がまったくありません。確かに本日は超が3回ぐらい付くほどのベタなぎです。

いやーな予感がしますが、まずはサクラマス狙いで隙間見つけてJIGGYからキャストします。やはり、回りも釣れてなければ、ホッケすら釣れてる様子がないので、すぐにモチベーション下がります。

しかし、ホッケのウキ釣り狙いの人たちは、それでも何とか上がってるようです。ただほんとに一握りの釣り人がたまに上がる程度で、エサの違いなのかポイントの違いなのか、差が出てるようでした。




△写真からも分かるとおり海面は「鏡」状態です。

でも、20?30人ほど居て見えてる範囲で全体で5?6匹程度ですからまったくといっていいほど釣れてないですね。

そこで、ホッケに絞り、釣れてる湾洞に移動し、コマセも打ちつつワームやら探ります。が、エサのウキ釣り師でさえ、釣れる人と釣れない人居るぐらいですから、ルアー釣りは不利です。

時間がもったいないので、hojoさんにロックフィッシュにしませんかと提案。1時間そこそこで弁慶岬は後にして、一気に積丹の島武意海岸まで北上します。

途中、草内海岸のホッケ様子見ましたが、帰り際の釣り人に話を聞くと暗いうちから入って、ホッケ3匹と、もう一人が5匹でやるだけムダだとの事で、もし爆釣だったら試すつもりでしたが、迷わず島武意海岸に行くことに。



今シーズン初めての二万歩の岩場に向かいます。年々風化が心配されるくだりの足場もやはり、かなり歩きにくくなってます。

下っていくと釣り人が一人、釣り終えて、登りの坂で休んでおりました。

カヤカ泊に入ったらしく釣果は思わしくなかったようです。しかしここは絶景ですね。沖に何艘も船が出てるのが見えます。風もなく波もなく、さらに気温も高い。すでにジャンバーも要らないぐらいです。

ま、得てしてこうゆう時は厳しいですが・・・。

ポイントは坂を下って最初の出岬です。このあたりはアブラコの宝庫ではずすことはあまり無いところです。しかし、折からの超ベタなぎ。こちらも条件は変わりません。



ワームで岩の回りやらを丹念に探ります。ワームもガルプ中心に居れば間違いなく喰うはずのセットで望みます。

が、1時間と過ぎるもいっこうにあたりございません。そんな時、へたのヨコ釣り北海道日誌のhojoさんが大きな声を上げてます。

振り返るとなんとデカアブ手に抱えてます。48センチのおかっぱり自己新記録だそうです。やりましたね?。私も負けては居られません。移動もしながら、そこいらじゅうのポイント攻めまくりますが、あたりたった一回しかございません。




△休み休み登らないとキツイです。

温泉入って午前中には帰ろうなどと話していたのですが、あまりの釣れなさに結局お昼近くまで粘って終了でございます。

途中、アキアジ場で釣りをしていたhojoさんの会社の人が25枚ほど上げてたらしく、やはりカレイ釣りにしておけば良かったと思っても後の祭りです。

厳しい釣りが続いてますが今週末からは大爆釣となる予定です(笑)
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/455-0ec3e99a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ