需要

瀬棚沖防波堤で巨ゾイ釣りじゃー



今週末は昨年渡れなかった瀬棚沖防波堤の島防波堤で巨ゾイ狙いです。去年は東防波堤の沖防波堤に渡ったのですが、足場が高くてどうもあずましくないんです。

しかも昼間の釣り。今年こそは、だ?れも居ない防波堤に渡り、巨ゾイうはうはフィッシングをば計画してました。

もちろん夜釣りです♪(←あまり音符マーク使いたくないのですが、うまく気持ちを表現できないもんで)

今回同行いただいたのは昨年の参加者に優先的に声を掛けて、結局行けたのはいくさん、MURAMASAさん、ひらきんさん、私の4人です。

たなさんも行く予定だったのですが諸般の事情で行けませんでした。渡しの船頭さんは、昨年もお願いしていた、たなさんの知り合いの漁師さんです。

ちょっと心配だったのが天候です。土曜日は多少良いものの、日曜日はくずれる予報です。途中、岩内、寿都、島牧と南下しますが、風はあるものの波はまったくございません。

「これなら渡れるべ」と皆で話をしてたのですが、一本の連絡が携帯に入りました。船頭さんに連絡してくれていた、たなさんからです。

「風が強くて朝、渡した船頭仲間から連絡が入り、竿が飛ばされるぐらいの風なので、渡せない」との事・・・。

がががΣ(゜□゜;)ガーン(。□。;)ガーン(;゜□゜)ガーン

「折角、瀬棚まではるばる着たのに・・・。」

ま、自然相手の趣味ですから仕方ないです。

すると、まもなく瀬棚港に到着下のですが、渡しを待ってるっぽい、釣り人グループが居ます。

もしや他の船で渡してくれるところがあるかも知れない。そこですかさず電話です。すると・・・・・・。


「4時からわだすよ」との事、おーやったよ、一時は瀬棚漁港内で遊んで帰るつもりでしたが、これで渡れそうです。

そして、いざ、渡し船に乗り込みます。でも、やっぱ風強いけど・・・。




そして一年ぶりに待ちに待った瀬棚の沖防波堤の島防波堤です。渡ったグロープも明らかなロックフィッシュ狙いのグループは一組4名だけで、あずましく釣りが出来そうです。

でも、風が強い・・・。

もちろん、まだ明るいので外海側に切れ目のある胸壁から穴釣りで狙います。皆さん思い思いのポイントに散らばります。



以前も渡ったことがあるので知ってるのですが、ここは水深がかなり深いです。10mはゆうにありそうです。外側のテトラも大きく、ビッグフィッシュが潜む雰囲気満々ですよ?。

リグは前日に○ッシュランドで買い込んだZ式シンカーのテキサスで5号に赤パルス(買いだめしすぎて残ってるものですから・・・こればっか)で落とし込みます。

皆さん外海側や内側攻めてましたが、とりあえず明るいうちは集中的に穴を攻めました。



すると、並んで釣っていたいくさんに45センチで真っ黒なアブラコが掛かります。すかさず私にも20センチぐらいのマゾイが。

穴釣りばかりも飽きるので、風向き考えると、先端から沖に向けると追い風なので、先端を攻めます。





手前際になると、小刻みなあたりが頻発します。ロッドは岩鬼でラインはファイヤー直結なので、すぐに手元に感じるんですが、乗らないんですね。

それでもしつこく攻めて乗せると、ロウソクボッケでした。回遊魚なのに際に溜まってたかも知れませんね。



すると隣のグループの釣り人に大きなのが掛かったようすです。ぬわんと、おなかぼてぼての40以上ありそうなシマゾイ上げました!

時間にして、まだ明るい5時半ぐらいですから。際で出ましたね。

負けじと攻め続けるも、小アブラコしかでません(涙)





そして本番の夜釣りに突入です。しかし・・・

風が強まる・・・。底も取れない、あたりも取れない、魚は掛からない、条件悪すぎです。

途中渡し船頭の息子と名乗るお方が、丁寧に挨拶をして防波堤に乗り込んできました。

ジグヘッドの21gで風上に向かってキャストするも、飛びません。
皆さん苦労されてます。

MURAMASAさんにいたっては、休憩中心です(笑)

私もひらきんさんも、防波堤の溝で、風を避けながら休憩タイムです。そんな時、ほぼ休憩に来ただけなのかなと思っていたMURAMASAさんが防波堤でないやら叫んでいます。

風もだんだん強くなって着てて、声が聞き取れないのですが、どうも大きいのが掛かったらしく、タモを要求していたようでした。

なんとなく雰囲気から場を察し、タモを持って駆け寄ります。すると海面にデカゾイが見えます。無事タモを入れると41センチのドデカ良形腹ぼてクロゾイ君です。


△MURAMASAさんの希望です(笑)

休憩が功を奏したみたいです(笑)

それから少し気合を入れなおして、パワーシャッドに光を当てて、視認性高めて、探るも風が強すぎて、やる気そがれます。

風を避けながらMURAMASAさんが用意してくれた、湯沸しでカップめんディナーで時間をつぶすも、一向に風は弱まりません。波は無いんですが。

さすがに渡しの船頭の息子経由で確認すると、迎えに来るということなので終了でございました。

でも、あのシマゾイやMURAMASAさんが釣ったクロゾイ見たらまた行きたくてしょうがなくなりました。

よーし、またいったるで!えいえいおー!ビックシマゾイ、クロゾイ待っててくれよー。

ホントは朝までの予定だったのが時間が早まって帰り際の漁港で少し試しましたが、反応なしで朝の4時半には札幌に帰ってきました。

不健全燃焼は続きます(笑)

唯一、MURAMASAさんからクロゾイもらったので、今晩、2枚に下ろしたり、頭を半分にしながら、「無理矢理アクアパッツァ」にします。

家族全員、「アクアパッツァが食べたい!」と言うもんですから・・・。
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/453-abd05d41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ