需要

石狩で巨ゾイ狙い!


△デジカメ忘れてしまい新しく慣れない携帯のカメラでうまく撮れません。

本来であれば4日5日は瀬棚の沖防波堤でクロゾイリベンジでしたが、天候が悪く前日に中止の連絡がありました。ならば石狩ぐらいしか無いだろうということで、W船長に連絡するも「天候次第だがとりあえず時間には行くから」との事。

天気予報見てもどこも同じです。強風注意報まで出ています。石狩はもともと風の強いところですから、瀬棚と同じです。今年のゴールデンウィークはどうなってるんだー。これなら前半に釣りに行っとけば良かった。前半は家族サービスで北湯沢だったため、後半しか無いんですよね。長期予報でも後半はよくないんですよね?。

そんな天気なもんですから、瀬棚中止の代案として石狩を皆さんに話すと「風強いから、俺、止めるわ」と皆さん尻込みしてしまいました。

しか?し私は根性の釣り師ですから(笑)とりあえず、石狩も近いし、渡れなければ帰ってくればいいや、ぐらいのノリで向かいました。


この時期はクロゾイの、のっ込みシーズン。腹ぼての抱卵巨大クロゾイが釣れる時期です。行かないわけには行かない。港に着くと渡しを待つアングラーも数名おります。しかし案の定風は沖に向かって強いです。

一組のアングラーさん達は風を嫌ってかお帰りになりました。W船長に聞くと東の沖防波堤なら渡れるけど、行くかい?との事。他にも二組ほど渡る人たちも居るので、とりあえず渡ることにしました。

最後の渡しの人たちを待っていると沖から渡しの船が、数名の釣り人を乗せて帰ってきました。

な、なんと63センチのクロゾイを釣ったらしいです。

見せてもらいましたがでかかったです。エサの投げ釣りで釣ったらしいです。このサイズ沖防波堤にも居ますね?。気合が入ってきました。途中、帰ろうかとも思いましたが、渡る気まんまんです。

いざ東沖防波堤へ。着いて見るとやはり風があって釣りにくいです。ここは外側にテトラが入っているし魚が付きやすそうです。以前、いくさんのボートで釣ったときは外側がアブラコの宝庫だった所ですね。

初めてのところだしボトムの様子も分からないので遠投してボトム確認します。と言うか風がありすぎて追い風で釣るしかないです。

シンカーも3号4号の2連結で1オンスぐらいまでしますが、ボトム取れないです。ただ、多少根掛りしましたので、ソイは着きそうな感じですね。他のアングラーさんを見ると際でアブラコ上げていたので、私も試すとアブラコ、ガヤとヒットしてきました。





時間はと言うと巨ゾイタイムの7時ぐらいです。風が強すぎます・・・。

仕方ないので際ばかり攻めてるとかなりの重量感でヒットしました。アブラコの大きいのかと思いましたが、なんと40センチを越えたカジカでした。口から魚の骨を吐き出したりしてましたね。



そして暗くなるも追い風でしか釣りにならないので、ワームチェンジしてみたりリグをテキサスからジグヘッドの21グラムにしてみたり、シンカーを7gのテキサスで流して見たりとしますが、掛かるのは小ゾイとガヤのみです。

風を避けるように階段状の所から風上に向かって探るもまったく反応無いです。

気のせいか風も強まってきました。すると一人のアングラーさんにW船長から連絡が入り、風が強いので迎えに来るとの事。

ありゃ?本日も不完全燃焼ならぬ不健全燃焼です(笑)

教訓:「風が強いときはソイ釣りは止めましょう」

今年の巨ゾイ釣りはチャンスに恵まれるだろうか・・・。うかうかしてるとヒラメシーズンだ。カレイも釣り足りない。磯も行きたい・・・。サクラマス忘れてた・・・。

天候には勝てません(涙)
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/452-a0a3bd55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

石狩沖防波堤に行けず?渡し中止

本当は昨日、zさんと石狩湾進行の沖防波堤に渡る予定だったのですが、あまりに風が強

北海道エンジョイフィッシング![2008/05/05 16:37]

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ