需要

道南釣り紀行


△隊長の家の近くの飲み屋さんです(笑)隊長、もしかして行かれてます?

すいません。デジカメまたまた忘れてしまったため、慣れない新しい携帯での撮影です。お許しを。

今週は諸事情が重なり道南まで足を伸ばしました。道南といえば人気ブログ「ヒラメ調査隊が行く!」の管理人でもある隊長のひとしさんの家にお世話になりました。あくまでも諸事情と言うことでお願いします。特に笹○君頼みます。

最初はご一緒に釣りを企んでいたのですが、釣り大会の日程と重なったために、とりあえずご自宅まで会いに行って情報収集させていただきました。

サクラマス狙うなら鮎川大平盤だなどなど教えていただいたのですが、道南はすでにシーズン終盤。隊長のひとしさんは釣り大会で松前港に入るというので、ならば私も行こうかなと企みましたが、時間が合わなかったので、結局単独で松前港に沿い狙い、間違ってヒラメ狙いで計画を立てます。

△函館を感じさせる5号線の松並木です。

いつもなら釣りした後に現地でお土産買ったり、温泉に入ったりと楽しむのですが、日暮れのソイタイムまでかなり時間があるので、まずは温泉です。

松前まで来たのですから当然温泉も松前で入りたいですね。そこで今回は前回時間が合わなくて入れなかった松前温泉休養センターに入ることにしました。なんせ380円は安い。無色透明なお湯の色でしたが、暖まりましたね。

タオル忘れたんですが券売機にタオルなかったので聞いたら「使ってください」と言って貸していただけました。感謝感謝です。



これから釣りに行く気分ではなくなりましたが(笑)そしてさらに時間があるので松前城のさくら見物です。もう、さくらはさすがにありませんでしたが、観光客もちらほら、出店も出てました。

そういえば初めて松前城見た気がします。



で、夕方の6時半頃から隊長に教えてもらった外防波堤からワームでソイ狙いです。すでに先客の釣り人も3組ほど居て投げ釣りを楽しんでるようでした。

風がちょうど南西方向だったので松前から函館方向に向かって吹く感じです。でも、微風でまったく釣りには支障のない感じでしたね。

そこでちょうど先端が空いていたので、白灯台を風除けにして実釣開始です。波が「超」が付くほどのベタ凪でしたが不安要素はそれぐらいです。





なんせ初めての道南、瀬戸内海に面する松前港ですから、「どんな化けものが釣れるだろう」「たくさん釣れすぎたら困るな?」とか、期待と妄想が膨らみます(笑)

その割に釣り人少ねーなーなどと考えつつ、ヒラメは道南も夕まず目がヒット率高いかも知れないと考え、薄明るいうちは、昨年65センチを釣ったリグセットで攻めます。

Z式シンカー5号、パワーホッグソルトウォーター4インチ赤!これでヒラメが居たらいちころだ(笑)

しかーしそうは問屋は卸しませんね。テトラ側や四方八方攻めますが反応ありません。唯一、テトラ側でピックアップ寸前の際の際で小さなあたりが頻発します。ま、小アブでしょうけど。



日が落ちるまではノーバイトです。ま、そうは言いながらもソイは固いだろうと踏んでいたので、しっかりと明るいうちに防波堤周りの障害物は探っておきます。

ここは外防波堤正面から外海側は、テトラが入っているものの、海面から隠れており、ソイは付きそうな感じでしたが、付いてもテトラの際だろうなと言う感じです。

外海側はテトラに乗っからないとならないので、夜は危ないからパスです。内海側はほとんど根掛無いですね。ヒラメが出るとすれば、内海側が良い感じです。

でもって、ワームをソイ狙いのグラスミノー4インチミッドナイトグローに11gのジグヘッドに変えて見ます。

と、正面テトラ隊を探っていると、ちょうど隊長から探りメール入ります。で、手を止めてメール確認してると「こつっ」とバイトしてきました。



お、これはベタ凪特有の活性が低くて、小さな動きにしか反応しないパターンです。しかも、放っておいてバイトがあると言うことは、あくまでも想像ですが、テトラの際底でじっとして、ベイトを待ち構えてる感じです。

実はこれがどんぴしゃで、時間帯が重なったのも幸いしてそこから入れ食いモード突入です。ちぎっては投げるのですが、2、3匹が限界で見切られちゃうんでしょうね。

試しに21gのジグヘッドにパワーシャッドミッドナイトグローに、同じように光を当てて試すも、こちらはあたりがまったく無いんです。



と言うことは、思いと早く巻かないと浮かないので、スピード速くなりますが、そんなワームは追わないんです。なので、先ほどの裏付けになりますね。

そこでGパルス夜行に登場願うとキャストしてフォール中にバイト&ヒットです。でも、やはり同じで2、3回で見切られます。

なので、今度はGパルス、SW SWIMMING MULLET 3インチ夜行をジグヘッドに付けて光を貯めると、また入れ食いで、1時間半ほど入れ食いモード楽しみました。

十数匹釣りましたが型は最高が30センチ止まりで4匹のみキープさせていただきました。

帰りは日本海北上してサクラマスかヒラメを狙って帰ろうと思っていたので隊長たちが到着する前の午後9時には終了です。

初めての場所を攻略するにあたり整理すると。

?明るいうちに入釣してポイント確認

?海底の形状の確認。テトラがある、無い。根掛りするしないの確認。

?ヒットパターンの確認。ボトム、中層、表層に居るのか居ないかの確認。ワームの種類の確認。誘い方の確認。


こう考え、今回も途中でシェイクしてみたり、ストップアンドゴーで誘ってみたりしたのですが、そうやって探ると必ずヒットパターン分かります。それで楽しく釣れますから。やっぱ釣れないと楽しくないですからね。

それから、眠い目を擦りながら北上です。休み休み、夜明けヒラメのポイント江ノ島海目指します。

早めに到着し夜明けまで睡眠とります。でも、驚いたのは天候も良いせいもあって、日本海側は夜中にも関わらず、ぎょぎょライトでいっぱいでしたね。

日本海シーズン終了間際ですから、釣りバスも多数居ましたし、凪も良かったのでマイカー組みも多数出没してました。

最近、釣り人を狙った車上荒しが横行してるらしく、先日の瀬棚釣行の帰りにも、私服警官に止められましたから!皆さん気をつけましょう。

そして、期待に高まる江ノ島海岸で4時過ぎにヒラメ狙いでスタートフィッシングです。案の定、投げ釣り師かなり居ます。





サクラマス狙いのアングラーも、シーズン終了近いとは言え多数居ましたね。でもどっちかと言うと投げ釣り師の方が多かったのが昨日、本日でした。

もちろん、ルアーは「オシアミノースペシャル」サクラマスも逃してますが、ヒラメが優先です。もちろん(笑)



ロッド振る。ルアーが飛ぶ。着水。リトリーブ。これを限られた範囲で移動繰り返して探りますが、ダメですね。

投げ釣り師もほぼ釣れてません。超、超、超、ベタ凪でしたから、隊長の言葉借りると「魚っけまるでなし」です。

良い時間過ぎたので、多少未練も残しつつ、ジャンバーとスパイクブーツ脱がないまま岐路途中の海岸やら、漁港覗きましたが、同じ状況なので本日はストップフィッシングです。



ヒラメ情報かなり出てますので、今週は忙しくなりそうですね。


△松前に売ってた「いちご羊羹」。いちごが入ってると思いきやいちご風味でした。


マネーパートナーズ FX 始め方
マネースクウェアジャパン FX 始め方
ひまわり証券 FX 始め方
新東京シティ証券 FX 始め方
アストマックスFX FX 始め方
FXプライム FX 始め方
アイフォレックス FX 始め方
かざか証券 FX 始め方
スター為替 FX 始め方
小林洋行 FX 始め方
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/449-3464d8e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

積丹、岩内でヒラメを釣りに

本日岩内、積丹方面にヒラメを釣りに出撃しました。現地で確認された情報は、岩内港で

北海道の釣りを楽しもう!?北海道エンジョイフィッシング![2008/05/19 01:36]

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ