需要

北海道の投げ釣り



北海道を代表する釣り方は「投げ釣り」になると思いますが装備が多くなってしまうのが難点ですね。竿、大き目のリール、竿たて、仕掛け、錘、・・・

こうやって荷物がどんどん増えるわけです。しかしながら投げ釣りじゃないと釣れにくい魚もあるわけです。最近はこの春シーズン以外はルアーロッド一丁でにロックフィシュ狙いが定番スタイルになってますが、

特にカレイなんぞは投げ釣りじゃないと無理です。

今週は先週、松前からの帰り道にかつての秘境、トンネルで塞がれた名釣り場に行ける事を発見したのです。

そこの釣り場フリークであったS氏に話したところ「行く!行く!」と二つ返事です。私もかなり興味が湧いてきたので、行くことになりました。

先日の書き込みでも紹介しましたが、この時期何でも釣れるところです。マガレイ、アブラコ、ハチガラ、ガヤ、ソイ。しかも全て大型。カレイなんか6月14日であの釣果でしたから。


おそらくルアーロッド一丁では楽しめないだろうと思い、先週で封印したはずの投げ釣り+ルアー釣りと過去のスタイルで挑戦です




車を止めて釣り場までは意外に近く20分ほどで着いたでしょうか。釣りを開始できたの夕方の5時過ぎ位です。

夕まず目⇒カレイ爆釣、日暮れ間際⇒アブラコ爆釣、日暮れ後⇒ハチガラ&ソイ爆釣の予定です。あくまで予定ですが(笑)





今回も仕方なくエサには塩イソメを準備。ハチガラ用にもサンマも買いました。以前、ワームではさっぱり釣れず、S氏の投げ釣りにしかハチガラ釣れなかった事があったので、今回は準備万端整えました。

塩イソメも指が荒れるのでゴム手袋付けて作りました。(笑)





早速、誘導式仕掛けにゴム手袋はめて塩イソメを付けて岬の先端側に二本の竿を遠投掛けます。

そして今回は岩鬼も準備しワームで付近の磯、探りいれます。

あれ?投げもワームも反応ねぇや・・・。

一時間ほど反応無いです・・・。そこで、付近の探索です。この磯場は上の岩がせり出ていて、そこから湧き水がしたたり落ちてるんですね、落石の心配もちょっとあるんですが。

本来であれば岬の先端の潮の早いところで探れば大型爆釣なんでしょうけど中間部までしか行けないんです。

と思いきや、つわもの居ますね。さすが釣り人です。渡れそうで渡れない中間部の切れ込みに、ロープと角材置いてます。





きっと渡って先端で釣りしてるんでしょう。さすがの私も怖いので無理して行きませんが。

で、戻って時間も6時半頃からでしょうか、投げにもワームにもあたりが出始めました。最初に現れたのはホッケでした。右側のかなり斜めに投げた竿の下針にヒットしてきました。



さらに左側の竿には20センチ程のマガレイです。さすがにワームと投げのスタイルだと集中し切れませんね。

ほぼ投げ釣りに徹してます。その後もホッケ、マガレイと続きます。にわかに忙しくなってきました。S氏には36センチのカワガレイもヒットしてます。

すると私にもS氏より小ぶりのカワガレイが。



するとS氏、今度は竿がかなり弓なりになってます。必至こいて巻き上げてます。上がってきたのは45センチ程のアブラコです。S氏結構喜んでます。味噌漬け焼きで食べると言ってました。

何でもすすきのの三好寿しで出されたそうで、釣りをするご主人が自分で釣ったアブラコを出してくれたそうです。美味らしいですよ。

その後、ワームの方は小さなあたりが頻発しますが乗せ切れませんね?。と、ワームしながら投げ竿の穂先見ると、固い方の竿がちょんちょんお辞儀してます。

慌てて近づき巻き上げるとかなり重いです。本日最大級の重さです。海面に魚が見えてきたのですが、「こいつはでかい!」お腹が白いので平ものです。

「あ、クロガシラだ!」ぬわんと、積丹の磯ではめずらしい41センチと大型のクロガシラでした。たぶんクロガシラ自己新記録だったと思います。身もかなり肉厚です。うれぴー!。



しかーし一番釣りたい本日の魚は「ハチガラ」でございます。

その後、予想通り日暮れ間際のアブラコがヒット!40センチ程でしょうか。するとS氏とラインが絡みトラブルです。



ほぐしてS氏がライン巻き上げると、なんとハチガラの20センチちょっとぐらいのが着いてました(笑)

おーようやくハチガラタイム突入じゃー。二本の投げ竿を巻き上げて胴付き仕掛けに、エサを塩エビ粉サンマに変えてチョイ投げします。

が、が、あたりは遠い・・・。ワームでもグラスミノーやら赤パルスやら、パワーホッグやら手変え品変え試すも反応無いです。

と、その時遠めに投げ竿の穂先がお辞儀したの見えました!

近寄り竿を持ってあたり確かめますが、時すでに遅し、魚は付いておりません。

ふと気が付いたのですが周辺の海岸に漁船がかなりの数集まってきました。たぶんコウナゴ漁だと思いますが、海面をライトで照らして、集まるコウナゴを網で取る漁だと思います。

それが面白いのは、群れが移動するらしいので、漁船がそれに合わせて
動き回るんですね。気が付くと漁船銀座になってました。



漁船どおしもかなり近づくし、かなり浅いところまで移動してくるんですね。面白い漁風景を見ることが出来ました。

おそらくソイ系はコウナゴ追っていたと思われるので、それからはまったく反応無いんですね。時間も10時近いので終漁することといたしました。

結局、マガレイ3匹、カワガレイ1匹、クロガシラ1匹、ホッケ2匹キープでございます。クロガシラは刺身、ホッケはアブラコの味噌焼き
ならぬホッケの味噌焼きにしようかと思います。

おそらくここの海岸はまだ遅い方がいいんでしょうね。



業務連絡:MURAMASA君、今度ハチガラだけ狙いに行きましょう。
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/445-d768eda2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ